アーカイブ– csv / xls / xlsx / odsのインポートおよびエクスポート機能の使用方法(v3.1.1以下)

重要:このチュートリアルは、Maps Marker Proバージョン3.1.1までのみ有効です。バージョン4.0では、この機能は最適化されたGeoJSONインポート/エクスポート機能に置き換えられています。関連するチュートリアルは次の場所にあります。 https://www.mapsmarker.com/import-export

Maps Marker Proでは、統合されたインポート/エクスポート機能を使用して、マーカーとレイヤーの一括更新を簡単に実行できます。 以下に、これらの機能のドキュメントを示します。

インデックス


キーポイント

  • インポートを使用して、新しいマーカーまたはレイヤーを一括作成したり、既存のマーカーまたはレイヤーを一括更新したりできます
  • 利用可能なエクスポート形式:XLSX、XLS、CSV、ODS
  • 利用可能なインポート形式:XLSX、XLS、CSV、ODS
  • 推奨される形式:使いやすさと引用符の処理の改善により、XLSXまたはODS
  • フォーマットとしてCSVを使用する場合は重要です。セミコロンを使用してください。 区切り文字として、二重引用符”を一重引用符 'に置き換えます
  • ポップアップテキストでのhtmlタグの使用が可能です(ここでも、CSVファイルでは一重引用符を使用してください!)
  • XLSX形式のみが「ネイティブハイパーリンク」を許可します(たとえば、Excelで右マウスクリック/ハイパーリンクの追加によって作成されます)
  • 他のユーザーのマーカー/レイヤーの編集に必要なユーザーロールを持つユーザーのみがインポートを実行できます(デフォルト:管理者のみ/機能activate_plugins)
  • すべてのマーカーとレイヤーをあるサイトから別のサイトに転送する場合は、最初に古いサイトからすべてのレイヤーマップをエクスポート/インポートしてから、新しいサイトのすべてのマーカーマップをエクスポート/インポートする必要があります。以下の関連する注釈も参照してください。

インデックスに戻る


別のサイトからのマップのコピーに関する重要な注意事項

インポート/エクスポート機能を使用して、マーカーとレイヤーマップをあるサイトから別のサイトにコピーできます。 とにかく、古いサイトから新しいサイトにレイヤーをインポートした後、レイヤーIDが異なる場合があることに注意してください。 (たとえば、古いサイトでは、レイヤーIDは1,2,4,7でしたが、レイヤーがまだ作成されていない新しいサイトでは、ID 1,2,3,4が取得されていました)

したがって、古いサイトのマーカーも新しいサイトの同じレイヤーに割り当てるには、列の値を変更する必要がある場合があります 古いサイトの関連マーカーインポートファイルで、新しいサイトの新しいレイヤーIDに合わせます!

追加するレイヤーの数に応じて、別のサイトからレイヤーとマーカーをコピーする簡単な方法は、phpmyadminなどのツールを使用して、古いサイトにある次のデータベーステーブルをエクスポートし、新しいサイトにインポートすることです。 wp_pro_current_leafletmapsmarker_layers 更に wp_pro_current_leafletmapsmarker_markers

インデックスに戻る


スタート画面のインポート/エクスポート

マーカーのインポートまたはエクスポートを開始するには、プラグインのメニュー内の[インポート/エクスポート]に移動してください。

import-select-action

インデックスに戻る


マーカーのエクスポート

既存のマーカーの一括更新を行うには、最初にマーカーをエクスポートする必要があります。 次のステップとして、「エクスポートの準備」インターフェースをクリックします。 

エクスポート画面 

次に、エクスポートするマーカーを選択します。そのためにさまざまなフィルターを使用できます。 デフォルトでは100個のマーカーのみがエクスポートされるため、必要に応じてこの数を増やしてください。 エクスポート形式を選択し(XLSXまたはODSを推奨)、エクスポートを開始します。選択したマーカーの目的の形式でのダウンロードがすぐに開始されます。

インデックスに戻る


マーカーのインポート

マーカーが特定のレイヤーに割り当てられている場合、マーカーをインポートする前にこのレイヤーが存在している必要があることに注意してください。 インポートファイルから指定されたレイヤーIDを持つレイヤーが使用できない場合、マーカーはどのレイヤーにも割り当てられません。 したがって、あるサイトから別のサイトにすべてのマーカーとレイヤーを転送する場合は、最初にすべてのレイヤーをエクスポート/インポートしてから、すべてのマーカーをエクスポート/インポートする必要があります。 インポートを準備するためのインターフェースの下–利用可能なオプションを以下に説明します。 

インポート画面

インデックスに戻る


インポートテンプレートファイルをダウンロードする

以下に、使用可能なすべてのフォーマットのインポートテンプレートを示します。 これらには、新しいマーカーを作成する例と、ID 1の既存のマーカーを更新する例が含まれています。

インデックスに戻る


インポートモードオプション

インポートモードオプションマーカー

デフォルトのオプション「一括追加(新しいマーカーの追加)」を選択すると、インポートファイルの列IDの値は無視され、新しいマーカーが作成されます。

一方、「一括更新(既存のマーカーの更新)」を選択した場合、インポートファイルの列IDの値が必要になり、それに応じてマーカーが更新され、インポートファイルの行がスキップされます。それに応じたIDが存在します。

インデックスに戻る


ジオコーディングオプション

デフォルトでは、列の値 住所 Google Places APIから対応する経度と緯度の値を取得するために使用されます。 ジオコーディング-オプション

ここでデフォルトのオプションを使用する場合、列の値はすべて ラット 更に LON Google Places APIから提供された住所の結果で上書きされます。

インデックスに戻る


監査オプション

デフォルトでは、インポートを開始するWordPressユーザーのユーザー名と現在のタイムスタンプが列に使用されます createdon、createdby、updatedon、updatedby:

監査オプション

インポートファイルで指定された値をインポートする場合は、このオプションを変更する必要があります。

インデックスに戻る


キャッシュ方法

デフォルトでは、使用するメモリが最も少ない使用可能なキャッシュ方法が使用されます。「自動」の横にある「その他のオプションを表示」をクリックし、目的のキャッシュ方法を手動で選択することで、これを上書きできます(サーバーで使用できないキャッシュ方法は自動的に無効になります) )::

キャッシュ方法の詳細

とにかくインポートまたはエクスポートが失敗した場合(たとえば、大きすぎるインポートファイルを使用した場合)、最初にサーバーのPHPメモリ制限を増やしてみてください。 それでも問題が解決しない場合は、大きなインポートファイルを別の小さなインポートファイルに分割してみてください。 XLSXからCSVに変更すると、メモリ使用量の削減にも役立ちます。 CSVへの切り替えができない場合は、上記のチェックボックスを有効にして、「ハイパーリンクのリンクテキストのみをインポートすることで、xlsx / xls / ods入力ファイルのメモリ使用量をさらに削減する」こともできます。

インデックスに戻る


テストモード

インポートを実行すると、デフォルトで「テストモード」オプションがオンになります。

テストモード

オフにする前に、まずテストモードをオンにして「ドライラン」を行うことをお勧めします。 テストモードをオンにすると、インポートファイルの警告とエラーがチェックされます。 どの行のどの値が無効であるかが正確に通知され、変更をデータベースに保存する前にそれらを修正できます。 test-mode-on-logs3

エラーや警告が見つからない場合は、「インポートの準備」に戻り、テストモードをオフにして、インポートを再開します。

インデックスに戻る


エラー処理

インポートの失敗を防ぐいくつかのチェックを統合しました。 とにかく、問題が発生した場合は、問題の原因が正確に示されます。

警告

警告が発生した場合、これは、指定された値が許可されていないことを意味します(たとえば、2または0のみが許可されている場合は1を使用します)。 次に、インポーターは、新しいマーカーが作成されたときに新しいマーカーのデフォルト値を使用するか、既存のマーカーが更新されたときに更新前の既存の値を使用します。 警告例

エラー

エラーが発生した場合、問題の行はスキップされ、インポートファイルからのこの行の新しいマーカーは作成または更新されません。

エラー例

インデックスに戻る


レイヤーのエクスポート

既存のレイヤーの一括更新を行うには、最初にレイヤーをエクスポートする必要があります。 次のステップとして、「エクスポートの準備」インターフェースをクリックします。 

エクスポートレイヤー

 

次に、エクスポートするレイヤーを選択します。 エクスポート形式を選択し(XLSXまたはODSを推奨)、エクスポートを開始します。選択したレイヤーの目的の形式でのダウンロードがすぐに開始されます。

インデックスに戻る


レイヤーのインポート

レイヤーマップをインポートする場合、割り当てられたマーカーは自動的にインポートされないことに注意してください。「マーカーのインポート」機能を使用して手動でインポートする必要があります。 したがって、あるサイトから別のサイトにすべてのマーカーとレイヤーを転送する場合は、最初にすべてのレイヤーをエクスポート/インポートしてから、すべてのマーカーをエクスポート/インポートする必要があります。 インポートを準備するためのインターフェースの下–利用可能なオプションを以下に説明します。

インポートレイヤー

インデックスに戻る


インポートテンプレートファイルをダウンロードする

以下に、使用可能なすべてのフォーマットのインポートテンプレートを示します。 これらには、新しいレイヤーを作成する例と、ID 1の既存のレイヤーを更新する例が含まれています。

インデックスに戻る


インポートモードオプション

 

インポートモードオプションレイヤー

デフォルトのオプション「一括追加(新しいレイヤーの追加)」を選択すると、インポートファイルの列IDの値は無視され、新しいレイヤーが作成されます。

一方、「一括更新(既存のレイヤーの更新)」を選択した場合、インポートファイルの列IDの値が必要になり、対応するレイヤーがそれぞれ更新され、インポートファイルの行がスキップされます。それに応じたIDが存在します。

インデックスに戻る


ジオコーディングオプション

デフォルトでは、列の値 住所 Google Places APIから対応する経度と緯度の値を取得するために使用されます。 ジオコーディング-オプション

ここでデフォルトのオプションを使用する場合、列の値はすべて ラット 更に LON Google Places APIから提供された住所の結果で上書きされます。
 

監査オプション

デフォルトでは、インポートを開始するWordPressユーザーのユーザー名と現在のタイムスタンプが列に使用されます createdon、createdby、updatedon、updatedby: 監査オプション

インポートファイルで指定された値をインポートする場合は、このオプションを変更する必要があります。
 

キャッシュ方法

デフォルトでは、使用するメモリが最も少ない使用可能なキャッシュ方法が使用されます。「自動」の横にある「その他のオプションを表示」をクリックし、目的のキャッシュ方法を手動で選択することで、これを上書きできます(サーバーで使用できないキャッシュ方法は自動的に無効になります) )::

キャッシュ方法の詳細

(インポートファイルが大きすぎるなどの理由で)インポートまたはエクスポートが失敗した場合は、まずサーバーのPHPメモリ制限を増やしてみてください。 それでも問題が解決しない場合は、大きなインポートファイルを別の小さなインポートファイルに分割してみてください。 XLSXからCSVに変更すると、メモリ使用量の削減にも役立ちます。

インデックスに戻る


テストモード

インポートを実行すると、デフォルトで「テストモード」オプションがオンになります。

テストモード

オフにする前に、まずテストモードをオンにして「ドライラン」を行うことをお勧めします。 テストモードをオンにすると、インポートファイルの警告とエラーがチェックされます。 データベースに変更を保存する前に、どの行のどの値が無効であり、それらを修正できるかが正確に通知されます(テストモードは基本的にマーカーマップの場合と同じであるため、同じスクリーンショットが表示されます)。
test-mode-on-logs3
エラーや警告が見つからない場合は、「インポートの準備」に戻り、テストモードをオフにして、インポートを再開します。
 

エラー処理

インポートの失敗を防ぐいくつかのチェックを統合しました。 とにかく、問題が発生した場合は、問題の原因が正確に示されます。

警告

警告が発生した場合、これは、指定された値が許可されていないことを意味します(たとえば、2または0のみが許可されている場合は1を使用します)。 次に、インポーターは、新しいマーカーが作成されたときの新しいマーカーのデフォルト値、または既存のマーカーが更新されたときの更新前の既存の値を使用します(マーカーマップと同じなので、同じスクリーンショットが表示されます)。

警告例

エラー

エラーが発生した場合、問題の行はスキップされ、インポートファイルからこの行の新しいマーカーは作成または更新されません(マーカーマップと同じなので、同じスクリーンショットが表示されます)。

エラー例

インデックスに戻る


csv / xls / xlsx / odsインポート/エクスポートマーカーファイルの列リファレンス(v3.1.1以前のみ)

列名データ型説明
idNULLまたはINTEGERマーカーID
空の場合、新しいマーカーが作成されます-IDが指定されている場合、そのIDのマーカーが更新されます
マーカー名NULLまたはSTRINGマーカーの名前
ポップアップテキストNULLまたはSTRINGポップアップで使用されるテキスト
HTMLタグを使用できます。CSVファイルでは一重引用符を使用してください。 「ネイティブハイパーリンク」(XLSXテンプレートを参照)はXLSXファイルでのみ機能します。
openpopupブーリアンデフォルトでポップアップを開く必要がありますか?
0 =ポップアップを閉じた
1 =ポップアップを開く
住所NULLまたはSTRINGマーカーのアドレス
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合にジオコーディングに使用されます
ラットフロートバルマーカーの緯度
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合は上書きされます
LONフロートバルマーカーの経度
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合は上書きされます
整数マーカーを割り当てるレイヤーのID
0 =レイヤーに割り当てられていない
ズーム整数マーカーマップのズームレベル
アイコンを押します。STRINGマーカーマップのアイコン
marker-icon-directory(通常はwp-content / uploads / leaflet-maps-marker-icon)からアイコンのファイル名を入力してください-例:audio.png-デフォルトのアイコン(青いピン)を使用するには空のままにします
マップ幅整数ピクセル単位のマーカーマップの幅
mapwidthunitSTRINGマーカーマップ幅の単位のあるマップ
可能な値:pxおよび%
mapheight整数ピクセル単位のマーカーマップの高さ
ベースマップSTRINGマーカーマップのベースマップ
可能な値:osm_mapnik、mapquest_osm、mapquest_aerial、googleLayer_roadmap、googleLayer_satellite、googleLayer_hybrid、googleLayer_terrain、bingaerial、bingaerialwithlabels、bingroad、ogdwien_basemap、ogdwien_mapmap、customdbase2 mapmap_basebase、map_basebase、map_basebase、map_basebase mapmap
パネルブーリアン地図上のマーカーパネル(マーカー名とAPIリンクを表示)
0 =パネルを表示しない
1 =パネルを表示
コントロールボックス整数マップの右上隅にコントロールボックスを表示すると、ベースマップを切り替えることができます
0 =コントロールボックスを表示しない
1 =折りたたまれたコントロールボックスを表示
2 =コントロールボックスを展開して表示
によって作成されたSTRINGマーカーマップを作成したユーザーのユーザー名
オプション「現在のユーザーログインを使用」が設定されている場合は、現在のユーザー名を使用
作成した日付(年H:i:s)マーカーはいつ作成されましたか?
更新者STRINGマーカーマップを更新したユーザーのユーザー名
オプション「現在のユーザーログインを使用」が設定されている場合は、現在のユーザー名を使用
更新された日付(年H:i:s)マーカーはいつ更新されましたか?
kml_timestamp日付(年H:i:s)KMLアニメーション機能に使用するタイムスタンプ
overlays_customブーリアンカスタムオーバーレイをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom2ブーリアンカスタムoverlay2をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom3ブーリアンカスタムoverlay3をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom4ブーリアンカスタムoverlay4をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wmsブーリアンカスタムwmsレイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms2ブーリアンカスタムwms2レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms3ブーリアンカスタムwms3レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms4ブーリアンカスタムwms4レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms5ブーリアンカスタムwms5レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms6ブーリアンカスタムwms6レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms7ブーリアンカスタムwms7レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms8ブーリアンカスタムwms8レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms9ブーリアンカスタムwms9レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms10ブーリアンカスタムwms10レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
gpx_urlSTRING使用するGPXファイルのURL
gpx_panelブーリアンGPXメタデータを示すマップの下のパネル
0 = gpxパネルを非表示
1 = gpwパネルを表示

インデックスに戻る


csv / xls / xlsx / odsインポート/エクスポートレイヤーファイルの列リファレンス(v3.1.1以前のみ)

列名データ型説明
idNULLまたはINTEGERマーカーID
空の場合、新しいマーカーが作成されます-IDが指定されている場合、そのIDのマーカーが更新されます
NULLまたはSTRINGレイヤーの名前
住所NULLまたはSTRINGレイヤーセンターの住所
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合にジオコーディングに使用されます
レイヤービューフロートバルレイヤーセンターの緯度
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合は上書きされます
レイヤービューロンフロートバルレイヤーの中心の経度
オプション「ジオコーディングに住所を使用する」が設定されている場合は上書きされます
レイヤーズーム整数レイヤーマップのズームレベル
マップ幅整数ピクセル単位のレイヤーマップの幅
mapwidthunitSTRINGレイヤーマップ幅の単位のあるマップ
可能な値:pxおよび%
mapheight整数ピクセル単位のレイヤーマップの高さ
ベースマップSTRINGレイヤーマップのベースマップ
可能な値:osm_mapnik、mapquest_osm、mapquest_aerial、googleLayer_roadmap、googleLayer_satellite、googleLayer_hybrid、googleLayer_terrain、bingaerial、bingaerialwithlabels、bingroad、ogdwien_basemap、ogdwien_mapmap、customdbase2 mapmap_basebase、map_basebase、map_basebase、map_basebase mapmap
パネルブーリアン地図上のレイヤーパネル(レイヤー名とAPIリンクを表示)
0 =パネルを表示しない
1 =パネルを表示
クラスタリングブーリアンマーカーをクラスター化する必要がありますか?
0 =クラスタリングを無効にする
1 =クラスタリングが有効
リストマーカーブーリアンマーカーのリストをレイヤーマップの下に表示する必要がありますか?
0 =いいえ
1 =はい
multi_layer_mapブーリアンこのレイヤーマップはマルチレイヤーマップですか?
0 =いいえ
1 =はい
multi_layer_map_listSTRINGmulti_layer_mapが1に設定されている場合、このレイヤーに割り当てられたレイヤーのカンマ区切りのID
例:1,2,3
コントロールボックス整数マップの右上隅にコントロールボックスを表示すると、ベースマップを切り替えることができます
0 =コントロールボックスを表示しない
1 =折りたたまれたコントロールボックスを表示
2 =コントロールボックスを展開して表示
によって作成されたSTRINGレイヤーマップを作成したユーザーのユーザー名
オプション「現在のユーザーログインを使用」が設定されている場合は、現在のユーザー名を使用
作成した日付(年H:i:s)レイヤーはいつ作成されましたか?
更新者STRINGレイヤーマップを更新したユーザーのユーザー名
オプション「現在のユーザーログインを使用」が設定されている場合は、現在のユーザー名を使用
更新された日付(年H:i:s)レイヤーはいつ更新されましたか?
overlays_customブーリアンカスタムオーバーレイをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom2ブーリアンカスタムoverlay2をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom3ブーリアンカスタムoverlay3をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
overlays_custom4ブーリアンカスタムoverlay4をアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wmsブーリアンカスタムwmsレイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms2ブーリアンカスタムwms2レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms3ブーリアンカスタムwms3レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms4ブーリアンカスタムwms4レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms5ブーリアンカスタムwms5レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms6ブーリアンカスタムwms6レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms7ブーリアンカスタムwms7レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms8ブーリアンカスタムwms8レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms9ブーリアンカスタムwms9レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
wms10ブーリアンカスタムwms10レイヤーをアクティブにしますか?
0 =非アクティブ
1 =アクティブ
gpx_urlSTRING使用するGPXファイルのURL
gpx_panelブーリアンGPXメタデータを示すマップの下のパネル
0 = gpxパネルを非表示
1 = gpwパネルを表示

インデックスに戻る

1
0
8803
このユーザーガイドを評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

en English
X