情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.2
すべての変更ログを表示

Maps Marker Pro v4.3とポリラインサポートなどが利用可能

2か月以上の開発の後、v4.3が最終的に利用可能になったことをお知らせいたします。

バージョン4.0以降の新しいコードベースのおかげで、マップにポリラインを直接描画するためのサポートなど、長い間要求されてきた新機能を簡単に追加できました。 さらに、WordPress用の最も包括的で使用可能なマッピングプラグインを提供するというビジョンを実現するために、多くのマイナーな最適化とバグ修正を追加しました。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。

それでは、v4.3のハイライトを見てみましょう。

ポリラインのサポート:マップ上で直接ジオメトリレイヤーを描画および編集

Maps Marker Proを素晴らしいリーフレットライブラリで強化しました leaflet.pm によって維持される スミットクマール、また提供している人 https://geoman.io これにより、顧客はビジュアルツールボックスと強力なAPIを使用して地理空間データを管理できます。 チェックアウト ジオマン そして、leaflet.pmの高度な機能の開発をサポートしたい場合は、Leaflet.PMサポータープランへの加入を検討してください。これにより、Sumitから優先的なサポートとコンサルティングを受けることもできます。

とにかく、前に述べたように、マップ上でポリライン、ポリゴン、円、長方形などのジオメトリレイヤーを直接描画、編集、ドラッグ、カットする機能を提供するために、Maps Marker Proでは基本としてleaflet.pmを使用します。

ポリラインの編集方法については、次のアニメーションをご覧ください(Sumit Kunarの厚意によるアニメーション–アニメーションにあるマーカー追加機能はMaps Marker Proではサポートされていないことに注意してください–マーカーを追加する場合は、 「マーカーの追加」機能):

この新機能が私たちと同じように気に入っていただけることを願っています。何か問題を見つけた場合はお知らせください。


Gutenbergエディターのマップブロック

WordPress 5.0からGutenbergが利用可能になりましたが、適切な使用を妨げる多くのバグがまだあるため、専用のマップブロックを追加するのを今まで待ちました。 グーテンベルクにはまだ多くの否定的な批評家がいて、アクセシビリティなどの多くの分野で改善が必要ですが、マップを簡単に追加できるように基本ブロックを追加することにしました。 とにかく、グーテンベルクのショートコードブロックを使用してマップショートコードを追加することもできます。

ブロック選択:

ブロックとマップが選択された後の表示:


マーカーページのリストにマップフィルターを追加する

バックエンドのマーカーリストページに、特定のマップのマーカーのみを表示できる新しいドロップダウンを追加しました。


マーカーリンクのターゲットオプションを追加する

マーカーについては、マーカーのポップアップの代わりにリンクを表示することを選択した場合にリンクターゲットを指定できるオプションを追加しました。


バッチ更新レイヤーツールを追加する

また、ツールセクションをv4.3で拡張し、すべてのマップまたは選択したマップのみで使用可能なレイヤーをバッチ更新できるようになりました。


非フルスクリーンURLのマーカーハイライト機能を追加する

v4.3では、フルスクリーンマップだけでなく、通常の投稿に埋め込まれたマップでも特定のマーカーを強調表示できるようになりました。 そのため、マップをマーカーの中央に配置してポップアップを開くには、URLパラメーター?marker =とマーカーのIDをマップが埋め込まれているURLに追加するだけです。

例:https://www.mydomain.com/link-to-post/?marker=9


標高グラフツールチップの単位を変更するオプションを追加

GPX立面図の場合、使用する単位(メートル法またはインペリアル)も設定できるようになりました。


マップのフィルタードロップダウン検索を追加する

多数のマップを管理している場合、フィルタードロップダウンの検索サポートを追加したため、フィルターに追加するマップを簡単に見つけることができます。


アルゴリアの郵便番号と都市、フォトンと場所を表示するIQジオコーディング結果のプレビュー(利用可能な場合)

プロバイダーAlgolia、Photon、locationIQのジオコーディング結果の品質もv4.3で改善されました。結果の郵便番号と都市も表示されるようになりました。 とにかく、ジオコーディングプロバイダーのデータの品質によっては、これらのデータがどこでも利用できるとは限らないことに注意してください。


GPXファイルのアップロード時にMIMEタイプの問題(WordPress 5.0.1以降)の回避策を追加

重要なバグ修正により、WordPress 4.3でv5.0.1にもなりました。 MIMEタイプ検証の変更 が導入されたため、Maps Marker ProでGPXアップロードが失敗しました。これは、フィルタリングされていないアップロードを許可することによってのみ修正できました( よくある質問).

私たちは実際にWordPressがここで迅速な修正を提供することを望んでいましたが、関連するチケットは5.1から5.2に延期され、現在は5.3に延期されています。そのため、この問題の修正を検索し、最終的に発見しました。ワードプレス。

GPXアップロードは通常どおり再び機能するはずです。サイトでこの問題が原因でフィルタリングされていないアップロードを許可した場合は、それに応じてwp-config.phpから関連するコードを削除して、フィルタリングされていないアップロードを再び禁止することをお勧めします。

フィルタリングされていないアップロードでアップロードされたすべてのGPXファイルを更新するには、適切なMIMEタイプを使用できるようにするには、たとえばphpmyadminを介して次のSQLステートメントを直接実行します。 UPDATE `wp_posts` SET `post_mime_type` = 'application/gpx+xml' WHERE `post_type` = 'attachment' AND `guid` LIKE '%.gpx'; (カスタムデータベースプレフィックスを使用している場合は、 wp_ それに応じて)。 これを行わないと、v4.3でメディアライブラリを開いたときにGPXファイルが表示されず、回避策として再アップロードする必要があります。


すべての変更と修正を含む完全な変更ログ

バージョン4.3の変更ログ -04.05.2019年XNUMX月XNUMX日にリリース(リリースノート)

ポリラインのサポート:マップ上で直接ジオメトリレイヤーを描画および編集
Gutenbergエディターのマップブロック
マーカーページのリストにマップフィルターを追加する
マーカーリンクのターゲットオプションを追加する
バッチ更新レイヤーツールを追加する
非フルスクリーンURLのマーカーハイライト機能を追加する
標高グラフツールチップの単位を変更するオプションを追加
マップのフィルタードロップダウン検索を追加する
アルゴリアの郵便番号と都市、フォトンと場所を表示するIQジオコーディング結果のプレビュー(利用可能な場合)
PUC(プラグイン更新チェッカー)をv4.6に更新(最適化と互換性の修正を含む)(thx Yahnis!)
最新のWPML文字列翻訳統合が壊れていました
保存されていないカスタムレイヤーの長いURLを修正する
不完全なKMLエクスポート(タイトルとポップアップをCDATAにラップ)
WordPressマルチサイトのサブサイトへのライセンス配布ツールが壊れていました
GPXメタポップアップで標高のインペリアルへの変換を修正
GPXファイルのアップロード時にMIMEタイプの問題(Wordpress 5.0.1以降)の回避策を追加
Yoast SEOプラグインがホームページのタイトルで全画面地図のタイトルタグを上書きしないようにします
のおかげで中国語の翻訳を更新しました ジョン・シェン そしてck→寄付する
のおかげで更新されたオランダ語翻訳 ロナルド・スミーツ, マリケ・メッツ、パトリック・ルアーズ、 フォッコファンデルリーストハンス・テミング→寄付する
Maps Marker ProチームとDaniel Luttermannによるドイツ語翻訳の更新→寄付する
のおかげでフランス語の翻訳を更新しました ビンセン・プジョル, ロドルフ・キエデヴィル、Fx Benard、CazalCédric、 ファビアン・ヒューレルトーマス・ギニャール→寄付する
のおかげで更新されたイタリア語翻訳 ルカ・バルベッティアンジェロ・ジャンマレッシ→寄付する
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ 島本大輔→寄付する
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによってサポートされています- http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru→寄付する
Olof Odier、Tedy Warsitha、Dan Paulssonのおかげでスウェーデン語の翻訳が更新されました。 エルガー・リンドグレン, アントン・アンドレアソントニー・リグネルショー→寄付する

問題が発生した場合は、 ナレッジベースを検索 またはを提出する ヘルプデスクチケット.

ハッピーマッピング!

Maps Marker Proチーム


更新方法

更新の推奨方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、[Maps Marker Pro]の横にある[アップデートの確認]リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

利用可能なアップデートがある場合は、「今すぐアップデート」リンクをクリックしてアップデートを開始してください。

v3.1.1以下からアップデートする場合は、 ナレッジベースのこのユーザーガイド インストール手順と移行チュートリアル。


ベータテスター向けの追加情報

このバージョンに更新する場合、ベータテスターに​​は追加のアクションは必要ありません。


Database APIユーザー向けの追加情報

v4.3には、データベーステーブルに対する以下の関連する変更が含まれています。

  • mmp_maps:新しい列 geojson TEXT
  • mmp_markers:新しい列 blank INT(1)

カスタムアプリケーションが データベースAPI はマップまたはマーカーのリクエストを処理しています。これらの新しいフィールドも含めるようにしてください。

次のリリースでは、Database API全般と関連ドキュメントを最適化して、使いやすくします。


Maps Marker Proを最初からインストールする方法

Maps Marker Proを直接zipファイルとしてダウンロードしてインストールする場合は、 ここをクリックしてください.


プラグインパッケージの整合性を確認する方法

このリリースのSHA-256ハッシュ値とファイル数については、次のファイルを確認してください。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt

このファイルは、弊社のPGP鍵でデジタル署名されています。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt.sig

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨されます。自動更新プロセスが使用されている場合は、検証は必要ありません)。


質問は? フィードバック? コメント?

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新のアップデート)または Facebook、ニュースを購読する RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X