サポート/ナレッジベース

サイト内検索
一般的なフィルタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツを検索
抜粋で検索
カスタム投稿タイプによるフィルタリング
人気ガイド
論文
よくある質問
リファレンス
  • 人気ガイド
  • 論文
  • よくある質問
  • リファレンス
  • ヘルプデスク



アカウントとライセンス管理

Affiliates

設定の構成–ジオコーディング

設定の構成–レイヤー

インストールとセットアップ

ツールの管理–インポートとエクスポート

その他

スターターガイド

翻訳

APIの使用

マップの操作–クラスタリング

マップの操作–フィルター

マップの操作–GPXトラック

マップの操作–マーカーのリスト



設定の構成–ジオコーディング

設定の構成–レイヤー

その他

翻訳



アカウントとライセンス管理

Affiliates

自分のウェブサイトにリンクとバナーを付けてMaps Marker Proを宣伝したい。 アフィリエイトプログラムはありますか?

はい、我々はありません。

アフィリエイトプログラムに参加すると、ウェブサイト内に配置するさまざまなバナーやテキストリンクが提供されます。 ユーザーがWebサイトからのリンクをたどり、mapsmarker.comで何かを購入すると、コミッションを獲得できます。 最大50%のコミッションと、レベルごとに5%のコミッションを持つXNUMXレベルのレベルがあります。

で詳細を確認してください mapsmarker.com/affiliates.

0
0
4727
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


設定の構成–レイヤー

Maps Marker ProでMapboxマップを使用できますか?

Mapboxマップでは、Mapsbox独自のマッピングエンジンを使用する必要があります。これは、プラグインのベースとなっているマッピングエンジン(リーフレット)と競合します。 その上、新しいMapboxマップはベクターマップですが、Maps MarkerProはラスターマップを使用します。 したがって、現時点では、新しいMapboxStudioマップをサポートする予定はありません。 カスタムレイヤーとして追加することで、バージョン4でも、Mapboxが提供する限り、クラシックスタイルを引き続き使用できます。

0
0
32
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proは天気図も表示できますか?

Maps Marker Proでは、WMTSまたはWMS標準を介して利用できるあらゆる種類のマップを使用できます。 これらのカスタムレイヤーは、設定/レイヤー/カスタムを介して追加できます。

コミュニティでキュレートされたカスタムレイヤーのリスト https://mapsmarker.com/custom-layers 

専用のウェザーレイヤーについては、 https://gis.stackexchange.com/questions/6345/listing-available-online-wms-services-weather-land-data-place-names 出発点として–それらの多くはMaps MarkerProでも使用するように構成できます。

0
0
10199
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

オーストリアの公式マップbasemap.atの使用方法

Basemap.at として利用可能な公式のオーストリアの地図です 開いているデータ Maps Marker Pro v4.0以降の定義済みベースマップです。

0
0
5329
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


インストールとセットアップ

Maps Marker Proをアンインストールする方法

Maps Marker Proをアンインストールする場合は、WordPressサイトに管理者アカウントでログインし、プラグインに移動して、まずMaps Marker Proを非アクティブ化してください。

次のステップとして、「削除」をクリックしてください。

次のステップとして、「OK」をクリックして削除を確認してください(注意:作成されたすべてのマップとマーカーも削除され、バックアップを復元しない限り、このアクションを取り消すことはできません!)

お客様のアカウントとサーバー上のライセンスも削除する場合は、 サポートチケットを開く.

0
0
8273
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはGutenberg / WordPress 5.xと互換性がありますか?

はい、Maps Marker ProはWordPress 5および新しいGutenbergエディターと互換性があります。 Maps Marker Proの一般的な最小要件については、 このFAQ.

今後のリリースでは、カスタムマップブロックも追加する予定です。これにより、マップのショートコードを簡単に検索して追加できます(その後、マップのショートコードをコピーしてブロックに貼り付ける必要があります)。

ステップ1-たとえば、マップ編集ページからショートコードをコピーします

ステップ2–ショートコードをグーテンベルクエディターに貼り付けると、ショートコードブロックが自動的に作成されます

0
0
8334
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

解析エラー:構文エラー、maps-marker-pro.phpに予期しないT_OBJECT_OPERATOR

Plugin could not be activated because it triggered a fatal error.
Parse error: syntax error, unexpected T_OBJECT_OPERATOR in /wp-content/plugins/maps-marker-pro/maps-marker-pro.php on line 66

Maps Marker Proをアクティブ化しようとしたときに上記のエラーが表示された場合は、通常、サーバーで使用されているPHPのバージョンが低すぎることを意味します。 

Maps Marker Proを正しく実行するには、少なくともPHP 5.4が必要です。PHP5.4はすでに古く、アップデート(セキュリティ修正を含む)を受け取っていないため、2015年XNUMX月以降、 現在サポートされているPHPバージョン (7.x)。

これを修正するには、可能であればホスティングコントロールパネルからPHPバージョンを切り替えるか、ホスティングプロバイダーのサポートに連絡してPHPバージョンを切り替えてください。

 

0
0
8919
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proの最小要件は何ですか?

Maps Marker Proをインストールするには、次の最小要件を満たしている必要があります。

  • PHP 5.4以降(現在の7.xバージョンが推奨され、PHPの互換性は7.0、7.1、7.2、7.3でテストされています)
  • WordPress 4.5以降または ClassicPress.
  • ライセンスキーを確認するには、サーバーがポート443経由でwww.mapsmarker.comに接続できる必要があります
0
0
5012
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはClassicPressと互換性がありますか?

ClassicPressは、WordPress(Gutenbergなし)の修正および拡張バージョンであり、次のURLで入手できます。 https://www.classicpress.net/.

Maps Marker ProはClassicPressにも対応しています。

1
0
4936
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはWordPress.comがホストするサイトで機能しますか?

いいえ。WordPress.comがホストするプラットフォームでは追加のプラグインをインストールできないため、Maps Marker Proをインストールできません。 Maps Marker Proは、自己ホスト型のWordPressインストールでのみ機能します。

0
0
4747
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProをWordPress MultiSiteインストールにインストールできますか?

はい、WordPress MultiSiteインストールにMaps Marker Proをインストールすることは可能です。 ライセンスモデルはドメインベースであるため、マルチサイトインストールにサブドメインを使用している場合は、ドメインごとにライセンスをアクティブ化する必要があることに注意してください。 メインドメインのサブディレクトリからサブサイトにアクセスできる場合でも、アクティブ化する必要があるのはメインサイトのみです。

詳細な情報と、ライセンスをサブサイトに伝達するためのツールツールが、ライセンス設定ページにあります。

0
0
7925
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

以前のバージョンのMaps Marker Proにロールバックするにはどうすればよいですか?

アップデート後に問題が発生した場合は、 サポートチケットを開く。 問題が深刻ですべてのユーザーに影響している場合は、できるだけ早く(通常は12〜24時間以内に)提供するホットフィックスの作業をすぐに開始します。

この修正が利用可能になるまで古いバージョンに戻す場合は、から以前のバージョンをダウンロードしてください。 https://www.mapsmarker.com/updates_pro/archive/ サーバーのプラグインファイルをディレクトリ/ wp-content / plugins / maps-marker-pro /(v4 +)または/ wp-content / plugins / leaflet-maps-marker-pro /(v3.1.1以下)で上書きします。

プラグインをアンインストールして再インストールすると、古いバージョンにロールバックしないでください。プラグインをアンインストールすると、すべての地図データも削除されます。

0
0
7939
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

このプラグインはWordPressマルチサイトと互換性がありますか?

WordPressマルチサイトインスタンスにMaps Marker Proをインストールするには、少なくともXNUMXつのライセンスが必要です。 プロバージョンには、ライセンスキーまたはカスタム設定をすべてのサブサイトに伝達できる追加の管理ツールも含まれています。

1
0
12628
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

このプラグインをwordpress.comで使用したい

残念ながら、wordpress.comのプラグインは自動で選択されるため、現時点ではこれは不可能です。 それにもかかわらず、あなたはにメールを書くことができます plugins@wordpress.org そして、このプラグインが将来含まれる可能性があるかどうかを尋ねます(私はそれを非常に感謝します

0
0
4711
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

最低限必要なWordPressバージョンは何ですか?

Maps Marker Proを実行するために最低限必要なWordPressバージョンは4.5です。とにかく、常に最新のWordPressバージョンに更新することをお勧めします。

0
0
10996
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

プラグインはPHP xxで動作しますか?

このプラグインを実行するには、サーバーに少なくともPHP 5.4がインストールされている必要があります。

0
0
9883
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


その他

機能リクエストを送信する場所

Maps Marker Proを改善する方法はありますか? その後、どちらかでお知らせください サポートチケットの送信 または私たちを使用して お問い合わせフォーム.

0
0
8150
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはGDPR / DSGVOに準拠していますか?

はい–私たちを見てください プライバシーポリシーをご覧ください。 これは、提供された個人情報の収集および使用方法を説明しています。

0
0
10375
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proはシェイプファイルをサポートしていますか?

現在、v4.0ではシェープファイル/ shpはサポートされていません。将来のリリース(リリース日はまだ利用できません)のためにサポートを追加するためにプレイしています。

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手したい場合は、 RSS経由でニュースを購読する、@をフォローMapsMarker ツイッターまたは Facebook.

0
0
9596
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

このフォームも使用したいのですが、ソースコードはオープンソースとして利用できますか?

はい、実際にダウンロードできるWordPressプラグインも作成しました http://wordpress.org/plugins/bitcoin-order-form-for-mapsmarkercom/ このコードは、Githubからも入手できます。 https://github.com/robertharm/bitcoin-order-form

このプラグインはMapsMarker.com用にカスタマイズされており、バックエンドで製品をカスタマイズするオプションがないことに注意してください。 開発者がホイールを再発明する必要がなく、サイトでカスタマイズされたバージョンを使用したい場合にのみコードの一部のフォームパラメータを変更するために、コードを開発者向けに共有しました。

0
0
14078
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proのライブデモを試すことはできますか?

はい:Map Maps Marker Proをライブでテストします https://demo.mapsmarker.com、バックエンドにログインしてMaps Marker Proの管理ページをテストする前に許可されている ライセンスの購入 or 30日間の無料試用を開始する あなたのサーバーで。

1
0
8335
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

プラグインの次のバージョンのXNUMXつで機能XYを使用したい

チェックしてください Maps Marker Proのロードマップ あなたの機能がすでにそこにリストされている場合。 そうでない場合は、そこにコメントを追加してください。

0
0
7395
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


価格

プラグインを販売したい。 リセラー割引はありますか?

はい、あります。 20%割引でライセンスを再販できるプログラムがあります。 Maps Marker Proの再販に興味がある場合は、 mapsmarker.com/reseller.

2
0
8681
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proのライブデモを試すことはできますか?

はい:Map Maps Marker Proをライブでテストします https://demo.mapsmarker.com、バックエンドにログインしてMaps Marker Proの管理ページをテストする前に許可されている ライセンスの購入 or 30日間の無料試用を開始する あなたのサーバーで。

1
0
8335
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proを使用したくない場合、払い戻しを受けることはできますか?

いいえ、申し訳ありませんが、できません。 購入者の反省を避けるために、購入する前に徹底的に試してみてください:Maps MarkerProは 無料の30日試用版 隠れたコストなしで、プラグインがニーズに適合し、ホスティング環境で実行されるかどうかをテストできます。 その間に質問が表示された場合は、お気軽に 私たちと連絡を取る.

1
0
5425
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

つまり、有効期限が切れていないライセンスキーは、ライセンスを一度購入した後、Maps Marker Proを永久に使用できることを意味しますか?

はい、それが私たちのやり方です。 更新を強制することはありませんが、頻繁な更新、最新バージョン、および非常に愛情のこもったサポートのライセンスを更新するように努力しています。

1
0
9406
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

30日間の無料試用期間後に義務はありますか?

いいえ、絶対にありません。 Maps Marker Proの全機能をテストできます 30日間無料 リスクを負うことなく。 30日後、有効なライセンスキーを入力しない限り、プラグインは機能しなくなります。 (無料のliteバージョンからアップグレードした場合は、元のバージョンに戻すことができます。)  

お客様のデータを第三者と共有することは決してありません。 プライバシーポリシーをご覧ください。 私たちの道徳的なコードの詳細については。

1
0
9621
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

データを失うことなく無料版に戻すことはできますか?

はい。プロアップグレードを使用して30日間の無料試用を開始し、30日間の無料試用期間が終了した後で無料バージョンにロールバックしたい場合、データを失うことなくこれを実行できます。

完全に書き直され、Leaflet MapsMarkerとコードベースを共有しないMapsMarker Pro v4.0以降、Maps Marker Pro v3.1.1で以前可能であったように、無料からプロへのロールバックは不可能になりました。 両方のプラグインが異なるデータベーステーブルを使用するため、これら4.0つのバージョンをいつでも切り替えることができます。ただし、Maps Marker Pro vXNUMX以降、プロバージョンの変更は無料バージョンに反映されなくなります。

1
0
5470
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

無料版からアップグレードするときに地図データを再利用できますか?

はい。MapsMarker Proでは、マップデータがMaps Marker Proデータベーススキーマに移行されるため、プラグインの無料バージョンで作成されたマーカーマップとレイヤーマップを使用できます。

2
0
8148
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

このプラグインを商用環境で使用できますか?

はい、Leaflet Maps MarkerとMaps Marker Proを商用で使用できます。 とにかく、使用するマップのライセンス条件の帰属リンクが、Webサイトのプラグインを通じて表示される各マップから削除されないようにする必要があります。 

Maps MarkerProはGPL2.0でライセンスされていませんが、もちろん商用コンテキスト内で使用することもできます。 プロバージョンでは、MapsMarker.comへのバックリンクを削除することもできます-をチェックしてください 利用規約 詳細はこちら

追加の登録が必要なジオコーディングまたはベースマッププロバイダーによっては、追加の要件が適用される場合があります。詳細については、サインアップする前に外部プロバイダーのToSを確認してください。

3
0
9203
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


リセラー

プラグインを販売したい。 リセラー割引はありますか?

はい、あります。 20%割引でライセンスを再販できるプログラムがあります。 Maps Marker Proの再販に興味がある場合は、 mapsmarker.com/reseller.

2
0
8681
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


トラブルシューティング

プラグインをアクティブ化できません–致命的なエラー:キャッチされないエラー:クラス 'MMP \ SPBAS'が見つかりません

致命的なエラー:キャッチされないエラー:クラス 'MMP \ SPBAS'が/wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/maps-marker-pro.php:111に見つかりません

プラグインのアクティブ化時に上記のエラーが発生する場合は、サーバーにセキュリティレイヤー(mod_securityなど)があり、特定の難読化されたMaps Marker Proファイルで削除された可能性があります。 これらのファイルは、ライセンス検証メカニズムを保護するためにデフォルトで難読化されており、セキュリティレイヤーが厳密に構成されている場合、これらのファイルは不正にマルウェアとして識別される可能性があります。

これを修正するには、v4.10以降にアップデートしてください。 それでも問題が解決しない場合は、 サポートチケットを開いてください.

これを修正するには、ホスティング業者に連絡して、セキュリティ層のホワイトリストに次の3つのファイルを追加するよう依頼してください。

  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/menu-license.php
  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/shortcodes.php
  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/spbas.php

これが行われた場合は、 現在のプラグインパッケージ (それぞれ使用しているバージョン 私たちのリリースアーカイブ 現在のファイルでない場合)、FTP経由で上記の3つのファイルを手動で再アップロードします。

0
0
4736
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

新聞のテーマを使用すると、Googleマップタイルが表示されない

テーマ新聞を使用している場合 Envato markeで利用可能Googleベースマップのマップタイルが表示されていない可能性があります。

これは、テーマのstyle.cssが原因です。すでにサポートに連絡しており、新聞テーマの新しいリリースで問題が修正されることを期待しています。

この修正が利用可能になるまで、新聞/テーマパネルに移動し、[カスタムコード]タブを選択して、[カスタムCSS]セクションに次のCSSを追加することでこの問題を回避できます。

body.td-animation-stack-type0 .td-animation-stack .entry-thumb,
body.td-animation-stack-type0 .post img {
    opacity: unset !important;
}

別の方法として、次のCSSを追加することもできます。

.maps-marker-pro img {
    opacity: 1 !important;
}

0
0
5628
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

保存ボタンが無効になっているため、マップまたはマーカーを更新できません

地図またはマーカー編集ページの「保存」ボタンが無効になっていてクリックできない場合は、プラグインの競合が原因である可能性があります。 これを確認するには、Maps Marker Pro以外の他のすべてのプラグインを無効にして、再試行してください。

これで問題が解決しない場合は、一般的なWordPress AJAXエンドポイントに問題がある可能性があります。 ブラウザコンソール(キーF11などで開くことができます)を調べて、エラーメッセージがないか確認します。 これらのエラーメッセージを サポートチケット よく見ることができます。

0
0
10365
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

ジオコーディングエラー「OVER_QUERY_LIMIT」

Googleをジオコーディングプロバイダーとして設定して住所をジオコーディングしようとすると、エラーOVER_QUERY_LIMITが発生する場合は、次の理由により、Google Maps Platform Webサービスの使用制限を超えていることを意味します。

  • XNUMX日あたりのリクエストの送信数が多すぎるなど
  • リクエストの送信が速すぎる、つまりXNUMX秒あたりのリクエストが多すぎる

上記の問題は、XNUMXつのアプローチを組み合わせることで対処できます。

  1. アプリケーションを最適化してWebサービスをより効率的に使用することにより、使用量を削減します。
  2. 可能な場合は、Google Maps APIs for Workライセンスの追加の許可を購入して、使用制限を増やします。

にログインすることをお勧めします Google APIコンソール そこで使用制限を確認して調整します。

別の方法として、別のものに切り替えることができます ジオコーディングプロバイダー.

1
1
14291
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

特定の住所または場所のジオコーディング結果はありません

Maps Marker Proでは、さまざまなジオコーディングプロバイダーから選択できるため、ニーズに応じて最良の結果を得ることができます。 利用可能なジオコーディングプロバイダーのリストとそれらをアクティブ化する方法の手順については、 https://www.mapsmarker.com/kb/article/geocoding/.

各ジオコーディングプロバイダーは、異なる更新サイクルで異なるソースを使用することに注意してください。 それにもかかわらず、確かに存在するアドレスに対して結果が見つからない場合もあります。 この場合は、別のジオコーディングプロバイダーに切り替えて、正確な住所がそこにあるかどうかを確認することをお勧めします。たとえば、すべてのアクティブなジオコーディングプロバイダーを表示するドロップダウンを使用します。

それでも結果が見つからない場合は、OpenStreetMapベースのすべてのジオコーディングサービス(Googleジオコーディングを除くすべて)が住所を送信することでデータセットを改善するのに役立ちます。 OpenStreetMapの住所データを改善する方法の詳細については、次のサイトをご覧ください。

0
0
12853
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

gpxファイルをアップロードしようとしたときに「セキュリティ上の理由でファイルタイプは許可されていません」エラー

この問題は、Maps Marker Pro v4.3以降で修正する必要があります。この修正を適用するには、最新バージョンに更新してください。

それでもこの問題が発生する場合は、次のコードをwp-config.phpに追加してください。これにより、.gpxファイルのアップロードが再度有効になります。

define('ALLOW_UNFILTERED_UPLOADS', true);

これがあなたのサイトで役に立たない場合、から利用可能な他のオプションを見てください この外部チュートリアル.

その後も引き続き問題が発生する場合は、 サポートチケットを開く.

3
0
8919
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マーカーアイコンウィンドウがマップと重なっています

マーカーのアイコンを変更したいが、アイコンの「変更」ボタンをクリックしたときにアイコンウィンドウがマップの後ろに隠れている場合、これは通常、プラグインの競合が原因です(一部のプラグインはベストプラクティスに従わず、javascriptと必要な場所だけでなく、すべての管理ページにあるCSSファイル)。

これを引き起こしているプラ​​グインを見つけて無効にするか、最後に次のコードを追加します。
これを修正するためのテーマのfunctions.php:

/ * Maps Marker Pro-jqueryuiを使用して他のプラグインまたはテーマによって非表示になっているアイコンモーダルの修正* / function mmp_icon_modal_visibility_workaround(){$ current_screen = get_current_screen(); if(($ current_screen-> base == 'maps-marker-pro_page_mapsmarkerpro_marker')||($ current_screen-> base == 'maps-marker-pro_page_mapsmarkerpro_map')){echo ' .ui-dialog { z-index: 99999 !important; } '; }} add_action( 'admin_head'、 'mmp_icon_modal_visibility_workaround');
0
1
13385
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

解析エラー:構文エラー、maps-marker-pro.phpに予期しないT_OBJECT_OPERATOR

Plugin could not be activated because it triggered a fatal error.
Parse error: syntax error, unexpected T_OBJECT_OPERATOR in /wp-content/plugins/maps-marker-pro/maps-marker-pro.php on line 66

Maps Marker Proをアクティブ化しようとしたときに上記のエラーが表示された場合は、通常、サーバーで使用されているPHPのバージョンが低すぎることを意味します。 

Maps Marker Proを正しく実行するには、少なくともPHP 5.4が必要です。PHP5.4はすでに古く、アップデート(セキュリティ修正を含む)を受け取っていないため、2015年XNUMX月以降、 現在サポートされているPHPバージョン (7.x)。

これを修正するには、可能であればホスティングコントロールパネルからPHPバージョンを切り替えるか、ホスティングプロバイダーのサポートに連絡してPHPバージョンを切り替えてください。

 

0
0
8919
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Googleベースマップの「開発目的のみ」エラー

デフォルトでは、Maps Marker Proは、必須のAPIキー登録なしで使用できるマップにOpenStreetMapを使用します。 ただし、Googleマップを使用している場合、Google APIキーの設定が不完全/正しくない場合、次の問題が発生する可能性があります。

Googleベースマップを使用してマップに「開発目的のみ」というエラーが表示された場合は、ブラウザコンソールを開いて(FirefoxまたはChromeでF12キーを押すなど)、[コンソール]タブに切り替えて詳細を確認してください。エラー:

上記の例では、エラーは NoApiKeysは、必須のGoogle Maps JavaScript APIキーが欠落していることを意味します。

とにかく、ほとんどのエラーは、GoogleマップのJavaScript APIキーに関連しています。これは、Googleマップを正しく表示するために必要です。

これを修正するには、次の手順に従ってください。

  1. Google Maps JavaScript APIキーを登録していることを確認してください。 チュートリアル 詳細については。 また、Google APIコンソールにクレジットカードの詳細が保存されていることを確認してください。これは、 Google ToSの変更 2018年夏から。
  2. あなたのエラーが RefererNotAllowedMapError からステップ6を再確認してください チュートリアル そして、マップが埋め込まれているドメインの承認されたリファラーが正しく設定されていることを確認してください。 *.yourdomain.com/*

他のすべてのエラーについては、次のエラーリファレンスをご覧ください。 https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/error-messages#deverrorcodes 可能な解決策も見つけるでしょう。

それでも解決しない場合は、 サポートチケット 喜んでお手伝いさせていただきます。

7
2
23927
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

v4に移行しようとすると、エラー「リ​​クエストの送信に失敗しました」

このエラーは、AJAX構成にそれぞれwp-admin / admin-ajax.phpエンドポイントに問題があることを示しています。

これを確認するには、ブラウザコンソールを開き(FirefoxまたはChromeのF12など)、[コンソール]タブに切り替えてページを再読み込みし、[移行の確認]をもう一度クリックして、追加のエラーメッセージがあるかどうかを確認してください。

そこにエラーメッセージが表示されない場合は、[ネットワーク]タブに切り替えてページを再読み込みし、[移行の確認]をもう一度クリックして、追加のエラーメッセージがあるかどうかを確認してください。

上の画面から、リクエストがステータス(= HTTPエラーコード)404で失敗したことがわかります。この例では、ファイル/wp-admin/admin-ajax.phpは利用できませんでした。

ただし、ここにはステータス500(=内部サーバーエラー)が表示される可能性が高くなります。 500内部サーバーエラーは、サーバーが例外をスローしたときにすべてのエラーをキャッチする一般的なものです。 これは、特定のエラーメッセージが適切でない場合のエラーメッセージであり、ほとんどの場合、サーバーの設定ミスまたは問題に直接関連しています。

それで、今何をしますか?

まず、Maps Marker Pro以外のすべてのプラグインを一時的に無効にして、この問題の原因がプラグインの競合ではないことを確認してください。

これで問題が解決しない場合は、リクエストが行われたときにPHPまたはApacheのエラーログなどのサーバーエラーログを確認してください。サーバーでこのエラーが発生した理由を知る手がかりとなる場合があります。

それでも解決しない場合は、次のチュートリアルのいずれかがこのサーバーエラーの理由を見つけるのに役立つかどうかを確認してください。

それでも解決しない場合は、ホスティングサポートに連絡して、移行ツールを実行しようとしたときに/wp-admin/admin-ajax.phpへのリクエストが失敗した理由を分析できるようにすることをお勧めします。

0
0
5200
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

コンソールエラー「MapsMarkerProが定義されていません」

マップが表示されず、ブラウザコンソールに「MapsMarkerProが定義されていません」というエラーが表示される場合は、次の手順に従ってください。

  1. キャッシュプラグインを使用している場合は、まず関連するキャッシュをすべてクリアしてください。
  2. まず、この問題の原因がプラグインの競合であるかどうかを確認します。 これを確認するには、Maps Marker Pro以外のすべてのプラグインを一時的に無効にして、もう一度試してください。
  3. これで結果が返されない場合は、テンプレートファイルにフックが含まれているかどうかを確認してください wp_head() header.phpおよび wp_footer() footer.php(Maps Marker Proからスクリプトとスタイルを適切にロードするために必要)。 
0
0
8157
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

(タブ内の)マップタイルが完全に読み込まれていない

マップが上記の例のように見える場合、またはマップがタブに埋め込まれている場合は、バックエンドで[タブ付き]オプションを有効にしてください。これにより、この問題が修正されます。

0
0
8120
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

「エラー:地図画像を読み込めませんでした」と表示されます

マップではなくこのエラーメッセージが表示される場合、いくつかの理由が考えられます。

最も可能性が高いのは、使用されている(外部)タイルサーバーが現在利用できないか、一時的な問題(メンテナンスウィンドウなど)があることです。 残念ながら、外部のタイルサーバーの可用性には直接的な影響はありません。MapsMarker Proでは、マップタイルを表示するために接続できます。 私たちの経験から、OpenStreetMapは非常に信頼性が高く、これらのエラーはほとんど発生しません。 

いずれにしても、エラーメッセージにも記載されているように、ユーザー側にインターネット接続の問題があり、外部のマップタイルサーバーを使用できても、マップタイルを読み込めない場合があります。

このエラーのXNUMX番目の理由(マップ構成の誤り)は、通常、カスタムタイルサーバー構成を使用する場合にのみ発生します(たとえば、特定のエリアのマップタイルのみを表示するカスタムベースマップを追加し、そのエリア外にマップをパンした場合)。

選択したXNUMXつのタイルサービスプロバイダーでこの問題が頻繁に発生する場合は、マップの別のタイルサービスプロバイダーに切り替えてみてください。

1
0
13780
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

「GeoRedirect」プラグインとの非互換性を修正する方法

プラグイン「地域リダイレクト」を使用すると、訪問者をリダイレクトしたり、国に応じて言語を切り替えたりできます。 残念ながら、2013年以降更新はなく、このプラグインをMaps Marker Proと一緒に使用すると、レイヤーマップが破損します(マーカーの読み込みに必要なleaflet-geojson.php呼び出しもリダイレクトされます)。

これを修正するには、ファイル/wp-content/plugin/geographical-redirect/geo-redirect.phpを開いてください

コードを見つける

    パブリック関数checkIfRedirectNeeded()
    {
        if(!is_array($ this-> geo_redirect_data))
            戻り値;

と、それを置き換える

    パブリック関数checkIfRedirectNeeded()
    {
        // info:Maps Marker Proリクエストをリダイレクトしない
        $ request_uri = $ this-> request_uri;
        if(stripos($ request_uri、 'geojson')!== FALSE){
            戻り値;
        }
        if(!is_array($ this-> geo_redirect_data))
            戻り値;

ファイルを保存します。 その結果、レイヤーマップは再び機能するはずです。

0
0
9379
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

地理位置情報エラー:秘密の起源のみが許可されています/ httpsが必要です

Chrome 50以降、Firefox 55以降、Safari 10以降では、地理位置情報のサポートに大幅な変更が関連するブラウザベンダーによって導入されました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)のみが許可されます。サイトがhttps経由で安全に配信されるように設定されている場合、ユーザーの現在の位置を取得する必要がなくなりました。代わりに、次の警告または同様の警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefoxなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。 サファリ またはInternetExplorer –とにかく、これらのブラウザも将来同様のセキュリティ制限を追加する可能性があります。

2016年10月の更新:iOS 10以降、Safari XNUMX以降でもジオロケーションをサポートするためにhttpsが必要になりました。 実装はGoogle Chromeよりもさらに厳格です。たとえば、サイトに混合コンテンツの警告がある場合、地理位置情報は機能しません。

アップデート2017:Firefox 55以降では、ジオロケーションにアクセスするためにhttpsも必要です(詳細を見る)

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合(v2.7では、ユーザーの現在の位置に基づいてマーカーのリストをソートできるため、さらに使いやすくなります)、サイトを次の場所に移行することを強くお勧めしますhttps。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています Letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsには、Google Chrome 50以降とSafari 10以降でジオロケーションを使用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトの利点があります。まだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに切り替えることを強くお勧めします。

サイトをhttpsに切り替えてもジオロケーションエラー(「ジオロケーションエラー:ユーザーがジオロケーションを拒否しました」など)が引き続き発生する場合は、アプリ/ Webサイトがジオロケーションを取得できるかどうか、デバイスのロケーション設定を確認してください。

2
0
7426
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Enriesテーマとの非互換性をkriesi.atで解決する方法

28年2016月2.8日更新:Maps Marker Pro v3.11、Leaflet Maps Marker vXNUMX以降を使用している場合、次の回避策は不要になりました。

によってpopplar Enfoldテーマ kriesi.at すべての管理ページでGoogle JavaScriptをキューに入れるため、Google Autocomplete API(=アドレス検索)が機能しなくなります。 これを修正するには、テーマによって追加されたマッピング機能を完全に無効にする必要があります。

wp-content / themes / enfold / functions.php(使用している場合は、子テーマのfunctions.phpをそれぞれ)を開き、下部に次のコードを追加します。

add_filter('avf_load_google_map_api', 'disable_google_map_api', 10, 1);
function disable_google_map_api($load_google_map_api) {
        $load_google_map_api = false;
        return $load_google_map_api;
}

詳細は http://www.kriesi.at/support/topic/google-maps-element-javascript-conflict-with-maps-marker-pro-plugin/

0
0
5193
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

新しいバージョンに関するプラグインの更新通知が表示されない

Maps Marker Proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps MarkerPro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「手動で更新を確認する」リンクが表示されない場合、またはリンクをクリックしても、 最新バージョン 利用可能です。次の手順に従ってください。

まず、v1.5.9またはv1.6を使用しているかどうかを確認してください。 v1.5.9では、SSLを介したプラグイン更新の配信が追加され、セキュリティが強化されました。 残念ながら、この機能は正常に動作しますが、SSLライブラリが古いか不完全なサーバーでは問題が発生する可能性があることがわかりました。 これにより、プラグインがmapsmarker.comと通信して新しいプラグインの更新を確認することができなくなります。

これを修正するには、手動で最新バージョンに更新してください。これには、それらのサーバーの回避策が含まれています。 プラグインを手動で更新するには、から最新のパッケージをダウンロードしてください https://mapsmarker.com/download-pro、プラグインパッケージを解凍し、解凍したフォルダ/ maps-marker-pro /からFTP経由でサーバーにファイルをコピーし、ディレクトリyoudomain.com/wp-content/のすべてのファイルとサブディレクトリを上書きします。プラグイン/マップ-マーカー-プロ/

注:WordPress管理インターフェースからプラグインをアンインストールして再インストールすると、作成されたすべてのマップがアンインストール時に削除されます。すでにマップを作成している場合は、FTP経由で手動で更新してください。

最新バージョンに更新しても問題が解決しない場合は、ホスティング業者に問い合わせてください。 サーバーがhttps://www.mapsmarker.com(GETリクエスト、ポート443)と直接通信できないようにする特別なセキュリティ対策があるかもしれません

サーバーがプロキシ経由の直接接続のみを許可している可能性もあります(WordPressコアまたはプラグインの更新を受信して​​いない場合は、これを確認できます)。 この場合、プロキシサーバーをwp-config.phpで構成する必要があります(プロキシの詳細については、ホスティング業者に問い合わせてください)。

define('WP_PROXY_HOST', '192.168.xx.xxx');
define('WP_PROXY_PORT', '8080');
define('WP_PROXY_USERNAME', 'my_user_name');
define('WP_PROXY_PASSWORD', 'my_password');
define('WP_PROXY_BYPASS_HOSTS', 'localhost, www.example.com');

プロキシを使用していないにもかかわらず、新しいプラグインのバージョンが利用可能であることが表示されない場合は、デバッグバープラグインをインストールしてください https://wordpress.org/extend/plugins/debug-bar/。 このプラグインを使用すると、mapsmarker.com上の更新サーバーへの通信をデバッグできます。 このプラグインのアクティブ化後、クリックしてください デバッグ 管理バーで選択します PUC(リーフレットマップマーカープロ) サイドバーから。 その後、ボタンをクリックして更新サーバーとの通信を確認できます 詳細情報リクエスト および 今すぐ確認:

debug-bar-steps

あなたまたはあなたのホスティング業者がデバッグバープラグインから取得した情報についてあなたを助けることができない場合は、どうぞ サポートチケットを開く そして私たちはあなたがあなたの問題を解決するのを助けて喜んでいます!

2
0
8611
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

「エラー:新しいローカルライセンスキーを取得できませんでした。」 ライセンスアクティベーション後に表示されます

接続エラー

ライセンス設定ページでライセンスキーをアクティブ化しようとした後に上記のエラーが表示された場合は、サーバーがライセンス検証のためにhttps://www.mapsmarker.comに接続できなかったことを意味します。

こちらからホスティング業者にお問い合わせください。 サーバーがhttps://www.mapsmarker.com(GETリクエスト、ポート443)と直接通信できないようにする特別なセキュリティ対策があるかもしれません

サーバーがプロキシ経由の直接接続のみを許可している可能性もあります(WordPressコアまたはプラグインの更新を受信して​​いない場合は、これを確認できます)。 この場合、プロキシサーバーをwp-config.phpで構成する必要があります(プロキシの詳細については、ホスティング業者に問い合わせてください)。

define('WP_PROXY_HOST', '192.168.xx.xxx');
define('WP_PROXY_PORT', '8080');
define('WP_PROXY_USERNAME', 'my_user_name');
define('WP_PROXY_PASSWORD', 'my_password');
define('WP_PROXY_BYPASS_HOSTS', 'localhost, www.example.com');

それでも解決しない場合は、どうぞ サポートチケットを開く そして私たちはあなたがあなたの問題を解決するのを助けて喜んでいます!

0
0
4860
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マーカーを保存すると、「ID 0のマーカーが存在しません!」というエラーが表示されます。

このFAQは、Maps Marker Pro v3.1.1以下でのみ有効です。

Maps Marker Proに必要なデータベーステーブルがデータベースツール(通常はphpmyadmin)にログインして作成されているかどうかを確認し、テーブルが

  • wp_leafletmapsmarker_markersおよび
  • wp_leafletmapsmarker_layers

存在します。 はいの場合、WordPressデバッグをオンにしてください(追加して define( 'WP_DEBUG'、true); wp-config.php)に、可能であればPHPエラーログを確認し、 サポートチケット ログに記録された結果。

0
0
8102
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Googleマップの道順を使用する際の出発点が正しくない

デフォルトでは、Googleマップは、マップパネルのルートリンクおよび各マーカーのポップアップテキストに追加されたルートリンクのルートプロバイダーとして使用されます。

現在地の住所を入力した場合、この住所はルートの出発地として使用されます。緯度と経度の座標のみを入力した場合(住所フィールドが空の場合)、これらの座標はルートの出発地として使用されます。

開いたGoogleマップの出発点が間違っていることに気付いた場合は、Googleがデフォルトで常に優先する交通手段として車を使用してルートを計算するためです。 そのため、車で到達できる最寄りの場所が開始点として自動的に取得されます。

残念ながら、これはバグではなく機能であるため、Googleマップでは修正できません😉–とにかく、この問題に対処する方法はいくつかあります。

–徒歩ルートのみに依存している場合は、[設定] / [ルート設定] / [Googleマップのルート設定]に移動し、[徒歩ルート]チェックボックスをオンにします。

–それが選択できない場合(この方向では車の道路は無視されます)、[設定] / [方向]設定/ [一般的な方向]設定に移動し、現在地の座標を正確に取得するBingMapsなどの別の方向プロバイダーを設定してください開始点は変更されません。

0
2
9583
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

HTML5フルスクリーンモードがiframe内のマップで機能しない

iframe-tagを使用して地図を埋め込んだ場合、HTLM5-fullscreen-mode(プロバージョンのみ)を機能させるには、このタグに次のコードを追加する必要があります。

allowfullscreen =” true” mozallowfullscreen =” true” webkitallowfullscreen =” true”

0
0
7219
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

「地図を読み込んでいます-お待ちください…」しか表示されず、地図が表示されません

この問題を分析するには、次のチュートリアルに従ってください。 https://www.mapsmarker.com/kb/article/need-support-please-read-me-first/

0
1
9818
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

「マップを読み込めませんでした– Javascriptを有効にしてください!」というエラーが表示されます。

Maps Marker Proで地図を表示するには、JavaScriptをサポートするブラウザが必要です。 一般的なブラウザの現在のバージョン(Firefoxの, クロム、Internet ExplorerまたはSafari)はそのままでJavascriptをサポートします–古いバージョンを使用している場合は、現在のバージョンに更新してください(一般的に、その恩恵を受けると思います!)。

これで問題が解決しない場合は、NoScriptなどの同じJavascriptブロックアドオン/プラグインがインストールされてアクティブになっているかどうかを確認してください。マップを表示するには、これらのアドオンを無効にする必要があります。

これでも問題が解決しない場合は、 サポートチケットを開く マップが表示されない理由を詳しく見ていきます。

1
1
29358
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

他のプラグインとの既知の非互換性

Leaflet Maps Markerのv2.1で、互換性のないプラグインの自動チェックと、対応するバグを解決する方法(可能な場合)を追加しました。 非互換性が見つかった場合、管理者への通知(および、可能な場合はこれを解決する方法の説明)がWordPress管理領域に表示されます。 このリストは、新しいリリースごとに自動的に更新されます。

0
0
8370
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

ARCHIVE –データベース警告「auto_increment列の値が0である行が見つかりました」(v3.1.1以下のみ)

このFAQはMaps Marker Pro v3.1.1以下でのみ有効です!

BackWPupなどのバックアッププラグインを使用したり、phpmyadminを介してデータベースで直接作業したりすると、次の警告に気付く場合があります。

警告:wp_leafletmapsmarker_layersのテーブルチェックの結果は次のとおりです:auto_increment列の値が0の行が見つかりました

これは通常、心配する必要はありません。テーブルwp_leafletmapsmarker_layersは値0で始まるように設計されています。残念ながら、警告を抑制するためにこれを変更することはできません。レイヤー0は、レイヤーに割り当てられていないすべてのマーカーに使用されるためです。

1
0
4937
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


マップの操作–GPXトラック

gpxファイルをアップロードしようとしたときに「セキュリティ上の理由でファイルタイプは許可されていません」エラー

この問題は、Maps Marker Pro v4.3以降で修正する必要があります。この修正を適用するには、最新バージョンに更新してください。

それでもこの問題が発生する場合は、次のコードをwp-config.phpに追加してください。これにより、.gpxファイルのアップロードが再度有効になります。

define('ALLOW_UNFILTERED_UPLOADS', true);

これがあなたのサイトで役に立たない場合、から利用可能な他のオプションを見てください この外部チュートリアル.

その後も引き続き問題が発生する場合は、 サポートチケットを開く.

3
0
8919
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

フィットネストラッカーのトラックを地図に表示できますか?

フィットネストラッカー(ガーミンフィットなど)で記録されたトラックをGPX形式でエクスポートできる場合、それらのファイルは通常、Maps Marker Proを使用して地図に表示することもできます。

これらのトラックを表示するには、新しいマップを作成し、[GPX]タブに切り替えて、[メディアライブラリを開く]ボタンをクリックすることから始めます。

次のステップとして、[ファイルのアップロード]タブに切り替え、gpxファイルを選択してアップロードし、[選択]ボタンをクリックして終了します。

その結果、GPXトラックがマップに表示され、オプションでその設定をさらにカスタマイズできます(すべてのオプションを高度なエディターに切り替えることをお勧めします)。

0
0
5021
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マップに複数のGPXトラックを追加できますか?

マップに追加できるGPXファイルはXNUMXつだけです。XNUMXつのマップに複数のGPXトラックを表示する場合は、最初にそれらのファイルをマージする必要があります。次のオンラインツールを使用できます。 https://www.gpsvisualizer.com/convert_input この目的のために:

(マージするGPXファイルをアップロードし、[変換]をクリックします)。

Since v4.0 ただし、XNUMXつのGPXファイル内の複数のトラックもサポートされており、立面図の関連するコントロールボックスで選択できます。

1
0
10760
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

GPXトラックを地図上に手動で描くことはできますか?

v4.3以降、ポリラインのサポートを追加しました。これにより、ポリライン、ポリゴン、円、長方形などのジオメトリレイヤーを使用して、マップ上に直接描画できます。

ポリラインの編集方法については、次のアニメーションをご覧ください(Sumit Kunarの厚意によるアニメーション–アニメーションにあるマーカー追加機能はMaps Marker Proではサポートされていないことに注意してください–マーカーを追加する場合は、 「マーカーの追加」機能):

1
2
8881
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

ルート(GPX)をマップに表示できますか?

はい、この機能はMaps Marker Pro以降で利用できます v1.2.

Since v4.0 XNUMXつのファイル内のGPX標高チャート、ウェイポイント、および複数のトラックもサポートされています。

0
0
4999
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。


マーカーの操作

複数のマップにマーカーを追加できますか?

はい、Maps Marker Pro v4.0以降ではこれが可能です。 

バックエンドのマーカーを開き、マップ選択ボックスから割り当てたいマップを選択します:

0
0
4829
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

カスタムマップアイコンを追加できますか?

はい、マーカーには1000以上のアイコンから選択できます https://mapicons.mapsmarker.com –新しいアイコンをアップロードして使用する方法の詳細については、こちらをご覧ください。 このユーザーガイド.

0
0
8054
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。





専用の1:1サポートについては、カスタマーエリアにログインして、 新しいサポートチケットを開く.

en English
X