情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

ウィーン市によるセキュリティ監査に基づくWordPress 1.5.8互換性と改善を含むPro v3.9が利用可能です

v1.5.8は、間もなくリリースされるWordPress 3.9の問題を修正するため、主に互換性とセキュリティ関連のリリースです。 また、ウィーン市によるXNUMX回目のセキュリティ監査に基づく改善も含まれています。

それでも、多くの内部的な改善が行われ、特に開発者が特定のマップにLeaflet APIを利用したり、カスタムスタイルをより簡単に追加したりすることが容易になりました。 詳細は以下をご覧ください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。


それでは、プロv1.5.8のハイライトを見てみましょう。

ウィーン市によるXNUMX番目のセキュリティ監査からの推奨事項を実装することにより、プラグインのセキュリティを改善

ウィーン市はMaps Marker Proの使用を顧客に提供することを計画しているため、包括的なセキュリティ監査を実施しました。 発見された(潜在的な)脆弱性はすべてこの問題で対処および修正されました。 したがって、v1.5.8への更新は、いつものように、推奨されます。

オプション「ポップアップの画像の最大幅」をオプション「ポップアップの画像のCSS」に置き換え

設定/マップのデフォルト/「マーカーポップアップのデフォルト値」にあるオプション「ポップアップ内の画像の最大幅」は、より柔軟なオプション「ポップアップ内の画像のCSS」に置き換えられました。

css-popup-images

ポップアップの画像の最大幅を変更した場合は、ここでアクションが必要になることに注意してください。 ただ変える max-width:234px!重要; 以前の「ポップアップの画像の最大幅」の値に。

フロントエンドで乱数の代わりに永続的なJavaScript変数名に切り替える

Saschaからのフィードバックのおかげで、Maps Marker Proはフロントエンドの乱数ではなく永続的なJavaScript変数名(IDで識別)を使用するようになりました(例:lmm_map_4a1a2の代わりにmarkermap_0552またはlayermap_5)。

この変更により、 リーフレットAPI プラグインの外から。 マーカーマップID 4のズームレベルを21に変更するためのJavaScriptコードの例(テーマのフッターに追加する必要があります)の下:

<script type="text/javascript">
markermap_4.setZoom(21);
</スクリプト>

カスタムスタイリングを改善するために、CSSクラスmarkermap / layermapおよびmarker-ID / layer-IDを各マップdivに追加します

各マップには、より正確なスタイル設定を可能にする新しいCSSクラスも含まれています。

  • 各マップにはCSSクラスがあります マップマーカー
  • さらに、マーカーマップはCSSクラスを取得します マーカーマップ レイヤーマップはCSSクラスを取得します レイヤーマップ
  • さらに、maptypeとIDを持つCSSクラスが追加されます。 マーカー-1 or レイヤー4

マーカー名をポップアップに自動的に追加するオプション

ユーザーの要求に応じて、マーカー名をポップアップテキストに自動的に追加することも可能になりました。

markername-in-popups

デフォルトでは、この設定は無効になっています。 有効にしたい場合は、設定/マップのデフォルト/マーカーポップアップのデフォルト値に移動してください。

add-markername-popup

管理者がマーカーおよびレイヤーマップのcreatedbyおよびcreatedon情報を変更できるようにする

管理者は、マーカーとレイヤーマップのcreatedbyとcreatedonの情報を変更することもできます。

監査変更管理者

一般ユーザーはこれらのフォームフィールドを編集できません。

マーカー/レイヤーの編集ページまたは設定ページを離れる前に、保存されていない変更に関するアラートを表示します

このリリースでは、マーカーやレイヤーページをバックエンドに残そうとしたり、設定ページに未保存の変更を残そうとしたりすると、投稿やページの編集からこれがわかるため、警告ポップアップが追加されます。 ロケールがドイツ語のサイトの例を以下に示します。

未保存の変更

QRコード画像キャッシュをクリアする新しいツール

このリリースには、QRコード画像のキャッシュを消去できる新しいツールも追加されています。

clear-qr-code-images

とにかく、このツールの使用は、新しいQRコードの背景が設定されている場合、またはフルスクリーンマップへのURLが変更された場合(別のドメインに移動した場合など)にのみ推奨されます。

その他の最適化と変更

  • ポップアップを閉じた後、マップがマーカーマップの最初の位置に戻る
  • gifおよびjpgマーカーアイコンのサポートを追加
  • マーカー+レイヤーの更新時に最適化されたバックエンドの読み込み時間(プラグインヘッダーをもうXNUMX回読み込まない;次:AJAX😉
  • 無料のタイルサービスが廃止されたため、Cloudmadeベースマップのサポートを削除(-> Cloudmadeを使用したマップのベースマップをOSMに変更)
  • バックエンドのレイヤーセンターピンは常にマーカーの上に留まり、少し透明になりました(ths Sascha!)
  • マーカー編集ページのポップアップコンテンツの最適化されたライブプレビュー(ルートリンクの現在の住所も表示されるようになりました)
  • マーカーのリストの「テーブルセルの追加のCSS」オプションを削除
  • ライセンス検証の呼び出しは、WordPress HTTP APIを介して行われるようになり、wp-config.phpで設定されたプロキシをサポートします
  • カスタムマーカーアイコンとシャドウチェックにcURL()の代わりにWordPress HTTP APIを使用する
  • セキュリティ向上のために、WP_Filesystem()の代わりにアイコンのアップロードにwp_handle_upload()を使用します
  • マーカークラスターコードベースの更新(14/03/14の代わりにビルド21/01/14を使用)
  • HTML5フルスクリーンボタンに適切なタイトルを設定します(フルスクリーンを表示/フルスクリーンを終了)

バグの修正

  • Internet Explorer 11では、バックエンドでのマーカーアイコンの選択が壊れていました(他のブラウザーの使用をお勧めします)
  • Maps Marker API:createdon / updatedonパラメータの投稿リクエストの有効性チェックに失敗しました(thx Sascha!)
  • 明確に追加:両方; フローティング画像の表示を修正するためのポップアップテキストの道順リンクへ(thx Sascha!)
  • テンプレートファイルまたはウィジェット内でショートコードが使用されている場合、マーカークラスターのカスタムCSSは使用されませんでした
  • マーカー編集ページのマーカーポップアップテキストのルート設定へのリンクが壊れていました(高度なエディターでのみ表示)
  • WMSレイヤーの動的プレビューがv1.5.7以降のバックエンドで壊れていました
  • 潜在的なクロスサイトスクリプティングの問題(主に管理ユーザーのみが悪用可能)
  • レイヤーマップのWikitude API出力に関するwpdb :: prepare()警告メッセージ
  • WordPress 3.9-alpha以降、ビジュアルtinyMCEエディターはマーカー編集ページとツールページで壊れていました
  • WordPress 3.9-alpha以降、アイコンのアップロードボタンが壊れていました
  • mysql_real_escape_string()を使用した入力値のエスケープは、WordPress 3.9-alpha(現在はesc_sql()に置き換えられています)以降は失敗しました
  • WordPress 3.9-alpha以降、設定のリセットが壊れていました(esc_sql()に置き換えられました)

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が付属しています。

  • Patrick Ruersのおかげでオランダ語、http://www.stationskwartiersittard.nl
  • ドイツ語
  • ジュリス・オルロフのおかげでラトビア語、 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
  • アリアンのおかげでルーマニア語、 http://administrare-cantine.ro ダニエル・コドレア http://www.inadcod.com
  • Alvaro Laraのスペイン語のおかげ、http://www.alvarolara.com、Victor Guevara、 http://1sistemas.net そしてリカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com
  • Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonのスウェーデンのおかげ http://www.paulsson.eu エルガー・リンドグレン、 http://20x.se

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する報酬として、149ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

新機能のリリース日をお約束することはできません。 主要な新機能のロードマップ(v1.6でのGoogleストリートビューのサポートとv1.7のフロントエンドでのレイヤーのフィルタリングのサポート)はまだ有効ですが、かなり計画外のマイナーで最適化とバグ修正を追加する柔軟性を維持したいと思います主にユーザーからのフィードバックによるリリース。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

カスタムスタイリングを改善するために、CSSクラスmarkermap / layermapおよびmarker-ID / layer-IDを各マップdivに追加します
マーカー名をポップアップに自動的に追加するオプション(デフォルト= false)
管理者がマーカーおよびレイヤーマップのcreatedbyおよびcreatedon情報を変更できるようにする
マーカー/レイヤーの編集ページまたは設定ページを離れる前に、保存されていない変更に関するアラートを表示します
QRコード画像キャッシュをクリアする新しいツール
ポップアップを閉じた後、マップがマーカーマップの最初の位置に戻る
gifおよびjpgマーカーアイコンのサポートを追加
オプション「ポップアップ内の画像の最大幅」をオプション「ポップアップ内の画像のCSS」に置き換えました(ポップアップの画像の最大幅を変更した場合、アクションが必要です!)
フロントエンドで乱数ではなく永続的なJavaScript変数名に切り替え(thx Sascha!)
無料のタイルサービスが廃止されたため、Cloudmadeベースマップのサポートを削除(-> Cloudmadeを使用したマップのベースマップをOSMに変更)
バックエンドのレイヤーセンターピンは常にマーカーの上に留まり、少し透明になりました(ths Sascha!)
マーカー編集ページのポップアップコンテンツの最適化されたライブプレビュー(ルートリンクの現在の住所も表示されるようになりました)
マーカーのリストの「テーブルセルの追加のCSS」オプションを削除
マーカー+レイヤーの更新時に最適化されたバックエンドの読み込み時間(プラグインヘッダーをもうXNUMX回読み込まない;次:AJAX😉
ウィーン市によるXNUMX番目のセキュリティ監査からの推奨事項を実装することにより、プラグインのセキュリティを改善
ライセンス検証の呼び出しは、WordPress HTTP APIを介して行われるようになり、wp-config.phpで設定されたプロキシをサポートします
カスタムマーカーアイコンとシャドウチェックにcURL()の代わりにWordPress HTTP APIを使用する
セキュリティ向上のために、WP_Filesystem()の代わりにアイコンのアップロードにwp_handle_upload()を使用します
マーカークラスターコードベースの更新(14/03/14の代わりにビルド21/01/14を使用)
HTML5フルスクリーンボタンに適切なタイトルを設定します(フルスクリーンを表示/フルスクリーンを終了)
Internet Explorer 11では、バックエンドでのマーカーアイコンの選択が壊れていました(他のブラウザーの使用をお勧めします)
Maps Marker API:createdon / updatedonパラメータの投稿リクエストの有効性チェックに失敗しました(thx Sascha!)
明確に追加:両方; フローティング画像の表示を修正するためのポップアップテキストの道順リンクへ(thx Sascha!)
テンプレートファイルまたはウィジェット内でショートコードが使用されている場合、マーカークラスターのカスタムCSSは使用されませんでした
マーカー編集ページのマーカーポップアップテキストのルート設定へのリンクが壊れていました(高度なエディターでのみ表示)
WMSレイヤーの動的プレビューがv1.5.7以降のバックエンドで壊れていました
潜在的なクロスサイトスクリプティングの問題(主に管理ユーザーのみが悪用可能)
レイヤーマップのWikitude API出力に関するwpdb :: prepare()警告メッセージ
WordPress 3.9-alpha以降、ビジュアルtinyMCEエディターはマーカー編集ページとツールページで壊れていました
WordPress 3.9-alpha以降、アイコンのアップロードボタンが壊れていました
mysql_real_escape_string()を使用した入力値のエスケープは、WordPress 3.9-alpha(現在はesc_sql()に置き換えられています)以降は失敗しました
WordPress 3.9-alpha以降、設定のリセットが壊れていました(esc_sql()に置き換えられました)
翻訳の更新翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
ドイツ語翻訳の更新
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro ダニエル・コドレア http://www.inadcod.com
Alvaro Lara、http://www.alvarolara.com、Victor Guevara、http://1sistemas.net、およびRicardo Viteri、http://www.labviteri.comのおかげで更新されたスペイン語翻訳
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu エルガー・リンドグレン、 http://20x.se

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動でアップデートを確認する」リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

check-for-updates-new

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X