プロ版

WPML / polylang修正とサードパーティライブラリの更新を含むMaps Marker Pro v4.3.1が利用可能

v4.3.1では、WPML / polylangの翻訳でポップアップテキストが翻訳されないバグを修正しました。 さらに、マイナーなバグ修正と最適化のために、プラグインの原型であるleaflet.jsなどのサードパーティライブラリも更新しました。 最新バージョンへのアップデートは-として... 読み続ける


ポリラインをサポートするMapsMarker Prov4.3などが利用可能です

2か月以上の開発の後、v4.3が最終的に利用可能になったことをお知らせいたします。 バージョン4.0以降の新しいコードベースのおかげで、サポートなど、長い間要求されてきた新機能を簡単に追加できました... 読み続ける


LocationIQジオコーディング、GPX最適化などをサポートするMaps Marker Pro v4.2

バージョン4.2では、主要なハイライトとしてLocationIQ.comとの新しいパートナーシップを発表できることを非常に嬉しく思います。 LocationIQは、2013年以降、手頃な価格でスケーラブルで信頼性の高い位置情報サービスを提供しています。毎日50億以上のリクエストを行う2万人以上の開発者にサービスを提供しています。 彼らのジオコーディングサービスはまた今することができます... 読み続ける


leaflet.js 4.1.1への更新を含むMaps Marker Pro v1.4.0とGoogleレイヤーbuxfixesが利用可能です

バージョン4.1.1がリリースされたばかりで、leaflet.js 1.4.0(「Maps Marker Proのエンジン」)が主なハイライトとして更新されています。 特にGoogleレイヤーのバグを修正しました。これにより、特にズームレベル0〜2でマップが正しく読み込まれなくなる可能性があります... 読み続ける


新しいバッチ更新ツールを備えたMaps Marker Pro v4.1が利用可能

バージョン4.1がリリースされたばかりで、マップとマーカーアイコンのバッチ更新機能が新しいコードベースに再度追加され、Googleマップのミュータントライブラリが更新されて、請求項目が少なくなり、いくつかのマイナーなユーザビリティの改善とバグ修正も含まれています。 詳細については、以下を参照してください... 読み続ける


en English
X