情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

Pro v1.5.7 with breaking API changes and usability optimizations is available

With pro v1.5.7 I focused once more on improving existing features and overall backend usability. Maps Marker APIの認証方法も完全に変更され、公開鍵のみを使用する古い認証方法はサポートされなくなりました! So if you´re using the API to manage your maps, please upgrade your application before updating the plugin to the latest version! Please see below for more details.


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。


それでは、プロv1.5.7のハイライトを見てみましょう。

support for dynamic switching between simplified and advanced editor

You can now switch dynamically between simplified and advanced editor on backend, without having to reload the page – just click on the editor switch link on marker or layer edit pages:

dynamic-editor-switching

The updated setting will get saved once finish by publishing or updating a marker or layer map.

MapsMarker APIのより安全な認証方法

v1.5.6までは、公開鍵を使用してAPIアクションを実行するだけでした。 利用可能な追加のセキュリティレイヤーがいくつかありますが(特定のIPからのリクエストのみを受け入れる、または必要なリファラーを指定するなど)、この認証方法には欠点があります:(ネットワークトラフィックをタップしたり、リクエストログファイルにアクセスしたりして)この公開鍵を知っている人たとえば)APIアクションを実行できます(特にアクティブな追加のセキュリティレイヤーがない場合)。

v1.5.7以降、すべてのAPIリクエストは、公開鍵と秘密鍵、および有効期限値を必要とする有効期限が切れる署名を使用して認証される必要があります。 これは、AmazonがS3ストレージAPIへのアクセスを保護するために使用するアプローチに似ています。 認証されると、アクティブ化されたすべてのAPIアクションを実行できます。

PHP、JavaScript、C#の例を MapsMarker APIドキュメント プログラムで有効な署名を作成する方法について。

さらに、「API URL Generator」と「API URL Tester」がツールページに追加され、手動で署名を作成できるようになりました。

api-url-generator

api-url-tester

とにかく、これは実際にはお勧めできません。安全な方法は、たとえば1分で自動的に期限切れになる署名をプログラムで作成することです。

公開鍵のみを使用する古い認証方法はサポートされなくなったことに注意してください。 v1.5.7に更新する前にアプリケーションをアップグレードしてください!

APIによって実施されるセキュリティ対策に加えて、WordPressサイトにSSLを実装することを強くお勧めします(このAPIの範囲を超えています)。

詳細については、更新されたを参照してください MapsMarker APIドキュメント – Maps Marker APIを使用してクールなアプリケーションを作成した場合、 私に教えてください に追加します ショーケース!

境界ボックス検索などをサポートする新しいMapsMarker API検索アクション

With v1.5.7 I also added the new API action “search”. With that action, you can perform searches for any attributes of marker or layer maps. See the parameter tables in the MapsMarker APIドキュメント 概要については、

The search action also allows to perform bounding box searches (“show me all markers within an area”) and date-range-searches (“show me all markers created before 2013-01-01”).

詳細については、更新されたを参照してください MapsMarker APIドキュメント.

バックエンドの最適化されたマーカーおよびレイヤーページ

バックエンドのマーカーとレイヤー編集ページもv1.5.7で最適化されました。 ユーザーエクスペリエンスを向上させるために可能な限り空白を削除しようとし、欠けているラベルをフォーム要素に追加して選択を改善し、「詳細設定」行を追加し(WMSレイヤーが移動される場所など)、マーカーアイコンの表示と選択を最適化しました。これは視覚的にサポートされています。

マーカーアイコン最適化

(ファイル名に基づく)バックエンドのマーカーアイコンのフィルタリングのサポート

As requested by users, the list of icons is now also filterable on backend based on the filename, showing the results dynamically:

filter-icons

ツールページからのマーカーIDとレイヤーIDの変更のサポート

Within the tools page I added two new actions, allowing you to change the IDs of marker and layer maps:

change-marker-layer-id

Please keep in mind that there is one limitation when changing the ID of a layer: if the layer is part of a multi-layer-map, you manually have to re-assign the layer with the new ID to the multi-layer-map, as this does not get updated automatically!

選択したレイヤーのみのツールページでのマーカーマップの一括更新のサポート

Until v1.5.6 the bulk update feature for marker maps on the tools page had one shortcoming: you could only change all existing marker maps and make no selection.

This has now changed with v1.5.7, allowing you to perform bulk updates for all marker maps for marker maps from selected layers only:

bulk-marker-updates-filter

マーカーマップ名の単一引用符がエスケープされました

v1.5.6までは、マーカーまたはレイヤー名で使用される文字「\」はエスケープされていました。 これは修正されました(レポート用のエリックです!)。 この修正は、名前に 'が含まれている作成済みのマップには影響しないことに注意してください。v1.5.7へのアップデート後、影響を受けるマップを開いて名前を修正し、再度保存してください。

その他の最適化と変更

  • マルチレイヤーマップのチェックボックスは、レイヤー編集ページでもデフォルトで表示されるようになりました
  • 凡例リンクが空の場合、WMS凡例リンクはWMS属性に追加されません
  • mapsmarker.comに保存 ダイナースクラブのクレジットカードも利用できるようになりました

バグの修正

  • マーカーがインポートによって更新/作成された場合、マーカーマップ名の二重引用符がマップを分割する
  • マーカーがAPI経由で更新された場合、マーカーマップ名の二重引用符がマップを分割する
  • Maps Marker APIのレイヤビューアクションのパラメータクラスタリングは結果を返しませんでした

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が付属しています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

新機能のリリース日をお約束することはできません。 主要な新機能のロードマップ(v1.6でのGoogleストリートビューのサポートとv1.7のフロントエンドでのレイヤーのフィルタリングのサポート)はまだ有効ですが、かなり計画外のマイナーで最適化とバグ修正を追加する柔軟性を維持したいと思います主にユーザーからのフィードバックによるリリース。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

簡略化されたエディターと高度なエディターの間の動的切り替えのサポート(これ以上のリロードは必要ありません)
より安全な認証方法 MapsMarker API (公開鍵のみを使用する古いメソッドはサポートされなくなりました。)
新しい MapsMarker API 境界ボックス検索などをサポートする検索アクション
(ファイル名に基づく)バックエンドのマーカーアイコンのフィルタリングのサポート
ツールページからのマーカーIDとレイヤーIDの変更のサポート
選択したレイヤーのみのツールページでのマーカーマップの一括更新のサポート
mapsmarker.comに保存 ダイナースクラブのクレジットカードも利用できるようになりました
バックエンドの最適化されたマーカーおよびレイヤーページ(最適化されたマーカーアイコンの表示、ワークフローを改善するための空白の削減、「詳細設定」行の追加)
マルチレイヤーマップのチェックボックスは、レイヤー編集ページでもデフォルトで表示されるようになりました
凡例リンクが空の場合、WMS凡例リンクはWMS属性に追加されません
すべてのフォーム要素にラベルを追加することにより、バックエンドでの入力を最適化
マーカーマップ名の単一引用符はエスケープされました(thx Eric!)
マーカーがインポートによって更新/作成された場合、マーカーマップ名の二重引用符がマップを分割する
マーカーがAPI経由で更新された場合、マーカーマップ名の二重引用符がマップを分割する
Maps Marker APIのレイヤビューアクションのパラメータクラスタリングは結果を返しませんでした
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com とファビアン・ヒューレル、 http://hurelle.fr
ドイツ語翻訳の更新
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro ダニエル・コドレア http://www.inadcod.com
Zdenko Podobnyのおかげで更新されたスロバキア語翻訳
既知の問題点
WordPress <3.7が使用されている場合、カスタムマーカークラスターの色がバックエンドレイヤーマップに表示されません–アップグレードをお勧めします!

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動でアップデートを確認する」リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

check-for-updates-new

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X