情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

更新されたTinyMCE統合とパフォーマンス改善を備えたPro v1.5.4が利用可能です

更新された目に見えるTinyMCE統合とは別に、このリリースでは、内部で多くの改善が行われています。 特にバックエンドのコードについて、徹底的なコードレビューを行い、可能な限り改善しようとしました。 結果として必要なmysqlクエリとhttpリクエストの数を減らすことができ、ロード時間と応答性に関してプラグインがはるかに効率的になりました。

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

それでは、プロv1.5.4のハイライトを見てみましょう。

最適化されたTinyMCEメディアボタン統合

ビジュアルツールバーとテキストツールバーからマップボタンを削除してTinyMCE統合を更新し、代わりにエディターの上にあるボタンを一般的なTinyMCEデザインに合わせて調整しました。

tinymce-new-button

ボタンをクリックすると開くポップアップにも、新しいデザインといくつかの新しい機能があります。

tinymce-new-popup

マーカーアイコンとレイヤーアイコンがマップのタイトルの左側に表示されるようになりました。 また、各エントリの左側に、新しいウィンドウでマップを開くためのリンクを追加しました。 挿入ボタンは、マップが選択されている場合にのみクリックできるようになりました。 テキスト「powered by mapsmarker.com」が削除されました。

また、Maps Marker TinyMCEポップアッププラグインの読み込み方法を変更し、読み込みをより効率的にしました。 スタイルはまた、主要なハイライトとして更新されたTinyMCE 3.9を含むWordPress 4.0-alphaに対してもテストされます。

TinyMCEボタンを非表示にしたい場合は、設定/その他/一般設定に移動し、「TinyMCEボタン」の設定を「無効」に変更してください。

パフォーマンスの最適化

  • マーカー編集ページと投稿/ページのパフォーマンスの向上(TinyMCEスクリプトと追加のWordPress初期化を削除することにより)
  • 動的変更ログのパフォーマンスの向上(追加のWordPress初期化を削除することにより)
  • バックエンドでのgpxロードのパフォーマンスが向上しました(必要なデータベースクエリを拒否することにより)
  • バックエンドでの最適化されたCSSロード(leaflet.cssはマーカーおよびレイヤー編集ページでのみロード)
  • マーカー編集ページのjquery時間ピッカーアドオンcssのhttpリクエストを削減
  • 新しいレイヤー編集ページでのSQLクエリとHTTPリクエストを減らすことにより、バックエンドのパフォーマンスを最適化
  • オンデマンドでのみマルチレイヤーマップのマーカー数を表示することにより、レイヤー編集ページのmysqlクエリを削減

その他の小さな変更

  • ページレイアウトを壊さないために、マーカー編集ページの選択ボックスにレイヤー名の最初の25文字のみを表示
  • flickr-galleryプラグインのバックエンド互換性チェックを削除
  • GeoJSON API:marker = allパラメーターを追加し、all / *のみにすべてのマーカーのリストを許可します
  • KML API:marker = allパラメーターを追加し、all / *のみにすべてのマーカーのリストを許可します
  • Internet Explorer 9未満のミニマップCSSスタイルを追加(thx kermit-the-frog!)
  • ioncubeローダーウィザードをv2.40に更新
  • jQuery timepickerアドオンをv1.43に更新

バグの修正

  • GPX追加の境界に適合し、「境界に適合」リンクをクリックすると壊れていました
  • bing urlテンプレートの変更によりhttpsが使用された場合、bingマップが壊れていました
  • Wikitude APIが特定のパラメーターで呼び出されたときのPHPエラーログエントリ
  • マーカーパラメータのGeoRSS APIに正しくないタイトルが表示される

翻訳の更新

の翻訳サイト http://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 新しいデザインを取得し、すぐにSSL経由のログインもサポートします。

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の翻訳の更新が含まれています。

更新された翻訳

  • Patrick Ruersのおかげでオランダ語、http://www.stationskwartiersittard.nl
  • ドイツ語
  • ルカ・バルベッティのおかげでイタリア語、 http://twitter.com/okibone

翻訳に貢献したい場合(更新が必要な場合もあります)にアクセスしてください http://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

v1.6の開発はGoogleストリートビューの統合に重点が置かれ、v1.7はフロントエンドのレイヤーのフィルタリングに重点が置かれます。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

投稿/ページ用に最適化されたTinyMCEメディアボタンの統合(ボタンを一度だけ表示してデザインを更新)
マーカー編集ページと投稿/ページのパフォーマンスの向上(TinyMCEスクリプトと追加のWordPress初期化を削除することにより)
動的変更ログのパフォーマンスの向上(追加のWordPress初期化を削除することにより)
バックエンドでのgpxロードのパフォーマンスが向上しました(必要なデータベースクエリを拒否することにより)
バックエンドでの最適化されたCSSロード(leaflet.cssはマーカーおよびレイヤー編集ページでのみロード)
flickr-galleryプラグインのバックエンド互換性チェックを削除
GeoJSON API:marker = allパラメーターを追加し、all / *のみにすべてのマーカーのリストを許可します
KML API:marker = allパラメーターを追加し、all / *のみにすべてのマーカーのリストを許可します
Internet Explorer 9未満のミニマップCSSスタイルを追加(thx kermit-the-frog!)
ioncubeローダーウィザードをv2.40に更新
jQuery timepickerアドオンをv1.43に更新
マーカー編集ページのjquery時間ピッカーアドオンcssのhttpリクエストを削減
新しいレイヤー編集ページでのSQLクエリとHTTPリクエストを減らすことにより、バックエンドのパフォーマンスを最適化
ページレイアウトを壊さないために、マーカー編集ページの選択ボックスにレイヤー名の最初の25文字のみを表示
オンデマンドでのみマルチレイヤーマップのマーカー数を表示することにより、レイヤー編集ページのmysqlクエリを削減
GPX追加の境界に適合し、「境界に適合」リンクをクリックすると壊れていました
bing urlテンプレートの変更によりhttpsが使用された場合、bingマップが壊れていました
Wikitude APIが特定のパラメーターで呼び出されたときのPHPエラーログエントリ
マーカーパラメータのGeoRSS APIに正しくないタイトルが表示される
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
translation.mapsmarker.comの新しいデザインテンプレートとSSLログインのサポート
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
ドイツ語翻訳の更新
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Leaflet Maps Marker Pro」の横にある「更新を手動で確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X