情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

leaflet.js v1.5およびWordPress 0.7 / MP3.8をサポートするPro v6が利用可能

前回のベータ版からバグレポートがなくなったため、本日プロv1.5ファイナルをリリースしました。 このバージョンは、5か月間のleaflet.js v0.7の開発に基づいています。 関与する多くの貢献者。 「Leaflet Maps Marker Proのエンジン」と呼ばれるLeaflet.js v0.7には、たとえば、新しいデバイスとの互換性を高めるために、多数のバグ修正と改善が含まれています。

Pro v1.5のもう3.8つのハイライトは、今後の改良されたWordPress XNUMX管理テーマの完全なサポートです。これは、バックエンドでのレスポンシブデザインをXNUMXつの大きなハイライトとしてサポートします。

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

それでは、プロv1.5のハイライトを見てみましょう。

多くの改良とバグ修正を施したleaflet.js v0.7へのアップグレード

プロ機能リーフレットAs リーフレット 機能ごとにますます安定し、安定性、使いやすさ、および新機能に対するAPIの改善に焦点が移った。

で開発されたLeaflet.js v0.7 関与する多くの貢献者 バグ修正の多いリリースですが、プロv1.5でも実装されたいくつかの新機能が含まれています。 詳細については、 リリースノート詳細な変更ログ.

すべてのベースマップのグローバル最大ズームレベル(21)

Leaflet.js v0.7は、すべてのベースマップのグローバル最大ズームレベルの設定をサポートします。 ベースマップのネイティブズームレベルがグローバルな最大ズームレベルより低い場合、自動アップスケーリングが使用されます。

これには、たとえばズームレベル21のGoogleマップからopenstreetmapに切り替えると、「マップを読み込めませんでした」というエラーが発生しないという利点があります。

アップスケーリングの欠点は、タイルのイメージ品質が低下することです。特に、最大グローバルズームレベルとネイティブズームレベルの差が非常に大きい場合(ヨーロッパの最大ネイティブズームレベルが11であるMapquest Aerialベースマップなど)–このマップを21にアップスケールしますたとえば、非常に低解像度のタイル画像になります)。

最大グローバルズームレベルはデフォルトで21に設定されており、設定/マップのデフォルト/新しいマーカー/レイヤーのデフォルトベースマップで変更できます。

max-global-zoom-level

WordPress 3.8 / MP6との互換性

Pro v1.5はまた、今後のWordPress 3.8バージョンと完全に互換性があります。これは、管理バックエンドでのレスポンシブデザインのサポートを追加する(MP6プラグインに基づく)管理テーマが刷新されています。

Leaflet Maps Marker ProのデザインをWordPress 3.8以降の新しい黒のテーマに合わせて調整し、管理バーの統合を調整してレスポンシブデザインと完全に互換性があるようにしました。

レスポンシブ管理者

また、メニューエントリと管理バーエントリの名前を「Maps Marker Pro」から「Maps Marker」に変更し、XNUMX行に収まるようにしました(念のため、Proバージョンusingを使用しています)。

mp6-screenshot-admin

visualead QRコード生成の変更

visualeadの利用規約が変更されたため、プラグイン内でQRコード画像の生成も調整する必要がありました。QRコードにカスタムの背景を使用したい場合は、 カスタムvisualead APIキー。 設定/その他/ QRコード設定で入力すると、QRコードロゴの背景として使用するカスタム画像にURLを追加できます。

Visualeadはまた彼らの中に機能を実装します 管理ダッシュボード すぐに、ユーザーがproject_idを作成できるようになります。これにより、カスタム背景を使用するプロセスが簡単になります。

デフォルトのロゴのQRコード画像生成もプロv1.5で最適化されました。v3の代わりにVisualead API v1が使用され、(generate_from_projectメソッドを使用して)QRコード画像生成が高速化されます。

さらに、生成されたQRコード画像のキャッシュのサポートも追加しました。これはデフォルトで有効になっています。

QRコードキャッシュ

デフォルトでは、生成されたすべてのQRコード画像は/ wp-content / uploads / leaflet-maps-marker-qr-codes /に保存され、対応するマーカーまたはレイヤーマップが削除されると削除されます。 マップに対して一度だけ生成する必要があるため、このキャッシュにより、QRコードの取得がはるかに高速になります。

その他の変更と最適化

  • マーカーアイコンのalt属性としてマーカー名を追加することにより、アクセシビリティを改善
  • HTML5フルスクリーンアップデート:Retinaアイコン+オン/オフの異なるアイコンのサポート
  • 管理ダッシュボードウィジェットをクリーンアップ(ブログ投稿のタイトルのみを表示)

バグの修正

  • オプションworldCopyJumpがtrueに設定されている場合、マップは壊れます
  • レイヤーがコントロールしすぎる画像は、Retinaディスプレイを備えたモバイルデバイスでは表示されませんでした
  • プロプラグインのアクティブ化に関する未定義のインデックスメッセージ
  • パネルのないフルスクリーンレイヤーマップは、間違ったレイヤーセンターを表示しました(ths Massimo!)
  • ライセンスキーが入力されていない場合、ライセンスページでデバッグが有効になっているPHP警告メッセージ

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の翻訳の更新が含まれています。

更新された翻訳

  • ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
  • Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
  • Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
  • ドイツ語翻訳の更新
  • Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
  • Inge Tang(http://drommemila.no)のおかげでノルウェー語(ブークモール)の翻訳を更新
  • Tomasz Rudnickiのおかげでポーランド語の翻訳が更新され、 http://www.kochambieszczady.pl

翻訳に貢献したい場合(タイ語はすばらしいと思います)は、次のWebサイトにアクセスしてください。 http://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

既知の問題点

次の問題は未解決のままです。できるだけ早く修正できるよう最善を尽くします。

  • Google Adsense広告はレイヤーマップではクリックできません

Outlook –次のリリースの私の計画

@からのフィードバックに感謝シンドリューインバーガー、これまでにいくつかのプラグインの問題の解決を助けてくれた私は、フロントエンドでマーカーのフィルタリングを有効にする方法を特定しました。基本的に、フィルタリングはマルチレイヤーマップで使用できます–各レイヤーはマルチレイヤーマップに割り当てられますレイヤーコントロールボックスに追加され、ユーザーはそれらをオン/オフに切り替えることができます。 この機能は、プロv1.6開発の主な焦点になります。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

多くの改善とバグ修正を行ったleaflet.js v0.7へのアップグレード(詳細: リリースノート詳細な変更ログ)
ネイティブの最大ズームレベルが低い場合に自動アップスケーリングするすべてのベースマップのグローバル最大ズームレベル(21)
マーカーアイコンのalt属性としてマーカー名を追加することにより、アクセシビリティを改善
WordPress 3.8 / MP6(レスポンシブ管理テンプレート)との互換性
HTML5フルスクリーンアップデート:Retinaアイコン+オン/オフの異なるアイコンのサポート
管理ダッシュボードウィジェットをクリーンアップ(ブログ投稿のタイトルのみを表示)
visualead QRコード生成:カスタム画像URLに必要なAPIキー、キャッシングのサポートを追加–詳細はブログ投稿を参照
30日間の無料試用を登録するための最適化されたライセンス設定ページ
オプションworldCopyJumpがtrueに設定されている場合、マップは壊れます
レイヤーがコントロールしすぎる画像は、Retinaディスプレイを備えたモバイルデバイスでは表示されませんでした
プロプラグインのアクティブ化に関する未定義のインデックスメッセージ
パネルのないフルスクリーンレイヤーマップは、間違ったレイヤーセンターを表示しました(ths Massimo!)
ライセンスキーが入力されていない場合、ライセンスページでデバッグが有効になっているPHP警告メッセージ
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
ドイツ語翻訳の更新
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Inge Tang(http://drommemila.no)のおかげでノルウェー語(ブークモール)の翻訳を更新
Tomasz Rudnickiのおかげでポーランド語の翻訳が更新され、 http://www.kochambieszczady.pl
既知の問題点
Google Adsense広告はレイヤーマップではクリックできません

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Leaflet Maps Marker Pro」の横にある「更新を手動で確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの設定を一度保存​​して、QRコードAPIリンクを呼び出すときに未定義の変数に関するPHPの通知を回避してください。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X