情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

leaflet.js v3.0、GoogleMutant、Polylang、かなりのパーマリンクなどをサポートするPro v1.0.3が利用可能

3か月間の開発、3ベータ版、1のリリース候補版のリリース後、Maps Marker Pro v3.0のリリースを発表できることを光栄に思います。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。 このリリースの詳細については、以下を参照してください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv3.0のハイライトを見てみましょう。

に参加するグローブトロッティングエンジニアのトールステン氏を歓迎します Maps Marker Proチーム!

グローブトロッティングエンジニア はThorsten ユーザーとしての自分自身の経験から、ランクを強化します。トールステンは、マップマーカープロを使用して、旅行ブログ、Fuel&Baconでカナダを通る海岸から海岸への遠征を記録しています。

leaflet.jsをv0.7.7からv1.0.3にアップグレード

Leaflet.jsは「Maps Marker Proのエンジン」と呼ぶことができ、vom v0.7.7からv1.0.3にアップグレードされ、パフォーマンスと使いやすさが向上しています。

ご覧ください leafletjs.comのブログ投稿完全な変更ログ 詳細はこちら

ベータ(オプトイン):リーフレットプラグインを使用してGoogleベースマップのパフォーマンスを大幅に改善 GoogleMutant

実際、Googleは(放棄された)Googleマップのリーフレットの実装をshramovでより高性能なものに置き換えることも計画しました GoogleMutant IvánSánchezによるリーフレットプラグイン。 とにかく、XNUMXつのブロッカーの問題がまだ開いている(#27 –お気軽にご連絡ください😉)。MapsMarker Pro v3.0をこれ以上延期したくなかったため、デフォルトの実装方法はまだ変更しないことにしました。

設定/ベースマップ/「Google Maps JavaScript API」で関連オプションを変更して、GoogleMutantプラグインを手動でテストできます:

#27が修正されると、このオプションはMaps Marker Proの将来のリリースですべてのユーザー向けに更新されます。

APIキーなしのMapzen Searchが使用されている場合、デフォルトのジオコーディングプロバイダーとしてAlgolia Placesに自動的に切り替えられます。無料の登録が引き続き推奨されます)

残念ながら、推奨されるジオコーディングプロバイダー Mapzen検索 2017年XNUMX月までにポリシーを変更し、(無料の)APIキーをジオコーディングサービスの使用に義務付けます。

したがって、APIキーに登録していない場合、ジオコーディングプロバイダーは自動的に アルゴリアの場所 Maps Marker Pro v3.0とPhoton @ MapsMarkerをフォールバックジオコーディングプロバイダーとして使用します。

Mapzenはopendataを使用しており、次のようなソースからの追加データも含まれています openaddresses.io ジオコーディング結果では、無料のMapzen Search APIキーを登録することをお勧めします。関連するチュートリアルを見つけることができます ここ.

マップをパンするときにタイル画像の背後に背景が表示されないように、表示されているマップの端を越えてマップタイルのプリロードを追加します

v3.0では、リーフレットプラグインも統合しました Leaflet.EdgeBuffer 可視マップの端を越えた事前ロードをサポートするため。 その結果、タイルの下の黒い背景が見えにくくなり、マップをパンするときのユーザーエクスペリエンスが向上します。

ライブの例については、比較をご覧ください http://www.tolon.co.uk/Leaflet.EdgeBuffer/comparison.html

デフォルトでは、2つのタイルにMaps Marker Pro v3.0が事前にロードされています。いずれにしても、[設定]、[マップのデフォルト]、[グローバルベースマップの設定]で新しい設定「edgeBufferTiles」を変更することで、この値を変更できます。

多言語マップの多言語翻訳サポート

v2.9では、以下を使用した多言語マップのサポートを追加しました WPML。 多くのユーザーからのリクエストにより、サポートも追加しました ポリラン翻訳プラグイン v3.0では、マップをさまざまな言語で利用できるようにするための選択肢が増えました。 見る https://www.mapsmarker.com/詳細については多言語。

この機能を実装してくださったThorstenに感謝します。

マーカー名をマーカーアイコンの上に小さなテキストとして表示するツールチップのサポート

マーカーアイコンをホバーすると、マーカー名がマーカーアイコンの上に小さなテキストとして表示されるようになりました。

leaflet.js 1.0で追加されたネイティブのリーフレットツールチップ機能がHTMLタイトルタグの代わりに使用されるようになったため、必要に応じてツールチップの動作を設定/マップのデフォルト/マーカーツールチップ設定でカスタマイズできます。

マウスクリックの代わりにマウスホバーでポップアップを開く新しいオプション

v3.0では、マウスクリックの代わりにマウスホバーでポップアップを開くことも可能になりました。 このオプションはデフォルトでは無効になっており、設定/マップのデフォルト/マーカーポップアップのデフォルト値で有効にできます。

フルスクリーンマップとAPI向けのカスタマイズ可能なスラッグ付きのかなりのパーマリンク

v3.0では、フルスクリーンマップやAPIリンクなどのプラグインファイルに直接アクセスする必要もなくなりました。デフォルトでは、スラッグ / maps / 現在使用されており、設定/その他/「Permalinks slug」で変更できます:

フルパーマリンク付きのフルスクリーンマーカーマップID 1へのリンクの例:https://www.mapsmarker.com/maps/fullscreen/marker/1/

フルスクリーンマップまたは他のAPIリンク(https://www.mapsmarker.com/wp-content/plugin/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-fullscreen.php?marker=1など)を直接リンクした場合は、必要ありません。何かを変更するには–ユーザーは自動的に新しいかなりのパーマリンクに転送されます。

AMPサポート

v3.0は基本的なAMPサポートを追加し、AMP対応ページの全画面表示へのリンクを含むマップのプレースホラー画像を表示します– Sebastianに感謝します!

v3.1では、AMP対応のページにネイティブマップを表示することで、この統合を強化できるかどうかを確認します。

その他の変更と最適化

  • wp-load.php(thx Thorsten!)による不要なWordPress初期化を排除することにより、API呼び出しのパフォーマンスが最大15%向上
  • MMPAPIの新しい関数:list_markers()、list_layers()、get_layers($ layer_ids)– 完全なドキュメント (ThxたくさんThorsten!)
  • WPML / Polylang統合を無効にするための新しいオプション
  • WP Rocketの拡張互換性チェック(Maps Marker Pro JavaScriptが除外されていない場合、マップが壊れる可能性があります)
  • MMP_Geocodingクラスで使用されるセッションのPHP APCuキャッシングのサポートを追加
  • 「すべてのマーカーをリスト」および「すべてのレイヤーをリスト」テーブルを場所でソートする可能性(thx Paul!)
  • 「非同期Javascript」プラグインの互換性チェック(thx Adam!)
  • MMP_Geocodingクラスが使用されている場合にのみ、ジオコーディング用のユーザーセッションを作成する
  • (単一の)レイヤー編集ページにマーカーをロードするための最適化されたSQL(Thx Thorsten!)
  • Leaflet.fullscreen markerclusterコードベースをv1.0.2に更新(thx jfirebaugh!)
  • timepicker.jsライブラリ+依存関係(thx Thorsten!)ではなくHTML5日時を使用して、マーカーおよびレイヤー編集ページのパフォーマンスを向上
  • スクリプトを登録解除して再エンキューするのを防ぐために、オプション「サードパーティによってエンキューされたGoogle Maps APIスクリプトを登録解除」を改善しました
  • プラグインアップデーターのパフォーマンスが向上しました(プラグイン更新へのアクセスのバックエンドチェックを実行して、更新が利用可能な場合のみ– thx Thorsten!)
  • バックエンドのパフォーマンスを改善するために統合されたWPMLインストーラーを削除し、NextGenギャラリーの問題が報告されているため
  • コントロールボックスの破損を防ぐために、フィルターコントロールボックスの最大文字数を4000から65535に増やしました(ミシェル!)
  • Bingマップタイルの読み込みには常にhttpsを使用します
  • インポーター:監査オプションがオフで、関連するソース列が空の場合、createdonおよびupdatedon行に無効な値の警告を表示しない
  • RSSフィードのマップのプレースホルダー画像として、Maps Marker Proロゴの代わりにデモマップ画像を使用する
  • WPの競合を回避するために、KMLクエリ変数名をマーカー名に変更しました

バグの修正

  • 1000以上の翻訳されたマップ文字列を含むサイトでのWPMLパフォーマンスの問題(Thx Thorsten!)
  • サードパーティのプラグイン(thx Bob!)からエンキューされたブートストラップファイルが原因で設定ナビゲーションが壊れる
  • レイヤー編集ページのWPML文字列翻訳ページにリンクされていますが、WPMLが利用できない場合でもhttps://mapsmarker.com/multilingualにリンクされていません(Thx Thorsten!)
  • マーカー編集&ツールページのバックエンドにマーカーアイコンが表示されない場合の回避策を追加(thx Ron!)
  • MMPAPI:レイヤーID選択と境界ボックス検索エラーメッセージの問題を修正(Thx Thorsten!)
  • iThemes Security Proプラグインおよびhtaccess構成と競合し、Maps Marker Pro APIエンドポイントへの直接アクセスを妨げます(thx David!)
  • wp_optionsテーブルのWPセッションエントリは、WordPress cronジョブを介して削除されませんでした(ThxはたくさんThorsten!)
  • インポーターとMMP_GeocodingクラスのPHP APCキャッシュ検出を修正
  • マーカーのエクスポート:select2ライブラリによるレイヤーの検索が壊れていました
  • 設定がデフォルト設定にリセットされた後のPHP警告(Thx Thorsten!)
  • レイヤーマップの下のマーカーのリスト:特定の状況下でマーカー数が間違っている可能性があります
  • v2.9以降、+ボタンと-ボタンの間のズームコントロールの仕切りがありませんでした。
  • Z値が高すぎるためにGPXメディアアップロードオーバーレイと重なる場所検索フィールド
  • ソート基準が選択されている場合、「すべてのレイヤーを一覧表示」ページのソート順が壊れていました(Thx Thorsten!)
  • 特定のPHP構成でのみ未定義の変数の警告が発生するため、マーカー編集ページが破損する可能性があります(thd Nadine!)
  • 設定が無効になっている場合でも、マーカー編集ページのポップアップテキストに(プレビュー中のみ)ルートリンクが追加されました
  • レイヤー編集ページのレイヤーマップの下にあるマーカーのリストでページングを使用すると、JavaScriptエラーが発生する
  • ジオコーディングによってトリガーされた場合、デフォルトのマーカーポップアップテキストプロパティは考慮されませんでした
  • WebAPI /検索機能を使用する場合のJSONエラー(thx Elizabeth!)
  • クラスタリングが無効になっている場合、マーカーリンクのリストを介してポップアップを開いたときのマーカーズームレベルが使用されなかった
  • クラスタリングが有効になっている場合、マーカーのリストを介してポップアップを開くとマップの中心が壊れる可能性があります(thm Damian!)
  • クラスタリングが無効になっている場合にマーカーのリストでマーカー名をクリックすると、未定義のJavaScript警告
  • クラスターが読み込まれた後、バックエンドのレイヤーセンターマーカーが表示されなくなりました
  • 検索フィールドをクリアした後、マーカーのリストの並べ替え順序が復元されませんでした(thx Damian&Thorsten!)
  • 「レイヤーIDの変更」ツールを使用すると、誤ったレイヤー割り当てが発生する可能性があります(thx Patricia&Thorsten!)
  • CSSは選択したテーマと競合します(Googleマップのタイル画像の周囲に境界線が生じます)
  • マーカー名のタブなどの制御文字は、マーカーのリストに対するGeoJSON配列の有効性を損なう可能性があります(thx Stefan!)
  • 検索語句で結果が得られない場合のマーカーの壊れたリスト(thx Damian&Thorsten!)
  • 無制限のテストが許可されている場合、ローカルホストのインストールにはライセンス保護が厳しすぎました(thx Daniel!)
  • マーカー検索フィールドのリストを使用すると地理位置情報が失われる問題を修正(thx Damian&Thorsten!)

セキュリティ修正

数週間前、私たちはハッカーのプライベートセキュリティバグ報奨金プログラムを開始しました。その結果、次のセキュリティレポートがこのリリースで修正されました。

  • 影響が少ない(管理者のみが悪用可能):ライセンス設定ページに反映されたXSSの脆弱性(ハッカーワンを介してDeepanker Chawlaに送信)
  • 影響が少ない(バックエンドマップエディターのみに悪用可能):「すべてのレイヤーを一覧表示」/「すべてのマーカーを一覧表示」ページの場所とマーカー/レイヤー名の保存されたXSS脆弱性(ハッカーワン経由でDeepanker Chawlaに送信)
  • 影響が少ない(バックエンドマップエディターのみに悪用可能):マーカー編集ページに反映されたXSSの脆弱性(ハッカーワン経由でDeepanker Chawlaに送信)
  • 影響が少ない(管理者のみが悪用可能):設定ページのDOMベースのXSSの脆弱性(ハッカーワン経由のDeepanker Chawlaへの脅威)

参加をご希望の場合に備えて、近日中にhackeroneセキュリティバグ報奨金プログラムを公開する予定です。 詳細については、ブログをフォローしてください。

既知の問題点

https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降およびSafari 10以降では機能しません。

Chrome 50(およびSafari 10)では、地理位置情報サポートに対する重要な変更が関連するブラウザーベンダーによって導入されました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)は、サイトがhttps経由で安全に配信されるように設定されている場合のユーザーの現在の位置–ユーザーには代わりに次のような警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefoxなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。 サファリ またはInternet Explorer –いずれにせよ、これらのブラウザでも将来的に同様のセキュリティ制限が追加される可能性があります。

2016年10月の更新:iOS 10以降、Safari XNUMX以降でもジオロケーションをサポートするためにhttpsが必要になりました。 実装はGoogle Chromeよりもさらに厳格です。たとえば、サイトに混合コンテンツの警告がある場合、地理位置情報は機能しません。

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合は、サイトをhttpsに移行することを強くお勧めします。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています Letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsには、Google Chrome 50以降とSafari 10以降でジオロケーションを使用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトの利点があります。まだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに切り替えることを強くお勧めします。

サイトをhttpsに切り替えてもジオロケーションエラー(「ジオロケーションエラー:ユーザーがジオロケーションを拒否しました」など)が引き続き発生する場合は、アプリ/ Webサイトがジオロケーションを取得できるかどうか、デバイスのロケーション設定を確認してください。

翻訳の更新

また、https://translate.mapsmarker.comにあるGlotpressインスタンスをv2.3.1に更新しました。これにより、翻訳者は、ユーザーが翻訳をあいまいなものとしてマークし直し、ユーザーによるパスワードの再設定、デザインの更新などを行うことができます。

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、249ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 ユーザーからのフィードバックに基づいて、ロードマップを動的に調整しています。 とにかく、主にユーザーのフィードバックに起因するかなり計画外のマイナーリリースで最適化とバグ修正を追加する柔軟性を維持します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

に参加するグローブトロッティングエンジニアのトールステン氏を歓迎します Maps Marker Proチーム!
より高いパフォーマンスと使いやすさのために、leaflet.js(「Maps Marker Proのエンジン」)をv0.7.7からv1.0.3にアップグレードしました–をご覧ください leafletjs.comのブログ投稿 , 完全な変更ログ 詳細については、
ベータ(オプトイン):リーフレットプラグインを使用してGoogleベースマップのパフォーマンスを大幅に改善 GoogleMutant (thx Ivan!)
マップをパンするときにタイル画像の背後に背景が表示されないように、表示されているマップの端を越えてマップタイルのプリロードを追加します
多言語マップの多言語翻訳サポート (Thxトールステン!)
マーカー名をマーカーアイコンの上に小さなテキストとして表示するツールチップのサポート
マウスクリックの代わりにマウスホバーでポップアップを開く新しいオプション(デフォルトでは無効)
フルスクリーンマップとAPIのカスタマイズ可能なスラッグを使用したかなりのパーマリンク(例:https://www.mapsmarker.com/dev/pro/マップ/ fullscreen / marker / 1 / – thx Thorsten!)
MMPAPIの新しい関数:list_markers()、list_layers()、get_layers($ layer_ids)– 完全なドキュメント (ThxたくさんThorsten!)
WPML / Polylang統合を無効にするための新しいオプション
WP Rocketの拡張互換性チェック(Maps Marker Pro JavaScriptが除外されていない場合、マップが壊れる可能性があります)
MMP_Geocodingクラスで使用されるセッションのPHP APCuキャッシングのサポートを追加
「すべてのマーカーをリスト」および「すべてのレイヤーをリスト」テーブルを場所でソートする可能性(thx Paul!)
「非同期Javascript」プラグインの互換性チェック(thx Adam!)
AMPサポート:AMP対応のページにフルスクリーンビューへのリンクを含むマップのプレースホルダー画像を表示(thx Sebastian!)
APIキーなしのMapzen Searchが使用される場合、デフォルトのジオコーディングプロバイダーとしてAlgolia Placesに自動的に切り替えられます(APIキーは2017年XNUMX月までに必須となります-無料の登録が引き続き推奨されます)
wp-load.php(thx Thorsten!)による不要なWordPress初期化を排除することにより、API呼び出しのパフォーマンスが最大15%向上
MMP_Geocodingクラスが使用されている場合にのみ、ジオコーディング用のユーザーセッションを作成する
(単一の)レイヤー編集ページにマーカーをロードするための最適化されたSQL(Thx Thorsten!)
Leaflet.fullscreen markerclusterコードベースをv1.0.2に更新(thx jfirebaugh!)
timepicker.jsライブラリ+依存関係(thx Thorsten!)ではなくHTML5日時を使用して、マーカーおよびレイヤー編集ページのパフォーマンスを向上
スクリプトを登録解除して再エンキューするのを防ぐために、オプション「サードパーティによってエンキューされたGoogle Maps APIスクリプトを登録解除」を改善しました
プラグインアップデーターのパフォーマンスが向上しました(プラグイン更新へのアクセスのバックエンドチェックを実行して、更新が利用可能な場合のみ– thx Thorsten!)
バックエンドのパフォーマンスを改善するために統合されたWPMLインストーラーを削除し、NextGenギャラリーの問題が報告されているため
コントロールボックスの破損を防ぐために、フィルターコントロールボックスの最大文字数を4000から65535に増やしました(ミシェル!)
Bingマップタイルの読み込みには常にhttpsを使用します
インポーター:監査オプションがオフで、関連するソース列が空の場合、createdonおよびupdatedon行に無効な値の警告を表示しない
RSSフィードのマップのプレースホルダー画像として、Maps Marker Proロゴの代わりにデモマップ画像を使用する
WPの競合を回避するために、KMLクエリ変数名をマーカー名に変更しました
1000以上の翻訳されたマップ文字列を含むサイトでのWPMLパフォーマンスの問題(Thx Thorsten!)
サードパーティのプラグイン(thx Bob!)からエンキューされたブートストラップファイルが原因で設定ナビゲーションが壊れる
レイヤー編集ページのWPML文字列翻訳ページにリンクされていますが、WPMLが利用できない場合でもhttps://mapsmarker.com/multilingualにリンクされていません(Thx Thorsten!)
マーカー編集&ツールページのバックエンドにマーカーアイコンが表示されない場合の回避策を追加(thx Ron!)
MMPAPI:レイヤーID選択と境界ボックス検索エラーメッセージの問題を修正(Thx Thorsten!)
iThemes Security Proプラグインおよびhtaccess構成と競合し、Maps Marker Pro APIエンドポイントへの直接アクセスを妨げます(thx David!)
wp_optionsテーブルのWPセッションエントリは、WordPress cronジョブを介して削除されませんでした(ThxはたくさんThorsten!)
インポーターとMMP_GeocodingクラスのPHP APCキャッシュ検出を修正
マーカーのエクスポート:select2ライブラリによるレイヤーの検索が壊れていました
設定がデフォルト設定にリセットされた後のPHP警告(Thx Thorsten!)
レイヤーマップの下のマーカーのリスト:特定の状況下でマーカー数が間違っている可能性があります
v2.9以降、+ボタンと-ボタンの間のズームコントロールの仕切りがありませんでした。
Z値が高すぎるためにGPXメディアアップロードオーバーレイと重なる場所検索フィールド
ソート基準が選択されている場合、「すべてのレイヤーを一覧表示」ページのソート順が壊れていました(Thx Thorsten!)
特定のPHP構成でのみ未定義の変数の警告が発生するため、マーカー編集ページが破損する可能性があります(thd Nadine!)
設定が無効になっている場合でも、マーカー編集ページのポップアップテキストに(プレビュー中のみ)ルートリンクが追加されました
レイヤー編集ページのレイヤーマップの下にあるマーカーのリストでページングを使用すると、JavaScriptエラーが発生する
ジオコーディングによってトリガーされた場合、デフォルトのマーカーポップアップテキストプロパティは考慮されませんでした
WebAPI /検索機能を使用する場合のJSONエラー(thx Elizabeth!)
クラスタリングが無効になっている場合、マーカーリンクのリストを介してポップアップを開いたときのマーカーズームレベルが使用されなかった
クラスタリングが有効になっている場合、マーカーのリストを介してポップアップを開くとマップの中心が壊れる可能性があります(thm Damian!)
クラスタリングが無効になっている場合にマーカーのリストでマーカー名をクリックすると、未定義のJavaScript警告
クラスターが読み込まれた後、バックエンドのレイヤーセンターマーカーが表示されなくなりました
検索フィールドをクリアした後、マーカーのリストの並べ替え順序が復元されませんでした(thx Damian&Thorsten!)
「レイヤーIDの変更」ツールを使用すると、誤ったレイヤー割り当てが発生する可能性があります(thx Patricia&Thorsten!)
CSSは選択したテーマと競合します(Googleマップのタイル画像の周囲に境界線が生じます)
マーカー名のタブなどの制御文字は、マーカーのリストに対するGeoJSON配列の有効性を損なう可能性があります(thx Stefan!)
検索語句で結果が得られない場合のマーカーの壊れたリスト(thx Damian&Thorsten!)
無制限のテストが許可されている場合、ローカルホストのインストールにはライセンス保護が厳しすぎました(thx Daniel!)
マーカー検索フィールドのリストを使用すると地理位置情報が失われる問題を修正(thx Damian&Thorsten!)
影響が少ない(管理者のみが悪用可能):ライセンス設定ページに反映されたXSSの脆弱性(ハッカーワンを介してDeepanker Chawlaに送信)
影響が少ない(バックエンドマップエディターのみに悪用可能):「すべてのレイヤーを一覧表示」/「すべてのマーカーを一覧表示」ページの場所とマーカー/レイヤー名の保存されたXSS脆弱性(ハッカーワン経由でDeepanker Chawlaに送信)
影響が少ない(バックエンドマップエディターのみに悪用可能):マーカー編集ページに反映されたXSSの脆弱性(ハッカーワン経由でDeepanker Chawlaに送信)
影響が少ない(管理者のみが悪用可能):設定ページのDOMベースのXSSの脆弱性(ハッカーワン経由のDeepanker Chawlaへの脅威)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
https://translate.mapsmarker.comをGlotPress 2.3.1に更新しました(翻訳をあいまいとしてマークし、ユーザーがリセットしたパスワードを再有効化し、デザインを更新しました)
Marijke Metzのおかげで更新されたオランダ語の翻訳– http://www.mergenmetz.nl、Patrick Ruers、http://www.stationskwartiersittard.nl、Fokko van der Leest – http://wandelenrondroden.nl そしてハンス・テミング– http://www.wonderline.nl
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com、Fabian Hurelle、 http://hurelle.fr トーマス・ギニャール、 http://news.timtom.ch
フェルナンドコエロのおかげでガリシア語の翻訳が更新され、 http://www.indicepublicidad.com
Thorstenのおかげで更新されたドイツ語翻訳
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone そして、アンジェロ・ジャムマーレシ– http://www.wocmultimedia.biz
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ 島本大輔
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Donatas Liaudaitisのおかげで更新されたリトアニア語の翻訳– http://www.transleta.co.uk とOvidijus – http://www.manokarkle.lt
更新されたポルトガル語–ブラジル(pt_BR)翻訳、Fabio Bianchiのおかげ– http://www.bibliomaps.com、Andre Santos – http://pelaeuropa.com.br アントニオ・ハマール
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru
DavidRamírezのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.hiperterminal.com、Alvaro Lara、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com、フアンバルデスとマルタエスピナルト、 http://www.martika.es
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://bilddigital.se、アントンアンドレアソン、 http://andreasson.org/ とトニー・リグネルショー– https://www.dumsnal.se/
既知の問題点
https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降およびiOS / Safari 10以降では機能しません(細部)

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

AAC3E05208CEE2736D0F8514F61F91A43456742516A95DF2FDCBEE4B47BD69E5

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインをベータ版から最終バージョンに更新する際の追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X