情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

ESRIベースマップ、GPX拡張機能などを備えたMaps Marker Pro v4.14が利用可能

8週間の開発の後、いくつかの新機能と多くの最適化とバグ修正を備えたMaps Marker Pro v4.14のリリースを発表します。

このリリースの詳細とハイライトについては、以下を参照してください。 最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。


ESRIベースマップを追加する

次の7つのESRIベースマップがMaps Marker Proに追加されました。事前登録なしですぐに使用できます。

  • ESRIストリート
  • ESRI地形
  • ESRIナショナルジオグラフィック
  • ESRIグレー
  • ESRIダークグレー
  • ESRI Oceans
  • ESRI画像

これらのベースマップを使用するには、バックエンドでマップを開き、[レイヤー]タブに移動して、ドロップダウンから目的のベースマップを選択します。

マップの例:


GPXファイルにGarmin TrackPointExtensionのサポートを追加

このリリースでは、Garmin GPX TrackPointExtionの心拍数も、デフォルトではXNUMX分あたりの拍数で測定されます。

心拍数の値も含むトラックを含むマップの例:


アイコンマネージャーを設定ページに追加する

地図アイコンは/ wp-content / uploads / maps-marker-pro / iconsのアップロードディレクトリに保存されます

v4.14では、アイコンマネージャーを[設定] / [その他] / [アイコン]に追加したため、アイコンを削除する場合にFTPアクセスは必要ありません。


同じページのハイライトリンクのサポートを追加する

v4.14 特定のマーカーを強調表示するリンクを地図の外に追加することも可能です。

リンクの例: <a href="#" class="mmp-highlight" data-marker="1">Link</a>

利用可能なオプション:

  • data-marker="id" ハイライトするマーカー
  • data-map="id" 特定のIDのみを使用してマップをターゲティングします。 複数のマップが同じページにある場合に役立ちます
  • data-scroll="true|false" マップをスクロールして表示するかどうか。 デフォルトはtrueです
  • data-open="true|false" ポップアップを開くかどうか。 デフォルトはtrueです

ツールページにマーカーを一括更新するセクションを追加

[ツール]ページには、マーカーのズーム値とアイコンを一括更新できる新しいセクションがあります。


追加された形状の一括削除オプションを追加

v4.14では、複数の形状の削除も簡単になりました。削除する形状を一括選択できるようになりました。


値のないGPXメタデータフィールドを非表示にするオプションを追加

GPX機能も新しいオプションで拡張され、GPXメタデータフィールドを値なしで非表示にすることができます。 この設定はデフォルトで有効になっており、詳細設定ボタンがアクティブな場合にアクセスできます。


ツールページにすべてのマップ/マーカーを削除するオプションを追加

ツールページにも2つの新しいセクションが追加され、すべてのマップとマーカーを一度に削除できるようになりました。

これらの操作は元に戻せないため、注意して使用してください!


開発者向けのナレッジベースの更新

ナレッジベースに、開発者向けの以下の参照を追加しました。


マーカーインポートの割り当てオプションを改善する

インポーターもv4.14で改善されました。 これで、割り当てモードを選択できるようになりました。これにより、インポートファイルのマーカーにマップ割り当てがない場合などに、より柔軟に対応できます。


その他の最適化と改善

  • GPXファイルにrteTypeの表示サポートを追加
  • 高解像度デバイスのマップビューを改善(網膜検出ロジックを削除)
  • マーカーのハイライトが使用されている場合、geolocate autostartを無効にする
  • 書き換えルールをより確実にフラッシュする
  • マップリストテーブルに無効なAPIエンドポイントのアイコンを表示しない
  • 新しい地図読み込みアニメーション
  • リーフレットを1.7.1に更新
  • Leaflet-Geomanを2.7.0に更新
  • Googleマップのミュータントライブラリv0.10.0を更新(IE11互換性を修正)
  • Spectrum colorpickerをv1.8.1に更新
  • qrcode-generatorをv1.4.4に更新
  • PUC(プラグイン更新チェッカー)を4.10に更新–自動プラグイン更新をサポート
  • flatpickrを4.6.6に更新

バグ修正

  • マップをパンまたはズームしたときに図形が消えるのを修正
  • URLパラメータによるマーカーの強調表示を修正
  • マイグレーションを修正(v4.13以降の回帰)
  • バックアップから復元するときに間違ったマーカースケジュール値を防止
  • リストのデフォルトのソートが距離に設定されており、地理位置情報が無効になっている場合に、地理位置情報エラーが繰り返し表示される問題を修正
  • 誤った結果を示す更新を手動でチェックする問題を修正
  • マーカー編集ページのbasemap.at境界を修正
  • 設定ページのカスタムレイヤーWMSトグルを修正

翻訳の更新

210以上の翻訳者のおか​​げで、このリリースにはいくつかの更新翻訳も含まれています。詳細については、完全な変更ログを参照してください。

(無料ライセンスと引き換えに)翻訳に貢献したい場合は、次のサイトにアクセスしてください。 https://www.mapsmarker.com/glotpress/projects/mmp/ 詳細についてはこちら。


完全な変更ログ

バージョン4.14の変更ログ -04.09.2020年XNUMX月XNUMX日にリリース(リリースノート)

ESRIベースマップを追加する
GPXファイルにGarmin TrackPointExtensionのサポートを追加
アイコンマネージャーを設定ページに追加する
GPXファイルにrteTypeの表示サポートを追加
同じページのハイライトリンクのサポートを追加する
ツールページにマーカーを一括更新するセクションを追加
追加された形状の一括削除オプションを追加
値のないGPXメタデータフィールドを非表示にするオプションを追加
ツールページにすべてのマップ/マーカーを削除するオプションを追加
mapsmarker.comのナレッジベースの新機能: フィルター参照
mapsmarker.comのナレッジベースの新機能: アクションフックリファレンス
高解像度デバイスのマップビューを改善(網膜検出ロジックを削除)
マーカーインポートの割り当てオプションを改善する
マーカーのハイライトが使用されている場合、geolocate autostartを無効にする
書き換えルールをより確実にフラッシュする
マップリストテーブルに無効なAPIエンドポイントのアイコンを表示しない
新しい地図読み込みアニメーション
リーフレットを1.7.1に更新
Leaflet-Geomanを2.7.0に更新
Googleマップのミュータントライブラリv0.10.0を更新(IE11互換性を修正)
Spectrum colorpickerをv1.8.1に更新
qrcode-generatorをv1.4.4に更新
PUC(プラグイン更新チェッカー)を4.10に更新-自動プラグイン更新をサポート
flatpickrを4.6.6に更新
マップをパンまたはズームしたときに図形が消えるのを修正
URLパラメータによるマーカーの強調表示を修正
マイグレーションを修正(v4.13以降の回帰)
バックアップから復元するときに間違ったマーカースケジュール値を防止
リストのデフォルトのソートが距離に設定されており、地理位置情報が無効になっている場合に、地理位置情報エラーが繰り返し表示される問題を修正
誤った結果を示す更新を手動でチェックする問題を修正
マーカー編集ページのbasemap.at境界を修正
設定ページのカスタムレイヤーWMSトグルを修正
のおかげでカタロニア語翻訳の更新 ロック、エフライムバヤリ、 ヴィセントキュベルズ , マルタ・エスピナルト→寄付する
のおかげで中国語の翻訳を更新しました ジョン・シェン そしてck→寄付する
Maps Marker ProチームとDaniel Luttermannによるドイツ語翻訳の更新→寄付する
のおかげで更新されたフィンランド語(fi_FI)翻訳 ジェシビョーク→寄付する
のおかげでフランス語の翻訳を更新しました ビンセン・プジョル, ロドルフ・キエデヴィル、Fx Benard、CazalCédric、 ファビアン・ヒューレル , トーマス・ギニャール→寄付する
のおかげで更新されたイタリア語翻訳 ルカ・バルベッティ , アンジェロ・ジャンマレッシ→寄付する
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ 島本大輔→寄付する
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによってサポートされています- http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru→寄付する
のおかげで更新されたスペイン語翻訳 デビッド・ラミレス, アルバロ・ララ, ビクター・ゲバラ, リカルド・ヴィテリ, ファン・バルデス&マルタ・エスピナルト , フェルナンドコエロ→寄付する
Olof Odier、Tedy Warsitha、Dan Paulssonのおかげでスウェーデン語の翻訳が更新されました。 エルガー・リンドグレン, アントン・アンドレアソン , トニー・リグネルショー→寄付する
のおかげでウクライナ語の翻訳を更新しました ヤロスラフBヤロシェフスキー、Andrejj、Sergey Zhitnitsky、 ムカイロ→寄付する

問題が発生した場合は、 ナレッジベースを検索 またはを提出する ヘルプデスクチケット.

ハッピーマッピング!

Maps Marker Proチーム


更新方法

更新の推奨方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、[Maps Marker Pro]の横にある[アップデートの確認]リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

利用可能なアップデートがある場合は、「今すぐアップデート」リンクをクリックしてアップデートを開始してください。

v3.1.1以下からアップデートする場合は、 ナレッジベースのこのユーザーガイド インストール手順と移行チュートリアル。


ベータテスター向けの追加情報

追加の変更は必要ありません(このリリースにはベータリリースがなかったため)。


Database APIユーザー向けの追加情報

追加のアクションは必要ありません データベースAPI このバージョンに更新するときのユーザー。


Maps Marker Proを最初からインストールする方法

Maps Marker Proを直接zipファイルとしてダウンロードしてインストールする場合は、 ここをクリックしてください.


プラグインパッケージの整合性を確認する方法

このリリースのSHA-256ハッシュ値とファイル数については、次のファイルを確認してください。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt

このファイルは、弊社のPGP鍵でデジタル署名されています。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt.sig

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨されます。自動更新プロセスが使用されている場合は、検証は必要ありません)。


質問は? フィードバック? コメント?

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新のアップデート)または Facebook、ニュースを購読する RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X