情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

フロントエンドなどでのマルチレイヤーマップフィルタリングのサポートを備えたPro v2.7が利用可能

モットーに忠実に:「良いものが必要な時間」私たちは過去5か月を使用して、最も要求された機能を実装しました:フロントエンドのマーカーの可視性の切り替えのサポートthisこの新しい機能の簡単なデモについては、 更新されたデモサイト.

私たちはこの新しいリリースを本当に誇りに思っており、特にMaps Marker Proの全体的な使いやすさを向上させる多くのフロントエンドの機能が追加されたので、これはこれまでで最高のリリースのXNUMXつであると考えています。 新機能のほとんどを実装するのに素晴らしい仕事をしてくれたWaseem Senjerに特に感謝します!

Waseemは現在、次の場所にある新しいWordPress開発者チームも指揮しています https://wpruby.com/ そして、まもなく正式なパートナーシップを発表します。これにより、Maps Marker Proに基づくカスタム開発の専門知識を活用できるようになります。特に、要件が具体的すぎて、機能をMaps Markerの次のリリースのXNUMXつに追加できない場合プロ。 詳細は、数日中に別のブログ投稿で発表されます。 乞うご期待!

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。 このリリースの詳細については、以下を参照してください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.7のハイライトを見てみましょう。

フロントエンドでのマルチレイヤマップフィルタリングのサポート

v2.7では、マルチレイヤーマップに新しいフィルターコントロールボックスを追加して、フロントエンドの各レイヤーのマーカーの表示を動的に切り替えることができます。

地図のみ-600px

これを実現するために、フィルターコントロールボックスの可視性の新しいオプションとフィルターコントロールボックスをカスタマイズできる3つの新しい行を追加して、レイヤー編集ページのバックエンドを拡張しました。

mlm-backend-preview

新しい行「フィルターコントロールボックスにレイヤーを追加しますか?」

可能な値は、no / yes(チェックあり)/ yes(チェックなし)です。

  • 「いいえ」を選択すると、レイヤーはフィルターコントロールボックスに表示されません。
  • 「はい(チェックあり)」が選択されている場合、関連レイヤーのマーカーが自動的に読み込まれます(例については、上記のスクリーンショットの3つのレイヤーを参照してください)。
  • 「はい(チェックされていない)」が選択されている場合、レイヤーはフィルターコントロールボックスに追加されますが、デフォルトでは選択されておらず、関連するマーカーはまだ読み込まれていません(上のスクリーンショットの「アパート」レイヤーの例を参照)。

新しい行「フィルターコントロールボックスのアイコンURL」

この行内の画像にURLを追加すると、この画像はフィルターコントロールボックスに追加されます。 例については、次のスクリーンショットを参照してください。

icon-url-examples

新しい行「フィルターコントロールボックスの名前」

デフォルトでは、チェックされたレイヤーマップの名前がフィルターコントロールボックスの名前に使用されます。 とにかく、フィルターコントロールボックスでレイヤー名にカスタム名を使用する場合は、各レイヤーの対応する行内にカスタム名を追加できます。


関連する新しい設定

[設定/マップのデフォルト]内に、「マルチレイヤーマップのフィルター設定」と呼ばれる新しいセクションがあります。

フィルター設定

新しいフィルターコントロールボックスが表示される場所を指定し、コントロールボックス内に表示する属性を選択することもできます。 さらに、アクティブレイヤーと非アクティブレイヤーに特定の並べ替え順序を設定できます。デフォルトでは「マーカー数」になります。

最後になりましたが、既存のマルチレイヤーマップは自動的に更新されないことに注意してください。 フィルターコントロールボックスを既存のマルチレイヤーマップに追加する場合は、バックエンドでマップを開き、それに応じて設定を調整して、マップを一度保存​​してください。

レイヤーマップの下のマーカーのリストでのページングと検索のサポート

マルチレイヤーマップ用のフィルターに加えて、レイヤーマップの下のマーカーのリストをさらに使いやすくしました。

ヘルプリストマーカー

マーカーのリストは動的に変化し、マルチレイヤーマップの新しいフィルターコントロールボックスと相互作用します。 そのため、リストは現在地図上に表示されているマーカーに自動的に更新されます。

さらに、マーカーのリストはページングもサポートするようになり、ユーザーはマップに割り当てられたすべてのマーカーをスクロールできます。 ページごとのマーカーの新規インストールのデフォルト値は10です。新規インストールを行わず、Maps Marker Proをv2.7に更新した場合、この値は100に設定され(変更しなかった場合)、次のことができます。 [ページングのマーカーのデフォルト数]オプションを変更して、[設定] / [マップのデフォルト] / [マーカー設定のリスト]から変更できます。
default-number-paging-listmarkers
さらに、テーブルのフッター行の対応する番号を変更することにより、フロントエンドでこの値を動的に変更することもできます。

マーカーのリストは検索もサポートするようになり、ユーザーはマーカー名、ポップアップテキスト、アドレスに基づいて利用可能なマーカーを検索できるようになりました(全文検索)。

最後に重要なこととして、ユーザーがマーカーのリストの並べ替え順序を動的に変更できるように、並べ替え順序のドロップダウンが追加されました。

関連する設定

[設定] / [マップのデフォルト] / [マーカー設定のリスト]内に、関連する(新規および更新された)すべての設定があります。

マーカーのリストのデフォルトの並べ替え順序は、「マーカーのリストを並べ替える」というオプションで設定できます。

設定順のマーカーのリスト

また、必要に応じて外観をカスタマイズできる、いわゆるアクションバーの新しいセクションを追加しました。

設定アクションバー

現在の位置情報に基づいてマーカーのリストをソートするためのサポート

上のスクリーンショットから気付いたかもしれませんが、マーカーのリストを拡張して、マップを表示しているユーザーの現在の位置によるマーカーの順序付けもできるようにしました。 これにより、携帯電話を使用してユーザーを最寄りの店舗にナビゲートするなど、新しい新しいユースケースが可能になります。

マーカーリンクのリストをクリックして、レイヤーマップ上のマーカーを中央に配置するためにマーカーズームレベルを使用する

マーカーのリスト内のリンクの動作もv2.7で変更されました。 デフォルトでは、ユーザーがマーカーリストのマーカーアイコンまたはマーカー名をクリックすると、マップはリクエストされたマーカーを中心とし、レイヤーのズームレベルではなく特定のマーカーのズームレベルを使用します。これにより、レイヤーマップをより適切にカスタマイズできますあなたのニーズに。

マーカーを中央に配置するときに代わりにレイヤーのズームレベルを使用する場合は、[設定/マップのデフォルト] / [マーカー設定のリスト]にある新しい関連設定「マーカーの中央に使用するズームレベル」を変更してください。

設定ズームレベルのマーカーリスト

RESTful APIにより、いくつかの一般的なコア機能にアクセスできます

Maps Marker Proは完全なRESTful APIも提供するようになり、Maps Marker Proの一般的なコア機能の一部にアクセスできるようになりました。 完全なドキュメントと使用例については、次のWebサイトをご覧ください。 https://www.mapsmarker.com/restapi

LeafletJSがイベントハンドラーをマーカーとレイヤーにアタッチするためのJavaScriptイベントAPI

Maps Marker Proには、開発者がマーカーとレイヤーにイベントハンドラーをアタッチするために使用できるJavaScript APIが含まれています。

JS Events APIには、JavaScriptコードによってマップにアクセスするために使用できるXNUMXつの主要なメソッドがあります。 基本的に、に存在するMapオブジェクトに任意の機能を自由に適用できます。 リーフレットライブラリリファレンス。 完全なドキュメントと使用例については、次のWebサイトをご覧ください。 https://www.mapsmarker.com/jseventsapi

「マップリンクのサイズ変更」ボタンにより、マップを初期状態に復元できます

マップがv2.7のフロントエンドではるかに動的になるので、マップの元の状態を復元できる新しいホームボタンも追加しました(ズームレベル、場所、クラスタリングステータスがリセットされます)。

ホームボタン

デフォルトでは、このボタンはマップビューが変更された場合にのみ表示されます。 この動作は、次の関連設定を変更することにより、設定/マップのデフォルト/「制御オプション」を介して変更できます。

設定ホームボタン

ポップアップを開くときにマーカーではなくポップアップの中心にマップを中央に配置するオプション

v2.7では、「設定/マップのデフォルト/「マーカーポップアップのデフォルト値」にある新しい設定「ポップアップの中心マップ」も追加しました。

設定センターポップアップ

この設定はデフォルトでtrueに設定されており、自動パンニングが適切に機能しないマップマージンのポップアップに関する問題を解決するために追加されました。

バックエンドとフロントエンドの各マーカーのマーカーリストで、edit-marker-linkを画像として表示する

ユーザーがマーカーマップの編集を許可されている場合(設定/その他/権限の設定で定義できます)、ユーザーは編集リンクを使用して、バックエンドのマーカーマップを開き、フロントエンドのマーカーのリストに自動的に追加することもできます。

編集リンクリストマーカー

新しいツール:マーカーが存在しないレイヤーに割り当てられているかどうかを確認するためのレイヤー割り当てのマーカー有効性チェック(もう)

ツールページには、「レイヤー割り当てのマーカー有効性チェック」という新しいツールがあります。

ツールマーカー有効性チェック

このツールを使用すると、存在しないレイヤーに割り当てられているマーカーが存在するかどうかを確認できます。 これは、レイヤーを削除したが、関連するマーカーの割り当てを更新しなかった場合に発生する可能性があります。

特に、Maps Marker Proのデフォルトの使用では発生しない以前のリリースで追加の検証を追加したため、このツールを使用する必要はありません。 いずれかのAPIを使用してマップを管理している場合や、たとえば一部のレイヤーマップでマーカーが見つからない場合、このツールはこの問題の分析と修正に役立ちます。

その他の変更と最適化

  • ラグのあるパンニングを減らすことでGoogleマップのパフォーマンスを改善しました(thx rcknr!)
  • ショートコードパラメータハイライトマーカーは、レイヤーマップをマーカー座標の中央に配置するようになりました(カルロスx!)
  • タイムアウトなしで複数の連続したマップ編集をより適切にサポートするために、GPXプロキシトランジェントをノンスに置き換えました
  • add_object_page()をadd_menu_page()に置き換えました。前者はWordPress 4.5で廃止される予定です。
  • バックエンドの「マーカーのリスト」ページでのAJAX検索で、一致が見つからなかった場合も表示されるようになりました
  • レイヤーのインポート:マーカーとレイヤーをあるサイトから別のサイトにコピーするために使用される次のレイヤーIDとヘルプテキストを表示します(thr Oliver!)
  • レイヤー+割り当てられたマーカーを複製するための一括アクションは、マルチレイヤーマップが選択されている場合に警告を表示するようになりました(thx Angelo!)
  • 追加のユーザー権限チェックを追加することによるインポート/エクスポートおよびgpxプロキシのセキュリティ強化(thx Giuseppe!)
  • jQuery timepickerアドオンをv1.5.5からv1.6.1に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
  • すべてのプラグインページの管理者通知(エラー/警告/成功/情報)の適切な意味論的使用とヘッダーテーブルの上での一貫した表示
  • レイヤーマップの下のマーカーのリストにある「ポップアップを開く」リンクもURLを変更して共有しやすくしました(?highlightmarker =…– thx Peter!を追加することにより)
  • カスタムTinyMCE CSSスタイルシートの最適化された読み込みによるマーカー編集ページのパフォーマンスの向上
  • JavaScript AdSenseライブラリが廃止されたため、Google AdSense統合機能を削除(thx Niall!)
  • リーフレットのロケートコントロールをv0.4.5からv0.4.9に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
  • 更新されたbingマップのコードベース(変更履歴、thx brunob!)
  • delete_layerおよびdelete_layers関数のdelete_markersパラメーターもサポートするように拡張されたMMPAPI
  • 「すべてのレイヤーのリスト」ページからレイヤーを削除するためのAJAXサポート(リロードは必要ありません)
  • 新しい「tap」および「tapTolerance」マップの相互作用オプション(インスタントタップをサポートするためのモバイルハックを有効にします)– thx Mauricio!
  • 新しい「bounceAtZoomLimits」マップの相互作用オプション(ピンチズームが最小/最大ズームレベルを超えた場合の跳ね返りを無効にするため)
  • CSSクラスlmm-icon-download-gpx for download-gpxアイコン(モバイルデバイスのスタイルシートとの競合を防ぐため)
  • 「すべてのマーカーをリスト」および「すべてのレイヤーをリスト」ページで一括削除アクションを実行する前の確認プロンプト
  • 全画面地図のみでscrollWheelZoomを有効にする新しい対話オプション(thx iamjwk!)
  • URLパラメーター?highlightmarker =を使用して、フルスクリーンレイヤーマップでもマーカーの強調表示をサポート
  • エディターの下のテーブルのレイヤー編集ページにページングサポートを追加します(割り当てられたすべてのマーカーのリスト)
  • Bingレイヤーがエラーで戻った場合、警告なしに失敗するのではなく、エラーを表示する

バグの修正

  • 権限設定:正しい権限が設定されていても、貢献者(機能:edit_posts)のバックエンドメニューは表示されませんでした
  • MapsMarker Web API:マーカーのレイヤー割り当てが正しく保存されなかった(thx Janne!)
  • GPXパネルが無効になっている場合、</ div>が設定されなかったため、特定のテーマで問題が発生しました(thxダーク!)
  • WordPress 4.4以降、レイヤー/マーカーの更新が編集テーブルの上に表示された後の下部の管理者通知
  • Yahoo Pipes以降、管理ダッシュボードウィジェットに関するmapsmarker.comからの最新ニュースは壊れていました。 廃止されました
  • PHP 7+が使用されている場合、エラーログの通知が非推奨になりました(thr Chris!)
  • WooCommerceタブでのマップの回避策は、前回のWooCommerceタブプラグインの更新以降、壊れていました(thx Richard!)
  • GoogleがQRコードプロバイダーとして設定されている場合、レイヤーマップの下のマーカーリストのQRコードリンクが壊れていました(thx Niall!)
  • ベースマップコントロールボックスの背景色、マージン、パディングが一部のテーマで上書きされました
  • 同じ旧バージョンを使用している他のプラグインに関する問題 プラグイン更新チェッカーライブラリ (thxヤニス!)
  • GET-parameter?highlightmarker =…が使用された場合、マップビューがマーカーの中央に配置されませんでした
  • HHVMが使用されている場合、ライセンス検証が失敗する可能性があります(thx Alex!)
  • 新しいマーカー/レイヤーを作成するときに、マーカーとレイヤーの編集ページの「コンテンツで使用」行が非表示にならない
  • モバイルデバイスでのミニマップのマップタイルの不完全な読み込み
  • 選択したテーマとのCSSの競合が原因で、ミニマップのtoogleアイコンが歪む
  • テストモードが有効で地理位置情報が無効になっているインポーターを使用する場合のPHP警告

既知の問題点

https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降では機能しません

Chrome 50では、Googleはブラウザーの地理位置情報サポートに大きな変更を加えました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)は、ユーザーの現在位置を取得することのみが許可されます。サイトはhttps経由で安全に配信されるように設定されています–ユーザーには代わりに次の警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefox、Safari、またはInternet Explorerなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。とにかく、これらのブラウザでも将来的に同様のセキュリティ制限が追加される可能性があります。

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合(v2.7では、ユーザーの現在の位置に基づいてマーカーのリストをソートできるため、さらに使いやすくなります)、サイトを次の場所に移行することを強くお勧めしますhttps。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsは、Google Chrome 50以上でジオロケーションを再利用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトにとって多くの利点があるため、切り替えることを強くお勧めしますまだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに接続します。

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、249ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーからのフィードバックに起因するかなり計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

フロントエンドでのマルチレイヤマップフィルタリングのサポート(ええ!)
レイヤーマップの下のマーカーのリストでのページングと検索のサポート
現在の位置情報に基づいてマーカーのリストをソートするためのサポート
RESTful APIにより、いくつかの一般的なコア機能にアクセスできます
LeafletJSがイベントハンドラーをマーカーとレイヤーにアタッチするためのJavaScriptイベントAPI
delete_layerおよびdelete_layers関数のdelete_markersパラメーターもサポートするように拡張されたMMPAPI
「マップリンクのサイズ変更」ボタンにより、マップを初期状態に復元できます
新しいツール:マーカーが存在しないレイヤーに割り当てられているかどうかを確認するためのレイヤー割り当てのマーカー有効性チェック(もう)
「すべてのレイヤーのリスト」ページからレイヤーを削除するためのAJAXサポート(リロードは必要ありません)
新しい「tap」および「tapTolerance」マップの相互作用オプション(インスタントタップをサポートするためのモバイルハックを有効にします)– thx Mauricio!
新しい「bounceAtZoomLimits」マップの相互作用オプション(ピンチズームが最小/最大ズームレベルを超えた場合の跳ね返りを無効にするため)
CSSクラスlmm-icon-download-gpx for download-gpxアイコン(モバイルデバイスのスタイルシートとの競合を防ぐため)
「すべてのマーカーを一覧表示」ページと「すべてのレイヤーを一覧表示」ページで一括削除アクションを実行する前の確認プロンプト
全画面地図のみでscrollWheelZoomを有効にする新しい対話オプション(thx iamjwk!)
URLパラメーター?highlightmarker =…を使用して、フルスクリーンレイヤーマップでもマーカーを強調表示するためのサポート
ポップアップを開くときにマーカーではなくポップアップの中心にマップを中央揃えするオプション(うまくいけば、マップ境界でのマーカーに関するオートパンの問題を修正します)
マーカーリンクのリストをクリックしてレイヤーマップ上のマーカーを中央に配置するためにマーカーズームレベルを使用(レイヤーのズームイン設定に変更可能)
エディターの下のテーブルのレイヤー編集ページにページングサポートを追加します(割り当てられたすべてのマーカーのリスト)
Bingレイヤーがエラーで戻った場合、警告なしに失敗するのではなく、エラーを表示する
バックエンドとフロントエンドの各マーカーのマーカーリストで、edit-marker-linkを画像として表示する
ラグのあるパンニングを減らすことでGoogleマップのパフォーマンスを改善しました(thx rcknr!)
ショートコードパラメータハイライトマーカーは、レイヤーマップをマーカー座標の中央に配置するようになりました(カルロスx!)
タイムアウトなしで複数の連続したマップ編集をより適切にサポートするために、GPXプロキシトランジェントをノンスに置き換えました
add_object_page()をadd_menu_page()に置き換えました。前者はWordPress 4.5で廃止される予定です。
バックエンドの「マーカーのリスト」ページでのAJAX検索で、一致が見つからなかった場合も表示されるようになりました
レイヤーのインポート:マーカーとレイヤーをあるサイトから別のサイトにコピーするために使用される次のレイヤーIDとヘルプテキストを表示します(thr Oliver!)
レイヤー+割り当てられたマーカーを複製するための一括アクションは、マルチレイヤーマップが選択されている場合に警告を表示するようになりました(thx Angelo!)
追加のユーザー権限チェックを追加することによるインポート/エクスポートおよびgpxプロキシのセキュリティ強化(thx Giuseppe!)
jQuery timepickerアドオンをv1.5.5からv1.6.1に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
すべてのプラグインページの管理者通知(エラー/警告/成功/情報)の適切な意味論的使用とヘッダーテーブルの上での一貫した表示
レイヤーマップの下のマーカーのリストにある「ポップアップを開く」リンクもURLを変更して共有しやすくしました(?highlightmarker =…– thx Peter!を追加することにより)
カスタムTinyMCE CSSスタイルシートの最適化された読み込みによるマーカー編集ページのパフォーマンスの向上
JavaScript AdSenseライブラリが廃止されたため、Google AdSense統合機能を削除(thx Niall!)
リーフレットのロケートコントロールをv0.4.5からv0.4.9に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
更新されたbingマップのコードベース(変更履歴、thx brunob!)
権限設定:正しい権限が設定されていても、貢献者(機能:edit_posts)のバックエンドメニューは表示されませんでした
MapsMarker Web API:マーカーのレイヤー割り当てが正しく保存されなかった(thx Janne!)
GPXパネルが無効になっている場合、</ div>が設定されなかったため、特定のテーマで問題が発生しました(thxダーク!)
WordPress 4.4以降、レイヤー/マーカーの更新が編集テーブルの上に表示された後の下部の管理者通知
Yahoo Pipes以降、管理ダッシュボードウィジェットに関するmapsmarker.comからの最新ニュースは壊れていました。 廃止されました
PHP 7+が使用されている場合、エラーログの通知が非推奨になりました(thr Chris!)
WooCommerceタブでのマップの回避策は、前回のWooCommerceタブプラグインの更新以降、壊れていました(thx Richard!)
GoogleがQRコードプロバイダーとして設定されている場合、レイヤーマップの下のマーカーリストのQRコードリンクが壊れていました(thx Niall!)
ベースマップコントロールボックスの背景色、マージン、パディングが一部のテーマで上書きされました
同じ旧バージョンを使用している他のプラグインに関する問題 プラグイン更新チェッカーライブラリ (thxヤニス!)
GET-parameter?highlightmarker =…が使用された場合、マップビューがマーカーの中央に配置されませんでした
HHVMが使用されている場合、ライセンス検証が失敗する可能性があります(thx Alex!)
新しいマーカー/レイヤーを作成するときに、マーカーとレイヤーの編集ページの「コンテンツで使用」行が非表示にならない
モバイルデバイスでのミニマップのマップタイルの不完全な読み込み
選択したテーマとのCSSの競合が原因で、ミニマップのtoogleアイコンが歪む
テストモードが有効で地理位置情報が無効になっているインポーターを使用する場合のPHP警告
Google Chrome 50以降では、https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能は機能しません(細部)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
Mads Dyrmann LarsenとPeter Erfurtのおかげでデンマーク語の翻訳が更新され、 http://24-7news.dk
Marijke Metzのおかげで更新されたオランダ語の翻訳– http://www.mergenmetz.nl、Patrick Ruers、http://www.stationskwartiersittard.nlおよびFokko van der Leest – http://wandelenrondroden.nl
JessiBjörkのおかげで更新されたフィンランド語(fi_FI)翻訳– あずきっく
フェルナンドコエロのおかげでガリシア語の翻訳が更新され、 http://www.indicepublicidad.com
ドイツ語翻訳の更新
Philios Sazeidesのおかげでギリシャ語(el)の翻訳が更新されました- http://www.mapdow.com、Evangelos Athanasiadis – http://www.wpmania.grおよびVardis Vavoulakis – http://avakon.com
IstvánPintérのおかげでハンガリー語の翻訳が更新され、 http://www.logicit.hu とCsaba Orban、 http://www.foto-dvd.hu
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone そして、アンジェロ・ジャムマーレシ– http://www.wocmultimedia.biz
Mohd Zulkifliのおかげで更新されたMalawy翻訳、 http://www.caridestinasi.com/
PawelWyszyńskiのおかげで更新されたポーランド語の翻訳、 http://injit.pl、Tomasz Rudnicki、Robert PawlakおよびDaniel – http://mojelodzkie.pl
更新されたポルトガル語–ブラジル(pt_BR)翻訳、Andre Santosのおかげで、 http://pelaeuropa.com.br アントニオ・ハマール
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://bilddigital.se、アントンアンドレアソン、 http://andreasson.org/ とトニー・リグネルショー– https://www.dumsnal.se/

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

E44D59B68C0B3DCF3F0F4417ED426CAED2367FA49A094C2943FA5BB36B8CD420

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

v2.7-beta1からアップグレードした場合は、新しいオプション(ホームボタン)がv2.7-beta2に追加されており、ベータアップデートでは自動的に保存されないため、[設定]に移動して一度保存してください。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X