Google Maps APIキーを登録する方法

Maps Marker Proは、JavaScriptフレームワークleaflet.jsに基づいて構築されたWordPressプラグインであり、追加の構成や必須のAPIキーなしで、OpenStreetMapとStamenベースマップをそのまま使用できます。

Maps Marker Proをダウンロードできます ここで無料で、 インストール手順について ここをクリックしてください.

Googleマップをベースマップとして使用したい場合は、Google Maps APIキーを登録する必要があります。関連する詳細と、利用規約、価格、請求に関するリンクは以下にあります。

有効になる予定の変更に関するGoogleからの重要な更新 6月11th 16年2018月XNUMX日:

「本日(3年2018月XNUMX日)、新しい名前を含む重要な変更を発表します。GoogleMaps Platform、簡素化された製品構造、従量課金制などです。 数分で確認してください 発表 今後の変更に慣れるために。
実装に影響を与える可能性のあるいくつかの更新について説明します。 11月200日から、新しい料金プランを開始し、すべてのユーザーにサポートへのアクセスを提供します。 私たちは引き続き無料枠を提供します—すべての開発者は、コア製品を毎月XNUMXドル無料で利用できます。
さらに、この変更では、課金を有効にして、すべてのGoogle Maps Platformプロジェクトに関連付ける必要があります。 請求先アカウントを作成すると、使用状況をよりよく理解できるため、役立つ製品の開発を継続できます。 また、製品が月額200ドルの無料使用を超えた場合でも、ダウンタイムを減らし、パフォーマンスの問題を減らして、簡単に拡張できます。 追加の可視性と制御のために、XNUMX日の割り当てまたは請求アラートを設定できます。」

これがMaps Marker Proユーザーとしてどのように影響するかについての概要は、次のFAQをご覧ください。 https://mapsmarker.com/google-maps-tos-changes

したがって、Googleマップをベースマップとして使用する場合は、Google APIコンソールから取得できるAPIキーを登録し、Maps Marker Pro内の「Google Maps Javascript API」をそれぞれ有効にする必要があります。LeafletMaps Marker。

利用規約

Googleの関連する利用規約は、 https://developers.google.com/maps/terms.

使用制限

有効になる予定の変更に関するGoogleからの重要な更新 6月11th 16年2018月XNUMX日:

Maps Marker Pro内でGoogle Maps JavaScript APIを有効にして、Googleマップをベースマップとして使用すると、次のGoogle APIが使用され、Googleの条件に従って課金されます。

  • ダイナミックマップ(価格:7.00か月あたり最大28.000のロードに対してXNUMX米ドル –価格の詳細)

Googleはすべての開発者に毎月200ドルの無料使用を提供しているため、この量を超える負荷のみがGoogleから直接請求されます。

チュートリアル:Google Maps APIキーに登録し、Maps Marker Pro / Leaflet Maps MarkerのGoogleベースマップを有効にする方法

前提条件: Googleのアカウント Google Maps JavaScript APIのキーを生成します。

11年2018月XNUMX日以降、課金も有効にする必要があります!

  1. に行きます Google Cloud Plattform Googleアカウントで「プロジェクトを作成」をクリックします。
  2. プロジェクトに名前を付け、「作成」をクリックします。
  3. 「Maps JavaScript API」を選択します。
  4. 「有効にする」をクリックします。
  5. 案内する APIとサービス/資格 「+資格情報の作成」/「APIキー」をクリックします。
  6. 生成されたキーをポップアップからコピーします
  7. オプションですが、割り当ての盗難を防ぐために推奨されています。[キーの制限]リンクをクリックして、ドメインでのみ使用できるようにキーのHTTPリファラーを設定します。
    –「主要な制限」から「HTTPリファラー(Webサイト)」を選択します
    –ドメインを* .yourdomain.com / *の形式で入力して、「これらのHTTPリファラー(Webサイト)からのリクエストを受け入れます」
    –「保存」ボタンをクリックして終了します
    google-js-http-referrer-restriction
  8. Oオプション:課金を有効にします。 見る 使用制限 詳細についてはこちら。 11年2018月XNUMX日以降、課金は必須です。したがって、まだ課金を有効にしていない場合は、 Google Cloud Platformの無料枠 そこにある指示に従って課金をアクティブ化できます(参考:課金を有効にしないと、Googleマップは正しく機能しません!)
  9. WordPress管理者にログインしてMaps Marker Pro /設定/レイヤー/「Googleマップ」に移動し、手順6のAPIキーを「Google Maps JavaScript APIキー」フィールドに入力して、「保存」ボタンをクリックして終了します。

できました。 これで、Googleマップをベースマップとして使用して新しいマップを作成できるようになります。

問題が発生した場合は、 サポートチケットを開く 喜んでお手伝いいたします!

2
0
14850
このユーザーガイドを評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

en English
X