情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

マーカー拡張のリストと新しい監視ツールを備えたPro v1.8が利用可能

このリリースでは、レイヤーマップの下のマーカーのリストに関する機能強化に焦点を当てています。これは、ユーザーから頻繁に要求された機能の機能強化です。 壊れたマップ用の新しい監視ツールも追加しました。 詳細については、以下を参照してください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv1.8のハイライトを見てみましょう。

レイヤーマップ:マーカーの中心マップとマーカーエントリのリストをクリックしてポップアップを開く

Pro v1.8では、レイヤーマップの下のマーカーのリストにあるマーカー名またはマーカーアイコンをクリックし、このマーカーを中心にしてポップアップテキストを開くことができます。

listmarkers-enhancement

デフォルトでは、マップはそのマーカーを中心にしてポップアップを開きます。別のクリック動作が必要な場合は、設定/マップのデフォルト/マーカー設定のリストに移動し、新しいオプション「アイコンまたはマーカー名をクリックするためのデフォルトアクション」を変更してくださいあなたのニーズに:

listmarkers-enhancement-settings

「すでに削除されたマップのアクティブなショートコード」を監視するための新しいツール

私の新しいサイトを探すとき ショーケースページ、存在しないIDのマップを表示しようとしたページをときどき見つけました(おそらく、元のマップが削除され、新しいマップが作成されたが、ページのショートコードが更新されなかったため)。 そのため、マップの代わりに、次のエラー画像がフロントエンドのユーザーに表示されます。

map-deleted-image

無効なマップIDのアクティブなショートコードについて通知するために、無効なマップIDのアクティブなショートコードを持つフロントエンドのコンテンツが読み込まれると管理者通知を表示する新しい監視ツールを追加しました。 結果として、WordPressバックエンドに次の管理者通知が表示されます。

監視ツール管理者通知

そのリンクをクリックすると、Maps Marker Proのツールセクションに移動し、影響を受けるURLのリストが表示されます。

監視ツールツール

次のステップとして、そのURLに移動してコンテンツに変更し、無効なショートコードを修正してください。 次に、「リストをクリアする>>」ボタンをクリックしてください。管理者通知の警告が消えます。

バックエンドでGoogle Places Autocomplete APIを無効にするオプション

ジョン 中国では、Google APIへのアクセスが最近ブロックされたと報告されています。 影響を受けるユーザーの最初のステップとして、フロントエンドでのGoogle Maps APIの読み込みを無効にするオプションを導入しました プロv1.6.

とにかく、ジョンは、バックエンドでのGoogle Places Autocomplete APIの使用も影響を受けるサイトの速度を大幅に低下させると報告しました。

そこで、プロv1.8で、バックエンドでのGoogle Places Autocomplete APIの読み込みを無効にする新しいオプションを導入しました。これは、[設定] / [Googleマップ] / [Google Places Autocomplete API]にあります。

google-places-status

無効にすることはお勧めできません。たとえば、国内でアクセスがブロックされている場合など、バックエンドでGoogle APIに接続したくない場合にのみ無効にする必要があります。

その結果、住所による場所の検索は機能しなくなり、クリックしてズームするか、緯度と経度の値を直接入力して、場所を手動で見つける必要があります。

google-places-disabled

また、Google Places Autocomplete APIを無効にする場合は、設定/ Googleマップ/ Google Maps APIでGoogle Map APIの読み込みを無効にする必要があります。そうしないと、バックエンドでマップが壊れます。

google-maps-api-disabled

その他の最適化と変更

  • 廃止された定義済みMapBoxタイル「MapBox Streets」を「Natural Earth I」に置き換えました(新規インストールでのみ有効、現在のユーザーはこれらの変更を適用するには設定をリセットする必要があります)

バグの修正

  • バックエンドのマーカーとレイヤーズームの入力フィールドがモバイルデバイスで小さすぎました
  • ショートコードのみで作成されたマップでの未定義のインデックスPHP警告
  • ポップアップテキストのバックスラッシュは、レイヤーマップが壊れる原因になりました-スラッシュに置き換えられました(thx Dmitry!)
  • ダッシュボードウィジェットの新しいmapsmarker.comブログ投稿とリンクセクションを非表示にするオプションが壊れていました

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が付属しています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了したことに対する報酬として、無料の149ライセンスパック€100を受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

Pro v1.9では、地理位置情報のサポートを追加する予定です。つまり、地図を表示しているユーザーの現在の位置を示すボタンを追加します。 デモを見る ここ.

新機能のリリース日をお約束することはできません。 主要な新機能(Googleストリートビューのサポートとフロントエンドでのレイヤーのフィルタリングのサポート)のロードマップは引き続き有効です。主にユーザーのフィードバックに起因する、計画外のマイナーリリースで最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいと思います。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

レイヤーマップ:マーカーの中心マップとマーカーエントリのリストをクリックしてポップアップを開く
「すでに削除されたマップのアクティブなショートコード」を監視するための新しいツール
バックエンドでGoogle Places Autocomplete APIを無効にするオプション( ジョン &Google APIへのアクセスがブロックされている国のその他のユーザー)
廃止された事前定義のMapBoxタイル「MapBox Streets」を「Natural Earth I」に置き換えました
バックエンドのマーカーとレイヤーズームの入力フィールドがモバイルデバイスで小さすぎました
ショートコードのみで作成されたマップでの未定義のインデックスPHP警告
ポップアップテキストのバックスラッシュは、レイヤーマップが壊れる原因になりました-スラッシュに置き換えられました(thx Dmitry!)
ダッシュボードウィジェットの新しいmapsmarker.comブログ投稿とリンクセクションを非表示にするオプションが壊れていました
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ドイツ語翻訳の更新
Emre Erkanのおかげでトルコ語の翻訳が更新され、 http://www.karalamalar.net そしてマヒール・トスン、 http://www.bozukpusula.com

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X