情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

GPXを備えたPro v2.0、レイヤー管理およびセキュリティの改善が利用可能です

Maps Marker Pro v2.0を発表できることを嬉しく思います! このリリースでは、ハイライトとして、バックエンドのレイヤー管理の改善とフロントエンドのGPXの改善が追加されています。

さらに、内部の小さな最適化とバグ修正、およびセキュリティ強化が追加されています。 詳細な変更については、以下をお読みください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.0のハイライトを見てみましょう。

GPXパネルに追加されたGPXファイルのダウンロードリンク

GPXトラックの共有が簡単になりました。デフォルトで、使用されているGPXファイルのダウンロードリンクがマップの下のGPXパネルに追加されます。

ダウンロード-gpx

Jasonにアイデアをありがとう!

「すべてのレイヤーをリスト」ページでレイヤーを検索

Pro v2.0では、レイヤーの検索(ID、レイヤー名、アドレスによる)がバックエンドの[List all layer]ページに追加されました。

全層検索リスト

レイヤーマップの複製のサポート

レイヤーも複製できるようになりました(割り当てられたマーカーはその機能を使用しても複製されないことに注意してください)。

行をホバーしたときの「すべてのレイヤーをリスト」ページの新しい重複リンク:

複製1

下部のレイヤー詳細ビューの新しい複製ボタン:

複製2

レイヤーの一括アクション

バックエンドの[すべてのレイヤーを一覧表示]ページで、一括操作(複製、レイヤーのみの削除、マーカーの削除と再割り当て)も実行できるようになりました。

バルクアクションレイヤー

プラグインパッケージの整合性を検証するためにSHA-256ハッシュとPGP署名を追加(詳細)

A ハッシュ値 各プラグインパッケージファイルで処理されたファイルが追加され、コンテンツが正常に転送され、ダウンロードプロセス中に損傷していないことを確認する方法が提供されます。 新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合は、Maps Marker Proプラグインパッケージのハッシュ値を確認することをお勧めします。自動更新プロセスを使用する場合は、検証は必要ありません。

これらのリリースノートの最後に、現在のパッケージのSHA-256ハッシュ値が記載されています。 ハッシュ値を確認する方法の詳細については、ここをクリックしてください.

その他の変更と最適化

  • mapsmarker.comとライセンスAPIのセキュリティの向上(Perfect Forward Secrecy、TLS 1.2、SHA-256証明書ハッシュのサポート)
  • mapsmarker.comをより強力なサーバーに移動し、パフォーマンスの向上とロード時間の短縮(thx twosteps.net!)
  • マーカーのリスト内のIDおよびアドレスによる検索のサポート(thx Will!)
  • データベースのクリーンアップ:アクティブユーザーのuser_meta-table(dismissed_wp_pointers)から期限切れの更新ポインターIDを削除

バグの修正

  • ロードできないGPXファイルはマップを壊す可能性があります(thx Sebastian!)
  • 全画面マップのHTML lang属性がカスタム$ localeではなくde-DEに設定されている(thx sprokt!)
  • 直接ページングが使用された場合、マーカーのリストのカスタムソート順がリセットされました(thx Will!)
  • インポートページの[インポートの準備に戻る]リンクが壊れていました(ウィル!)
  • Sucuri WAFがアクティブである場合、視覚的なTinyMCEボタンが壊れていました(thx Sucuri for whitelisting!)
  • PHPエラーログエントリを防止するために、dbdelta()-SQLステートメントのバッククォートを削除しました(thro QROkes!)

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が付属しています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了したことに対する報酬として、無料の149ライセンスパック€100を受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

新機能のリリース日をお約束することはできません。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を柔軟に追加して、ほとんどがユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースを追加したいと思っています。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

GPXパネルにGPXファイルのダウンロードリンクが追加されました(thx Jason for idea!)
「すべてのレイヤーをリスト」ページでID、レイヤー名、アドレスでレイヤーを検索
レイヤーマップの複製のサポート(割り当てられたマーカーなし)
レイヤーの一括アクション(複製、レイヤーのみの削除、マーカーの削除と再割り当て)
マーカーのリスト内のIDおよびアドレスによる検索のサポート(thx Will!)
データベースのクリーンアップ:アクティブユーザーのuser_meta-table(dismissed_wp_pointers)から期限切れの更新ポインターIDを削除
プラグインパッケージの整合性を検証するためにSHA-256ハッシュとPGP署名を追加(詳細)
mapsmarker.comとライセンスAPIのセキュリティの向上(Perfect Forward Secrecy、TLS 1.2、SHA-256証明書ハッシュのサポート)
mapsmarker.comをより強力なサーバーに移動し、パフォーマンスの向上とロード時間の短縮(thx twosteps.net!)
ロードできないGPXファイルはマップを壊す可能性があります(thx Sebastian!)
全画面マップのHTML lang属性がカスタム$ localeではなくde-DEに設定されている(thx sprokt!)
直接ページングが使用された場合、マーカーのリストのカスタムソート順がリセットされました(thx Will!)
インポートページの[インポートの準備に戻る]リンクが壊れていました(ウィル!)
Sucuri WAFがアクティブである場合、視覚的なTinyMCEボタンが壊れていました(thx Sucuri for whitelisting!)
PHPエラーログエントリを防止するために、dbdelta()-SQLステートメントのバッククォートを削除しました(thro QROkes!)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com とファビアン・ヒューレル、 http://hurelle.fr
ドイツ語翻訳の更新
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Alvaro Laraのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com そしてフアン・バルデス
Victor Gueveraのおかげで更新されたスペイン語/メキシコ翻訳、 http://1sistemas.net そしてエズ・ラスカーノ

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256 hash value: F93C139C20FA234722FF092833C5A2228C4D32748641D2B31622D59983D2C0B1

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X