FAQ

Maps Marker ProでMapboxマップを使用できますか?

Mapboxマップでは、Mapsbox独自のマッピングエンジンを使用する必要があります。これは、プラグインのベースとなっているマッピングエンジン(リーフレット)と競合します。 その上、新しいMapboxマップはベクターマップですが、Maps MarkerProはラスターマップを使用します。 したがって、現時点では、新しいMapboxStudioマップをサポートする予定はありません。 カスタムレイヤーとして追加することで、バージョン4でも、Mapboxが提供する限り、クラシックスタイルを引き続き使用できます。

0
0
13
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

プラグインをアクティブ化できません–致命的なエラー:キャッチされないエラー:クラス 'MMP \ SPBAS'が見つかりません

致命的なエラー:キャッチされないエラー:クラス 'MMP \ SPBAS'が/wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/maps-marker-pro.php:111に見つかりません

プラグインのアクティブ化時に上記のエラーが発生する場合は、サーバーにセキュリティレイヤー(mod_securityなど)があり、特定の難読化されたMaps Marker Proファイルで削除された可能性があります。 これらのファイルは、ライセンス検証メカニズムを保護するためにデフォルトで難読化されており、セキュリティレイヤーが厳密に構成されている場合、これらのファイルは不正にマルウェアとして識別される可能性があります。

これを修正するには、v4.10以降にアップデートしてください。 それでも問題が解決しない場合は、 サポートチケットを開いてください.

これを修正するには、ホスティング業者に連絡して、セキュリティ層のホワイトリストに次の3つのファイルを追加するよう依頼してください。

  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/menu-license.php
  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/shortcodes.php
  • /wp-content/plugins/maps-marker-pro/classes/spbas.php

これが行われた場合は、 現在のプラグインパッケージ (それぞれ使用しているバージョン 私たちのリリースアーカイブ 現在のファイルでない場合)、FTP経由で上記の3つのファイルを手動で再アップロードします。

0
0
4717
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

WordPressの「このページへのアクセスは許可されていません」というエラーを修正する方法

このエラーをデバッグして修正する方法に関するガイドラインについては、次の外部チュートリアルをご覧ください。 https://kinsta.com/knowledgebase/sorry-you-are-not-allowed-to-access-this-page-error-in-wordpress/

0
0
7790
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

新聞のテーマを使用すると、Googleマップタイルが表示されない

テーマ新聞を使用している場合 Envato markeで利用可能Googleベースマップのマップタイルが表示されていない可能性があります。

これは、テーマのstyle.cssが原因です。すでにサポートに連絡しており、新聞テーマの新しいリリースで問題が修正されることを期待しています。

この修正が利用可能になるまで、新聞/テーマパネルに移動し、[カスタムコード]タブを選択して、[カスタムCSS]セクションに次のCSSを追加することでこの問題を回避できます。

body.td-animation-stack-type0 .td-animation-stack .entry-thumb,
body.td-animation-stack-type0 .post img {
    opacity: unset !important;
}

別の方法として、次のCSSを追加することもできます。

.maps-marker-pro img {
    opacity: 1 !important;
}

0
0
5608
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

保存ボタンが無効になっているため、マップまたはマーカーを更新できません

地図またはマーカー編集ページの「保存」ボタンが無効になっていてクリックできない場合は、プラグインの競合が原因である可能性があります。 これを確認するには、Maps Marker Pro以外の他のすべてのプラグインを無効にして、再試行してください。

これで問題が解決しない場合は、一般的なWordPress AJAXエンドポイントに問題がある可能性があります。 ブラウザコンソール(キーF11などで開くことができます)を調べて、エラーメッセージがないか確認します。 これらのエラーメッセージを サポートチケット よく見ることができます。

0
0
10348
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

レスポンシブマップを作成する方法

デフォルトでは、Maps Marker Proで作成されたマップはレスポンシブです。つまり、マップの幅は、マップが埋め込まれている親HTML要素の幅に適応します。これにより、たとえば、モバイルの対応する幅に合わせてマップが小さなデバイスでサイズ変更されます端末。

マップのレスポンシブ機能を無効にする場合は、バックエンドでマップを開き、[インタラクション]タブに切り替えて、[レスポンシブ]オプションを無効にしてください。

0
0
10437
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

機能リクエストを送信する場所

Maps Marker Proを改善する方法はありますか? その後、どちらかでお知らせください サポートチケットの送信 または私たちを使用して お問い合わせフォーム.

0
0
8130
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

ジオコーディングエラー「OVER_QUERY_LIMIT」

Googleをジオコーディングプロバイダーとして設定して住所をジオコーディングしようとすると、エラーOVER_QUERY_LIMITが発生する場合は、次の理由により、Google Maps Platform Webサービスの使用制限を超えていることを意味します。

  • XNUMX日あたりのリクエストの送信数が多すぎるなど
  • リクエストの送信が速すぎる、つまりXNUMX秒あたりのリクエストが多すぎる

上記の問題は、XNUMXつのアプローチを組み合わせることで対処できます。

  1. アプリケーションを最適化してWebサービスをより効率的に使用することにより、使用量を削減します。
  2. 可能な場合は、Google Maps APIs for Workライセンスの追加の許可を購入して、使用制限を増やします。

にログインすることをお勧めします Google APIコンソール そこで使用制限を確認して調整します。

別の方法として、別のものに切り替えることができます ジオコーディングプロバイダー.

1
1
14273
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

特定の住所または場所のジオコーディング結果はありません

Maps Marker Proでは、さまざまなジオコーディングプロバイダーから選択できるため、ニーズに応じて最良の結果を得ることができます。 利用可能なジオコーディングプロバイダーのリストとそれらをアクティブ化する方法の手順については、 https://www.mapsmarker.com/kb/article/geocoding/.

各ジオコーディングプロバイダーは、異なる更新サイクルで異なるソースを使用することに注意してください。 それにもかかわらず、確かに存在するアドレスに対して結果が見つからない場合もあります。 この場合は、別のジオコーディングプロバイダーに切り替えて、正確な住所がそこにあるかどうかを確認することをお勧めします。たとえば、すべてのアクティブなジオコーディングプロバイダーを表示するドロップダウンを使用します。

それでも結果が見つからない場合は、OpenStreetMapベースのすべてのジオコーディングサービス(Googleジオコーディングを除くすべて)が住所を送信することでデータセットを改善するのに役立ちます。 OpenStreetMapの住所データを改善する方法の詳細については、次のサイトをご覧ください。

0
0
12836
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マップの詳細設定をアクティブにする方法

Maps Marker Proには、マップに設定できる多くのオプションが用意されています。 スリムなバックエンドインターフェースを維持するために、マップエディターの詳細設定はデフォルトで無効になっており、多くの場合、高度な使用のみのオプションは非表示になっています。

「詳細設定を表示」ラジオボタンを切り替えて詳細設定を表示すると、地図編集画面のサブタブごとに表示される追加設定が表示されます。 タブマップの例:

 

このボタンを切り替えると、設定が自動的に保存されるため、次回マップ編集画面を開いたときに、前回の設定が再利用されます。

0
0
7985
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

GeoJSONインポーターの使用時にマーカーをマップに割り当てる方法

GeoJSONインポート機能を使用するときにマーカーをマップに割り当てる場合は、マーカーのマップIDを maps プロパティ属性。 マーカーがID 1および2のマップに追加される例:

 
{"type": "FeatureCollection"、 "features":[{"type": "Feature"、 "geometry":{"type": "Point"、 "coordinates":["16.372500"、 "48.208300"]} 、 "properties":{"id": "56"、 "name": "Headquarters"、 "address": "Main Street"、 "zoom": "10.0"、 "icon": ""、 "popup": 「これは当社の本社です」、「リンク」:「」、
                「マップ」:「1,2」
            }}]}

 

GeoJSONインポーターの使用時にマーカーをマップに割り当てない場合は、値を使用してください null

1
1
35881
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マップとマーカーを一括更新する方法

マップとマーカーを一括更新/変更するためのツールがv4.1で追加されました。 を参照してください 関連リリースノート 詳細については。

0
0
8944
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

gpxファイルをアップロードしようとしたときに「セキュリティ上の理由でファイルタイプは許可されていません」エラー

この問題は、Maps Marker Pro v4.3以降で修正する必要があります。この修正を適用するには、最新バージョンに更新してください。

それでもこの問題が発生する場合は、次のコードをwp-config.phpに追加してください。これにより、.gpxファイルのアップロードが再度有効になります。

define('ALLOW_UNFILTERED_UPLOADS', true);

これがあなたのサイトで役に立たない場合、から利用可能な他のオプションを見てください この外部チュートリアル.

その後も引き続き問題が発生する場合は、 サポートチケットを開く.

3
0
8897
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

マーカーアイコンウィンドウがマップと重なっています

マーカーのアイコンを変更したいが、アイコンの「変更」ボタンをクリックしたときにアイコンウィンドウがマップの後ろに隠れている場合、これは通常、プラグインの競合が原因です(一部のプラグインはベストプラクティスに従わず、javascriptと必要な場所だけでなく、すべての管理ページにあるCSSファイル)。

これを引き起こしているプラ​​グインを見つけて無効にするか、最後に次のコードを追加します。
これを修正するためのテーマのfunctions.php:

/ * Maps Marker Pro-jqueryuiを使用して他のプラグインまたはテーマによって非表示になっているアイコンモーダルの修正* / function mmp_icon_modal_visibility_workaround(){$ current_screen = get_current_screen(); if(($ current_screen-> base == 'maps-marker-pro_page_mapsmarkerpro_marker')||($ current_screen-> base == 'maps-marker-pro_page_mapsmarkerpro_map')){echo ' .ui-dialog { z-index: 99999 !important; } '; }} add_action( 'admin_head'、 'mmp_icon_modal_visibility_workaround');
0
1
13362
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker Proをアンインストールする方法

Maps Marker Proをアンインストールする場合は、WordPressサイトに管理者アカウントでログインし、プラグインに移動して、まずMaps Marker Proを非アクティブ化してください。

次のステップとして、「削除」をクリックしてください。

次のステップとして、「OK」をクリックして削除を確認してください(注意:作成されたすべてのマップとマーカーも削除され、バックアップを復元しない限り、このアクションを取り消すことはできません!)

お客様のアカウントとサーバー上のライセンスも削除する場合は、 サポートチケットを開く.

0
0
8256
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはGutenberg / WordPress 5.xと互換性がありますか?

はい、Maps Marker ProはWordPress 5および新しいGutenbergエディターと互換性があります。 Maps Marker Proの一般的な最小要件については、 このFAQ.

今後のリリースでは、カスタムマップブロックも追加する予定です。これにより、マップのショートコードを簡単に検索して追加できます(その後、マップのショートコードをコピーしてブロックに貼り付ける必要があります)。

ステップ1-たとえば、マップ編集ページからショートコードをコピーします

ステップ2–ショートコードをグーテンベルクエディターに貼り付けると、ショートコードブロックが自動的に作成されます

0
0
8313
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Maps Marker ProはGDPR / DSGVOに準拠していますか?

はい–私たちを見てください プライバシーポリシー これは、提供された個人情報の収集および使用方法を説明しています。

0
0
10357
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

解析エラー:構文エラー、maps-marker-pro.phpに予期しないT_OBJECT_OPERATOR

Plugin could not be activated because it triggered a fatal error.
Parse error: syntax error, unexpected T_OBJECT_OPERATOR in /wp-content/plugins/maps-marker-pro/maps-marker-pro.php on line 66

Maps Marker Proをアクティブ化しようとしたときに上記のエラーが表示された場合は、通常、サーバーで使用されているPHPのバージョンが低すぎることを意味します。 

Maps Marker Proを正しく実行するには、少なくともPHP 5.4が必要です。PHP5.4はすでに古く、アップデート(セキュリティ修正を含む)を受け取っていないため、2015年XNUMX月以降、 現在サポートされているPHPバージョン (7.x)。

これを修正するには、可能であればホスティングコントロールパネルからPHPバージョンを切り替えるか、ホスティングプロバイダーのサポートに連絡してPHPバージョンを切り替えてください。

 

0
0
8902
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

Googleベースマップの「開発目的のみ」エラー

デフォルトでは、Maps Marker Proは、必須のAPIキー登録なしで使用できるマップにOpenStreetMapを使用します。 ただし、Googleマップを使用している場合、Google APIキーの設定が不完全/正しくない場合、次の問題が発生する可能性があります。

Googleベースマップを使用してマップに「開発目的のみ」というエラーが表示された場合は、ブラウザコンソールを開いて(FirefoxまたはChromeでF12キーを押すなど)、[コンソール]タブに切り替えて詳細を確認してください。エラー:

上記の例では、エラーは NoApiKeysは、必須のGoogle Maps JavaScript APIキーが欠落していることを意味します。

とにかく、ほとんどのエラーは、GoogleマップのJavaScript APIキーに関連しています。これは、Googleマップを正しく表示するために必要です。

これを修正するには、次の手順に従ってください。

  1. Google Maps JavaScript APIキーを登録していることを確認してください。 チュートリアル 詳細については。 また、Google APIコンソールにクレジットカードの詳細が保存されていることを確認してください。これは、 Google ToSの変更 2018年夏から。
  2. あなたのエラーが RefererNotAllowedMapError からステップ6を再確認してください チュートリアル そして、マップが埋め込まれているドメインの承認されたリファラーが正しく設定されていることを確認してください。 *.yourdomain.com/*

他のすべてのエラーについては、次のエラーリファレンスをご覧ください。 https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/error-messages#deverrorcodes 可能な解決策も見つけるでしょう。

それでも解決しない場合は、 サポートチケット 喜んでお手伝いさせていただきます。

7
2
23893
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

en English
X