情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

leaflet.js v1.5.1および重複マップ機能をサポートするPro v0.7.1が利用可能です

Pro v1.5.1は主にバグ修正リリースですが、マップを複製するための新機能も追加されています。 詳細については、以下をお読みください。

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

それでは、プロv1.5.1のハイライトを見てみましょう。

leaflet.js v0.7.1にアップグレード

leaflet.js v0.7.1は、特に古いAndroidモバイルの7つのバグを修正します。 見る 詳細な変更ログ 詳細についてはこちら。

重複マーカー機能

一部のユーザーからのリクエストに応じて、マーカーマップを複製する機能を追加しました。 これは、マーカーのリストで実行できます(一括操作も可能です)。

マーカーの重複リスト

マーカーの編集ページでは、下部にある新しいボタン「複製」を使用してマーカーを複製することもできます。

複製マーカー編集ページボタン

Google Maps API for Business forcsv / xls / xlsx / odsインポートジオコーディングを使用するオプション

デフォルトでは、Google Maps APIは2.500日あたり100.000のジオコーディングリクエストとIPを許可します。 一方、Google Maps API for Businessでは、XNUMX日あたり最大XNUMXのジオコーディングリクエストが可能です。 インポーター内で、Google Maps API for businessアカウントを構成することもできます。

google-maps-api-business-config

その他の変更と最適化

  • csv / xls / xlsx / odsインポートのジオコーディング:Google Maps APIがエラーOVER_QUERY_LIMITを返した場合、1.5秒待ってからもう一度お試しください
  • WordPress 3.8 / MP6テーマ用に最適化されたバックエンドページ(区切り線を再度追加し、空白の使用量を削減)
  • MapsMarker APIリクエストのジオコーディング:Google Maps APIがエラーOVER_QUERY_LIMITを返した場合、1.5秒待ってからもう一度お試しください
  • 準備済みステートメントをさらに使用することにより、フルスクリーンマップに必要な強化されたSQLステートメント
  • メインメニューと管理バーのエントリを「マップマーカー」から「マップマーカープロ」に再度変更して、ライトバージョンとの混乱を回避
  • メインの管理バーメニューエントリ(「Maps Marker Pro」)からリンクを削除し、モバイルデバイスでの操作性を向上

バグの修正

  • Googleマーカーマップの利用規約とフィードバックリンクの破損
  • レイヤーマップ上の壊れたGoogle Adsense広告リンク

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の翻訳の更新が含まれています。

更新された翻訳

  • ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
  • Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
  • ドイツ語翻訳の更新
  • Andy Aditya SastrawikartaとEmir Hartatoのおかげでインドネシア語の翻訳が更新され、 http://whateverisaid.wordpress.com
  • Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone

翻訳に貢献したい場合(タイ語はすばらしいと思います)は、次のWebサイトにアクセスしてください。 http://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

レイヤーマップのGoogle広告バグを修正したことによる大きな副次効果は、Googleストリートビューをマップ内に統合する方法を見つけたことです🙂レイヤーのフィルタリングはv1.7に延期され、v1.6開発の焦点は、 Googleストリートビュー。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

0.7.1つのバグ修正を施したleaflet.js v7にアップグレード(詳細な変更ログ)
重複マーカー機能
csv / xls / xlsx / odsインポートジオコーディングにGoogle Maps API for Businessを使用するオプション(これにより、100.000日あたり2.500リクエストではなく最大XNUMXリクエストが可能になります)
csv / xls / xlsx / odsインポートのジオコーディング:Google Maps APIがエラーOVER_QUERY_LIMITを返した場合、1.5秒待ってからもう一度お試しください
WordPress 3.8 / MP6テーマ用に最適化されたバックエンドページ(区切り線を再度追加し、空白の使用量を削減)
MapsMarker APIリクエストのジオコーディング:Google Maps APIがエラーOVER_QUERY_LIMITを返した場合、1.5秒待ってからもう一度お試しください
準備済みステートメントをさらに使用することにより、フルスクリーンマップに必要な強化されたSQLステートメント
メインメニューと管理バーのエントリを「マップマーカー」から「マップマーカープロ」に再度変更して、ライトバージョンとの混乱を回避
メインの管理バーメニューエントリ(「Maps Marker Pro」)からリンクを削除し、モバイルデバイスでの操作性を向上
Googleマーカーマップの利用規約とフィードバックリンクの破損
レイヤーマップ上の壊れたGoogle Adsense広告リンク
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
ドイツ語翻訳の更新
Andy Aditya SastrawikartaとEmir Hartatoのおかげでインドネシア語の翻訳が更新され、 http://whateverisaid.wordpress.com
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Leaflet Maps Marker Pro」の横にある「更新を手動で確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの設定を一度保存​​して、QRコードAPIリンクを呼び出すときに未定義の変数に関するPHPの通知を回避してください。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X