情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

ジオコーディングプロバイダーの使いやすさの改善とバグ修正を含むPro v2.8.1が利用可能です

v2.8.1では、いくつかのバグを修正し、新しいジオコーディングプロバイダー機能の使いやすさも最適化しました。

私たちの新しいも見てください Mapzenとの新しいパートナーシップに関するブログ投稿– Maps Marker Proの新しいデフォルトのジオコーディングプロバイダー.

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。 このリリースの詳細については、以下を参照してください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller

uncle-sam-mmp
Maps Marker Proであなたを求めています!
私たちのチームにフリーランスの開発者として参加して、今すぐ応募してください!
https://www.mapsmarker.com/join-the-team


それでは、プロv2.8.1のハイライトを見てみましょう。

ジオコーディングプロバイダーの使いやすさの最適化とバグ修正

  • (追加の)結果がもう見つからない場合、(既存の)ジオコーディング検索結果をクリアしません
  • Mapzen、Algolia、Photon @ MapsMarkerのジオコーディング検索結果を10つではなく5つ表示する
  • Googleジオコーディングが結果を返さない場合は、代替のジオコーディングプロバイダーに切り替えないでください
  • MapQuestジオコーディングが失敗した場合に詳細なエラーメッセージを表示する
  • ジオコーディング検索の読み込みインジケーターがマーカー編集ページに表示されませんでした
  • APIまたはインポーターにPhoton @ MapsMarkerが使用され、空のアドレスが指定されている場合のPHP警告

新しい互換性設定「maxZoom互換モード」

このリリースでは、互換性のないテーマの問題を修正するのに役立つ新しい互換性設定が導入され、マーカーが(Google)ベースマップで正しく表示されなくなりました。 この新しい設定は、設定/その他/互換性設定で確認できます。

maxzoom-compat-setting

ジオロケーションが正しく機能するために、iOS / Safari 10以降でもhttpsが必要になりました

AppleがiOS 10をリリースしてから、訪問者に位置情報機能を提供したい場合、Safari 10以降ではWebサイトのhttpsも必要になることに注意してください。 見る この記事 詳細はこちら

その他の変更と最適化

  • 報告された互換性の問題のため、インポーターとStiphleレート制限のMemCachedサポートを削除
  • 入力フォーカスのバックエンドでマーカー/レイヤー名、マップ幅、マップ高さ、ズーム入力値を自動選択

その他のバグ修正

  • 「すべてのマーカーを一覧表示」および「すべてのレイヤーを一覧表示」ページでの一括アクションは、v2.8以降で壊れる可能性があります(thxリーサー!)
  • レイヤーページでジオコーディング検索結果を選択した後、レイヤーセンターアイコンの「マーカーリンクを追加」が壊れていました
  • 別のプラグインもWP_Session_Utils-classを利用している場合、アクティベーションの致命的なエラー(thx Jan-Willem!)
  • バックエンドのインポートページの不必要なchecked =“ checked”出力
  • 検索後のマーカーのリストにあるopenpopup-linksがv2.8から機能しなくなりました(thx Takeo!)
  • Maps Marker Proは、PHP 5.2のインストールでアクティブ化できませんでした(thx Clive!)

既知の問題点

https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降では機能しません

Chrome 50(およびSafari 10)では、地理位置情報サポートに対する重要な変更が関連するブラウザーベンダーによって導入されました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)は、サイトがhttps経由で安全に配信されるように設定されている場合のユーザーの現在の位置–ユーザーには代わりに次のような警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefoxなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。 サファリ またはInternet Explorer –いずれにせよ、これらのブラウザでも将来的に同様のセキュリティ制限が追加される可能性があります。

2016年10月の更新:iOS 10以降、Safari XNUMX以降でもジオロケーションをサポートするためにhttpsが必要になりました。 実装はGoogle Chromeよりもさらに厳格です。たとえば、サイトに混合コンテンツの警告がある場合、地理位置情報は機能しません。

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合は、サイトをhttpsに移行することを強くお勧めします。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsには、Google Chrome 50以降とSafari 10以降でジオロケーションを使用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトの利点があります。まだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに切り替えることを強くお勧めします。

サイトをhttpsに切り替えてもジオロケーションエラー(「ジオロケーションエラー:ユーザーがジオロケーションを拒否しました」など)が引き続き発生する場合は、アプリ/ Webサイトがジオロケーションを取得できるかどうか、デバイスのロケーション設定を確認してください。

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

  • ドイツ語
  • Ekaterina Golubinaへのロシアの感謝(ソーシャルテクノロジーのTeplitsaによるサポート–http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、249ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーからのフィードバックに起因するかなり計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

Mapzenとの新しいパートナーシップに関するブログ投稿– Maps Marker Proの新しいデフォルトのジオコーディングプロバイダー
(Google)マップ上のマーカーが正しく表示されないテーマの競合に関する新しい互換性設定「maxZoom互換モード」
ジオロケーションが正しく機能するためには、iOS / Safari 10以降でもhttpsが必要です(細部)
(追加の)結果がもう見つからない場合、(既存の)ジオコーディング検索結果をクリアしません
Mapzen、Algolia、Photon @ MapsMarkerのジオコーディング検索結果を10つではなく5つ表示する
Googleジオコーディングが結果を返さない場合は、代替のジオコーディングプロバイダーに切り替えないでください
報告された互換性の問題のため、インポーターとStiphleレート制限のMemCachedサポートを削除
入力フォーカスのバックエンドでマーカー/レイヤー名、マップ幅、マップ高さ、ズーム入力値を自動選択
MapQuestジオコーディングが失敗した場合に詳細なエラーメッセージを表示する
「すべてのマーカーを一覧表示」および「すべてのレイヤーを一覧表示」ページでの一括アクションは、v2.8以降で壊れる可能性があります(thxリーサー!)
レイヤーページでジオコーディング検索結果を選択した後、レイヤーセンターアイコンの「マーカーリンクを追加」が壊れていました
別のプラグインもWP_Session_Utils-classを利用している場合、アクティベーションの致命的なエラー(thx Jan-Willem!)
APIまたはインポーターにPhoton @ MapsMarkerが使用され、空のアドレスが指定されている場合のPHP警告
バックエンドのインポートページの不必要なchecked =“ checked”出力
検索後のマーカーのリストにあるopenpopup-linksがv2.8から機能しなくなりました(thx Takeo!)
ジオコーディング検索の読み込みインジケーターがマーカー編集ページに表示されませんでした
Maps Marker Proは、PHP 5.2のインストールでアクティブ化できませんでした(thx Clive!)
https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降およびiOS / Safari 10以降では機能しません(細部)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ドイツ語翻訳の更新
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

B6972C3D29274A917157CC8A7D177EC7F521C806AFF40937D781C2601E314E10

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインをベータ版から最終バージョンに更新する際の追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X