アーカイブ– Web API(v3.1.1以下のみ)

重要なお知らせ:WebAPIはMaps Marker Pro v4.0で削除されました。

Maps Marker Proは、高度にカスタマイズ可能なWeb APIを介してマーカーとレイヤーを管理できる統合APIを提供します。これは、フォーマットとしてGETとPOSTリクエスト、JSONとXMLをサポートし、セキュリティに重点を置いて開発されました。 MapsMarkerAPIに基づいてクールなアプリケーションを作成した場合 ご連絡ください それを私たちに追加します ショーケース! インデックス

エンドポイント

  • 無料版:https://www.your-domain.com/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker/leaflet-api.php
  • プロバージョン(<=バージョン2.9):https://www.your-domain.com/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php
  • Proバージョン(> =バージョン3.0):https://www.your-domain.com/maps/webapi/

Web APIへのアクセスにはhttpsのみを使用することを強くお勧めします。そうしないと、httpを介して平文で送信されている間に秘密トークンが第三者に傍受される可能性があります。

インデックスに戻る

認証

すべてのリクエストは、期限切れの署名を使用して認証する必要があります。 これは、AmazonがS3 StorageAPIへのアクセスを保護するために使用するアプローチに似ています。 認証されると、アクティブ化されたすべてのAPIアクションを実行できます。 APIによって実施されるセキュリティ対策に加えて、WordPressサイトにSSLを実装することを強くお勧めします(このAPIの範囲を超えて)。

APIを有効にし、公開および秘密のAPIキーを設定します

APIを使用するには、まず、設定/その他/ MapsMarker API設定に移動して、APIステータスを有効に設定する必要があります。 api-set-enabled 次のステップとして、公開および秘密APIキーを設定する必要があります。 公開秘密鍵

重要:秘密鍵は秘密にしてください。 いかなる方法でも共有してはならず、リンクに含めたり、ネットワーク経由で転送したりしてはなりません。 これは、各APIリクエストの署名を計算するためにのみ使用されます。 次のステップとして、設定を保存することを忘れないでください。 インデックスに戻る

必要な認証リクエストパラメータ

各リクエストには、少なくとも次の3つのクエリパラメータを含める必要があります。

  • api_key –設定ページ/その他/ MapsMarker API設定で定義された公開APIキー–例:「1234」
  • 有効期限–要求の有効期限(秒単位のUNIXタイムスタンプとして表されます)(例:1369749344)
  • 署名–次の構造に続くコロンで区切られた文字列のURLエンコードされたbase64HMAC-SHA1ハッシュ:
    {api_key}:{expires}
    例えば1234:1369749344
    「abcd」の秘密鍵を使用したこのリクエストの署名は、XlWau4wu3UBPUZbBeCXuyDxzg7g%3Dです。

リクエストの完全な例:http://yourdomain.com/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker/pro/leaflet-api.php?key = 1234&signature = XlWau4wu3UBPUZbBeCXuyDxzg7g%3D&expires = 1369749344 インデックスに戻る

署名を生成するためのPHPサンプルコード

<?php function calculate_signature($string, $private_key) { $hash = hash_hmac("sha1", $string, $private_key, true); $sig = rawurlencode(base64_encode($hash)); return $sig; } $api_key = "1234"; $private_key = "abcd"; $expires = strtotime("+60 mins"); $string_to_sign = sprintf("%s:%s", $api_key, $expires); $sig = calculate_signature($string_to_sign, $private_key); var_dump($sig); ?> インデックスに戻る

署名を生成するためのJavaScriptサンプルコード

<script src="https://crypto-js.googlecode.com/svn/tags/3.1.2/build/rollups/hmac-sha1.js"></script> <script src="https://crypto-js.googlecode.com/svn/tags/3.1.2/build/components/enc-base64-min.js"></script> <script type="text/javascript"> function CalculateSig(stringToSign, privateKey){ var hash = CryptoJS.HmacSHA1(stringToSign, privateKey); var base64 = hash.toString(CryptoJS.enc.Base64); return encodeURIComponent(base64); } var d = new Date, expiration = 3600 // 1 hour, unixtime = parseInt(d.getTime() / 1000), future_unixtime = unixtime + expiration, publicKey = "1234", privateKey = "abcd", stringToSign = publicKey + ":" + future_unixtime; sig = CalculateSig(stringToSign, privateKey); console.log(sig); </script> インデックスに戻る

署名を生成するためのC#サンプルコード

using System; using System.Web; using System.Security.Cryptography; using System.Text; namespace MapsMarkerPro { public class Sample { public static GenerateSignature() { string publicKey = "1234"; string privateKey = "abcd"; string expires = Security.UtcTimestamp(new TimeSpan(0,1,0)); string stringToSign = string.Format("{0}:{1}", publicKey, expires); var sig = Security.Sign(stringToSign, privateKey); Console.WriteLine(sig); } } public class Security { public static string UrlEncodeTo64(byte[] bytesToEncode) { string returnValue = System.Convert.ToBase64String(bytesToEncode); return HttpUtility.UrlEncode(returnValue); } public static string Sign(string value, string key) { using (var hmac = new HMACSHA1(Encoding.ASCII.GetBytes(key))) { return UrlEncodeTo64(hmac.ComputeHash(Encoding.ASCII.GetBytes(value))); } } public static int UtcTimestamp( TimeSpan timeSpanToAdd) { TimeSpan ts = (DateTime.UtcNow.Add(timeSpanToAdd) - new DateTime(1970,1,1,0,0,0)); int expires_int = (int) ts.TotalSeconds; return expires_int; } } } インデックスに戻る

API URL GeneratorおよびAPI URL Tester

認証する最も安全な方法は、上記のコード例の1つを使用して、要求が実行された直後に期限切れになる動的署名を作成することです(XNUMX分の有効期限をお勧めします)。 それが選択肢にならない場合は、[ツール] / [API URL Generator]に移動して、選択した期間に有効な署名を生成できます。 api-url-generator 利用可能な有効期限:1分、時間、日、週、月、年、5年、10年、100年。 長期間有効なAPI署名を生成すると、APIのセキュリティが低下する可能性があることに注意してください。これは、この署名を知った人がAPIアクションを実行する可能性があるためです。 ツールセクション内には、署名の有効性を確認できるAPI URLテスターもあります。 api-url-tester インデックスに戻る

利用可能なリクエスト方法

  • GET
  • POST

インデックスに戻る

利用可能なアクションパラメータ

  • ビュー
  • 加えます
  • アップデート(プロバージョンのみ)
  • 削除(プロバージョンのみ)
  • 検索(プロ版のみ)

インデックスに戻る

利用可能なタイプパラメータ

  • マーカー

インデックスに戻る

グローバルパラメータ(すべてのAPIアクション用)

パラメーター必須?データ・タイプデフォルト値ノート
バージョン任意整数1
キー必須文字列公開APIキー。設定/その他/ MapsMarker APIで設定する必要があります
署名必須文字列詳細については、認証に関する章を参照してください
有効期限が切れます必須文字列詳細については、認証に関する章を参照してください
フォーマット任意文字列JSONjsonまたはxml-デフォルトは設定/ MapsMarker APIで設定できます
remap_ *任意文字列NULLフィールドIDの出力を再マップできます(例:remap_lon = longitude)-> <経度> ... </ longitude>
折り返し電話任意文字列JSONPJSONPコールバック関数名-デフォルトは設定/ MapsMarker APIで設定できます
インデックスに戻る

タイプマーカーに使用可能なパラメーター

パラメーター必須?データ・タイプデフォルト値アクションでサポートノート
id必須整数新しいマーカーを追加するときに自動的に設定されますビュー
加えます
update
delete
サーチ
マーカー名任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
ジオコード任意文字列NULL加えます
update
値は、Google Places APIを介してジオエンコードされ、パラメーターlat、lon、およびaddressを上書きします
ベースマップ任意事前定義されたベースマップID-注を参照新しいマーカーのデフォルトのベースマップ(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
osm_mapnik、mapquest_osm、mapquest_aerial、googleLayer_roadmap、googleLayer_satellite、googleLayer_hybrid、googleLayer_terrain、bingaerial、bingaerialwithlabels、bingroad、ogdwien_basemap、ogdwien_satelbase、map_base_basebase2 mapmap、base_map_base3、mapbox、map_base2、mapbox、map_base3、mapbox、mapXNUMX
任意整数新しいマーカーのデフォルトレイヤー(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
ラット任意フロート新しいマーカーのデフォルトの場所(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
LON任意フロート新しいマーカーのデフォルトの場所(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
アイコン任意文字列(例:bus.png)NULLビュー
加えます
update
サーチ
NULLの場合、デフォルトのアイコンが使用されます。 例に示されているように、アイコンのファイル名を使用してください。 アイコンディレクトリで使用可能なすべてのアイコン(通常、/ wp-content / uploads / leaflet-maps-marker-icons(設定/マップのデフォルト/マーカーアイコンのデフォルト値で変更しなかった場合))を使用できます。
ポップアップテキスト任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
ズーム任意整数新しいマーカーのデフォルトのズーム(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
openpopup任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
マップ幅任意整数新しいマーカーのデフォルトのマップ幅(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
mapwidthunit任意文字列新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
mapheight任意整数新しいマーカーのデフォルトのmapheight(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パネル任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
によって作成された任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
作成した任意日付(Ymd H:i:s)NULLビュー
加えます
update
サーチ
更新者任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
更新された任意日付(Ymd H:i:s)日付( 'Ymd H:i:s)ビュー
加えます
update
サーチ
コントロールボックス任意整数新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
可能な値:0,1,2、XNUMX、XNUMX
overlays_custom任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom2任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom3任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom4任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms2任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms3任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms4任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms5任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms6任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms7任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms8任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms9任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms10任意ブール値新しいマーカーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
kml_timestamp任意日付(Ymd H:i:s)NULLビュー
加えます
update
サーチ
住所任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
gpx_url任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
v1.2p以降
gpx_panel任意ブール値0ビュー
加えます
update
サーチ
v1.2p以降
インデックスに戻る

タイプレイヤーで使用可能なパラメーター

パラメーター必須?データ・タイプデフォルト値サポート
アクションで
ノート
id必須整数新しいマーカーを追加するときに自動的に設定されますビュー
加えます
update
delete
サーチ
ジオコード任意文字列NULL加えます
update
値はGoogle Places API経由でジオエンコードされ、パラメータlat、lon、addressを上書きします
任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
ベースマップ任意定義済みの値新しいレイヤーのデフォルトのベースマップ(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
osm_mapnik、mapquest_osm、mapquest_aerial、googleLayer_roadmap、googleLayer_satellite、googleLayer_hybrid、googleLayer_terrain、bingaerial、bingaerialwithlabels、bingroad、ogdwien_basemap、ogdwien_satelbase、map_base_basebase2 mapmap、base_map_base3、mapbox、map_base2、mapbox、map_base3、mapbox、mapXNUMX
レイヤーズーム任意整数新しいレイヤーのデフォルトのズーム(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
mapwidthunit任意文字列新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
マップ幅任意整数新しいレイヤーのデフォルトのマップ幅(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
mapheight任意整数新しいレイヤーのデフォルトのmapheight(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パネル任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
レイヤービュー任意フロート新しいレイヤーのデフォルトの緯度(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
レイヤービューロン任意フロート新しいレイヤーのデフォルトlon(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
によって作成された任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
作成した任意日付(Ymd H:i:s)NULLビュー
加えます
update
サーチ
更新者任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
更新された任意日付(Ymd H:i:s)日付( 'Ymd H:i:s)ビュー
加えます
update
サーチ
コントロールボックス任意整数新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
可能な値:0、1、2
overlays_custom任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom2任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom3任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
overlays_custom4任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms2任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms3任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms4任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms5任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms6任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms7任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms8任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms9任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
wms10任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
リストマーカー任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
レイヤーマップの下にマーカーのリストを表示するオプション
multi_layer_map任意ブール値0ビュー
加えます
update
サーチ
multi_layer_map_list任意文字列(カンマ区切りのレイヤーIDまたはすべて)NULLビュー
加えます
update
サーチ
例:1,2,3,4、XNUMX、XNUMX、XNUMXまたはすべて
住所任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
パラメータジオコードを使用すると上書きされます!
delete_markers任意真/偽falsedelete削除アクションで使用すると、割り当てられたマーカーも削除されます
クラスタリング任意ブール値新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
サーチ
プロバージョンでのみ利用可能
gpx_url任意文字列NULLビュー
加えます
update
サーチ
v1.2p以降
gpx_panel任意ブール値0ビュー
加えます
update
サーチ
v1.2p以降
mlm_filter任意整数新しいレイヤーのデフォルト値(設定を参照)ビュー
加えます
update
mlm_filter_details任意JSON文字列NULLビュー
加えます
update
インデックスに戻る

検索アクションの特別なパラメーター

パラメーター必須?データ・タイプノート
検索キー必須文字列使用できる検索キー:id、markername、basemap、layer、lat、lon、icon、popuptext、zoom、openpopup、mapwidth、mapwidthunit、mapheight、panel、createdby、createdon、updatedby、updatedon、controlbox、overlays_custom、overlays_custom2、overlays_custom3、overlays_custom4、wms 、wms2、wms3、wms4、wms5、wms6、wms7、wms8、wms9、wms10、kml_timestamp、address、gpx_url、gpx_panel、name、layerzoom、layerviewlat、layerviewlon、listmarkers、multi_layer_map、multi_layer_map_list、clustering、boundingbox
searchvalue依存文字列または整数一般に必須ですが、createdon、updatedon、またはboundingboxを使用する場合はオプションです。
デートから依存文字列(Ymd H:i:s)通常はオプションですが、createdonまたはupdatedonを使用する場合は必須です
date_to依存文字列(Ymd H:i:s)通常はオプションですが、createdonまたはupdatedonを使用する場合は必須です
lat_top_left依存floatval(6)通常はオプションですが、searchkey boundingboxを使用する場合は必須です
lon_top_left依存floatval(6)通常はオプションですが、searchkey boundingboxを使用する場合は必須です
lat_bottom_right依存floatval(6)通常はオプションですが、searchkey boundingboxを使用する場合は必須です
lon_bottom_right依存floatval(6)通常はオプションですが、searchkey boundingboxを使用する場合は必須です
インデックスに戻る

追加のセキュリティオプション

MapsMarker APIは、セキュリティに重点を置いて設計されました。 公開鍵と秘密鍵、および認証の有効期限を使用することによる基本的な保護に加えて、オプションで、設定/その他/ MapsMarker APIの設定パネル内でAPI設定を強化できます。 api-security-settings

  • APIステータス:APIをグローバルに有効または無効にできます。 デフォルト:無効。
  • 許可されたAPIアクション:必要なAPIアクションの使用のみを許可します。 更新、削除、および検索アクションは、プロバージョンでのみ使用できます
  • IPアクセス制限:定義されたIPアドレスまたはIP範囲のAPIへのアクセスのみを許可します
  • 許可されたリファラー:保護の追加レイヤー–特定のリファラーのみを許可します(注:設定されている場合、get-requestsは許可されなくなりました!)
  • 許可されたAPIリクエストメソッド:オプションで必要なメソッドのみを許可

インデックスに戻る

対応

応答の本文は、成功ステータスとリクエストの結果を含むJSON(デフォルト)またはXMLオブジェクトになります。 ヘッダーのHTTPステータスコードは、結果に関係なく常に200になるため、応答本文で成功を確認して、要求の成功または失敗を判断することが重要です。 したがって、たとえば、存在しないマーカーが要求された場合、生の応答本文は次のようになります。 response-marker-not-exists フォームのリクエストが成功すると、次のようになります。 応答マーカーが存在します 検索アクションを実行している場合、結果はデー​​タ属性内の子要素として返されます。 応答検索結果 PHPでJSONP結果セットを抽出する必要がある場合は、次の関数を使用できます。 function jsonp_decode($jsonp, $assoc = false) { if($jsonp[0] !== '[' && $jsonp[0] !== '{') { $jsonp = substr($jsonp, strpos($jsonp, '(')); } return json_decode(trim($jsonp,'();'), $assoc); } 使用法:$ data = jsonp_decode($ resultset); インデックスに戻る

以下に、APIの使用方法を示すいくつかの例を示します。 ご不明な点がございましたら、どうぞ サポートチケットを開く!

GETリクエスト

  • ID2のマーカーを表示: https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=view&type=marker&id=2
  • XML出力のID 3のレイヤーを表示します。 https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=view&type=layer&id=2&format=xml
  • 新しいマーカー、タイトル、本社、ジオコードMain Street 1 Washingtonを追加します。 https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=add&type=marker&markername=Headquarter&geocode=Main Street 1 Washington
  • 新しいレイヤー、タイトルストアを追加し、緯度/経度と住所を直接追加します。 https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=add&type=layer&name=Store&lat=48.3434&lon=16.43234&address=Store Adress Washington
  • ID2でマーカーを更新し、popuptextを「新しいpopuptext」に設定します(プロバージョンのみ)。 https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=update&type=marker&id=2&popuptext=new popuptext
  • ID 3でレイヤーを更新し、マップの下にマーカーのリストを非表示にします(プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=update&type=layer&id=3&listmarkers=0
  • ID2のマーカーを削除(プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=delete&type=marker&id=
  • ID3のレイヤーを削除します(->レイヤーのみを削除します。プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=delete&type=layer&id=3
  • ID3のレイヤーを削除します(->レイヤーと割り当てられたマーカーを削除します。プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=delete&type=layer&id=3&delete_markers=true
  • レイヤーID 7に割り当てられているすべてのマーカーを検索(プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=search&type=marker&searchkey=layer&searchvalue=7
  • name = testのすべてのレイヤーを検索(プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=search&type=layer&searchkey=name&searchvalue=test
  • 2013-10-01 12:00:00以降で2014-01-01 12:00:00(プロバージョンのみ)の前に作成されたすべてのマーカーを検索します。 https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=search&type=marker&searchkey=createdon&date_from=2013-10-01 12:00:00&date_to=2014-01-01 12:00:00
  • 境界ボックス内のすべてのマーカーを検索(プロバージョンのみ): https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php?key=YOUR_PUBLIC_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE&expires=YOUR_EXPIRE_VALUE&action=search&type=marker&searchkey=boundingbox&lat_top_left=48.283543&lon_top_left=16.228180&lat_bottom_right=48.081642&lon_bottom_right=16.640854

インデックスに戻る

POSTリクエスト:

POST-requestを使用してMapsMarker APIを呼び出すこともできますが、上記のGET-request-examplesと同じパラメーターを使用できます。 これらのパラメータは、次のようにhtmlフォームに追加できます。ID1のマーカーを表示: <form action="https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php" method="POST"> <input type="hidden" name="key" value="YOUR_PUBLIC_KEY"/> <input type="hidden" name="signature" value="YOUR_SIGNATURE"/> <input type="hidden" name="expires" value="YOUR_EXPIRE_VALUE"/> <input type="text" name="action" value="view"/> <input type="text" name="type" value="marker"/> <input type="text" name="id" value="1"/> <input type="submit" name="submit" value="submit"/> </form> 新しいマーカー、タイトル、本社、ジオコードMain Street 1 Washingtonを追加します。 <form action="https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php" method="POST"> <input type="hidden" name="key" value="YOUR_PUBLIC_KEY"/> <input type="hidden" name="signature" value="YOUR_SIGNATURE"/> <input type="hidden" name="expires" value="YOUR_EXPIRE_VALUE"/> <input type="text" name="action" value="add"/> <input type="text" name="type" value="marker"/> <input type="text" name="markername" value="Headquarters"/> <input type="text" name="geocode" value="Main Street 1 Washington"/> <input type="submit" name="submit" value="submit"/> </form> ID2でマーカーを更新し、popuptextを「新しいpopuptext」に設定します(プロバージョンのみ)。 <form action="https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php" method="POST"> <input type="hidden" name="key" value="YOUR_PUBLIC_KEY"/> <input type="hidden" name="signature" value="YOUR_SIGNATURE"/> <input type="hidden" name="expires" value="YOUR_EXPIRE_VALUE"/> <input type="text" name="action" value="update"/> <input type="text" name="type" value="marker"/> <input type="text" name="id" value="2"/> <input type="text" name="popuptext" value="new popuptext"/> <input type="submit" name="submit" value="submit"/> </form> レイヤーID 7に割り当てられているすべてのマーカーを検索(プロバージョンのみ): <form action="https://your-domain/wp-content/plugins/leaflet-maps-marker-pro/leaflet-api.php" method="POST"> <input type="hidden" name="key" value="YOUR_PUBLIC_KEY"/> <input type="hidden" name="signature" value="YOUR_SIGNATURE"/> <input type="hidden" name="expires" value="YOUR_EXPIRE_VALUE"/> <input type="text" name="action" value="search"/> <input type="text" name="type" value="marker"/> <input type="text" name="searchkey" value="layer"/> <input type="text" name="searchvalue" value="7"/> <input type="submit" name="submit" value="submit"/> </form> インデックスに戻る

1
0
6087
この参照を評価する

この投稿を評価することは許可されていません。

コメントまたはさらなる質問?

テクニカルサポートをお探しの場合 ここをクリックしてください、他のすべての質問については お問い合わせフォームを使用してください 連絡を取るために! ご連絡をお待ちしております。

Maps Marker Proチーム

en English
X