GeoJSON / CSVインポートおよびエクスポート機能の使用方法

Maps Marker Proでは、統合されたインポート/エクスポート機能を使用して、マーカーの一括更新を簡単に実行できます。 以下に、これらの機能のドキュメントを示します。 不明な点がある場合は、サポートチケットを開いてください https://mapsmarker.com/helpdesk 喜んでお手伝いいたします!

注意:このチュートリアルは、Maps Marker Proバージョン4.9以降でのみ有効です!

バージョン4.0から4.8のチュートリアルは、次の場所にあります。 https://www.mapsmarker.com/kb/user-guide/import-export-40-to-48/

バージョン3.1.1以下の(廃止された)CSV / XLS / XLSX / ODSインポートおよびエクスポート機能のチュートリアルは、次の場所にあります。 https://www.mapsmarker.com/import-export-archive


サポートされるフォーマット

デフォルトでは、インポートおよびエクスポート機能は、エクスポートおよびインポート用にGeoJSONおよびCSVをサポートしています。

インデックスに戻る


別のサイトからマップをコピーする

マップとマーカーをあるサイトから別のサイトに転送する場合は、代わりにツールページの「データベースのバックアップ/復元」機能を使用することをお勧めします。

インデックスに戻る


権限/機能

デフォルトでは、管理者のみがツールページのインポートおよびエクスポート機能を使用できます。 他のユーザーにもこれらの機能を使用してもらいたい場合は、[設定] / [機能]に移動し、必要な役割の[ツールを使用する]機能を有効にしてください。

インデックスに戻る


マーカーをエクスポートする

既存のマーカーをGeoJSONまたはCSV形式にエクスポートできます。

マーカーをエクスポートするには、[インポートとエクスポート]に移動し、最初に[マーカーのエクスポート]を選択してください。

エクスポートするファイルタイプを選択し、オプションですべてのマーカーをエクスポートするか(デフォルト)、「フィルターモード」を使用して、選択したマップからのみマーカーをエクスポートするか、選択したマップからマーカーを除外します。

「エクスポートの開始」ボタンをクリックして、エクスポートを終了します。

インデックスに戻る


マーカーをインポートする

インポート機能を使用して、マーカーを一括で追加または更新できます。

マーカーをインポートするには、「インポートとエクスポート」に移動して、「インポート」タブを選択してください。

CSVまたはGeoJSON形式のインポートファイルを選択し、[インポートの開始]ボタンをクリックしてインポートを開始します。 利用可能なオプションを以下に説明します。

インデックスに戻る


ファイルの種類

追加備考:

  • CSVファイルには少なくとも 緯度 更に 経度 コラム
  • 他の列が欠落している場合は、新しいマーカーのデフォルトの値が使用されます

インデックスに戻る


テストモード

テストモードがオン(デフォルト)の場合、データベースは変更されません。
オフにする前に、まずテストモードをオンにして「ドライラン」を行うことをお勧めします。 テストモードをオンにすると、インポートファイルの警告とエラーがチェックされます。 データベースに変更を保存する前に、どの値が無効であり、それらを修正できるかが正確に通知されます。

マーカーモードオプション

  • 「マーカーを追加」:
    入力ファイルのすべてのエントリは、新しいマーカーを作成するために使用されます。
  • 「マーカーの更新」:
    入力ファイル内のエントリのIDが存在する場合、既存のマーカーが更新されます。IDが存在しない場合、マーカーはスキップされます。
  • 「既存のものを更新し、残りを追加する」:
    入力ファイル内のエントリのIDが存在する場合は、既存のマーカーが更新されます。IDが存在しない場合は、新しいマーカーが作成されます。

インデックスに戻る


ジオコーディングオプション

  • "オフ":
    座標の値(緯度または経度の値)がない場合、このマーカーのジオコーディングはスキップされます
  • 「欠落」:
    座標の値(緯度または経度の値)が欠落している場合、住所はジオコーディングに使用されます
  • "オン":
    入力ファイルで指定された住所は、緯度または経度の値に関係なく、ジオコーディングに使用されます(既存の緯度と経度の値はジオコーディングの結果で上書きされます)。

マップオプションに割り当て

  • "オフ":
    マーカーは、入力ファイルの割り当て情報に従ってのみ割り当てられます
  • 「欠落」:
    入力ファイルで割り当て情報のないマーカーがこのマップに割り当てられます
  • "オン":
    入力ファイルに割り当て情報がある場合でも、すべてのマーカーがこのマップに割り当てられます

エラー処理

インポートが失敗するのを防ぐいくつかのチェックを統合しました。 とにかく、何かがうまくいかなかった場合、あなたは何が悪いのか正確に示されます、例えば

利用可能なエラーメッセージ

  • セキュリティチェックに失敗しました:
  • ファイルがありません
  • ファイルを読み込めませんでした
  • ファイルを解析できませんでした
  • 無効なGeoJSON / CSV
  • 地理データが見つかりません
  • ジオメトリタイプがありません
  • 座標がないか、不完全です
  • ジオコーディング用の住所がありません

自分で問題を解決できない場合は、サポートチケットを開いてください https://mapsmarker.com/helpdesk 喜んでお手伝いいたします!

インデックスに戻る


FAQ(よくある質問)

GeoJSONインポーターの使用時にマーカーをマップに割り当てる方法

GeoJSONインポート機能を使用するときにマーカーをマップに割り当てる場合は、マーカーのマップIDを maps プロパティ属性。 マーカーがID 1および2のマップに追加される例:

 
{"type": "FeatureCollection"、 "features":[{"type": "Feature"、 "geometry":{"type": "Point"、 "coordinates":["16.372500"、 "48.208300"]} 、 "properties":{"id": "56"、 "name": "Headquarters"、 "address": "Main Street"、 "zoom": "10.0"、 "icon": ""、 "popup": 「これは当社の本社です」、「リンク」:「」、
                「マップ」:「1,2」
            }}]}

 

GeoJSONインポーターの使用時にマーカーをマップに割り当てない場合は、値を使用してください null

1
1
35933
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

v3.1.1以前のエクスポートファイルを使用してv4以降にインポートできますか?

いいえ、v4.0はデータベーススキーマが最適化された完全な新しいプラグインであるため、Maps Marker Pro v3.1.1以前で作成された(CSV / XLS(X)/ ODS)インポートファイルはMaps Marker Pro v4のインポートと互換性がありません以上。

0
0
34782
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

KMLなどの他の形式をGeoJSONに変換するにはどうすればよいですか?

の無料オンラインツール https://geoconverter.hsr.ch/ KMLなどの形式をGeoJSONに変換できます。

次に、[GeoJSONから追加]ボタンをクリックして、[描画]タブのマップにGeoJSONを追加できます。

3
0
34701
このFAQの回答を評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

インデックスに戻る

0
0
12958
このユーザーガイドを評価してください

この投稿を評価することは許可されていません。

コメントまたはさらなる質問?

テクニカルサポートをお探しの場合 ここをクリックしてください、他のすべての質問については お問い合わせフォームを使用してください 連絡を取るために! ご連絡をお待ちしております。

Maps Marker Proチーム

en English
X