情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

AJAXマーカー編集サポートなどを備えたPro v2.1が利用可能

それはすべてで始まりました プラグインへのAJAX機能の追加に関するチュートリアル ピピンウィリアムズによって。 特に、マーカーの編集後に常にページ全体を再読み込みすると、私は非常に煩わしくなったので、「ねえ、それは本当にMaps Marker Proの素晴らしい追加になるだろう」と思いました。 チュートリアルは理解しやすく、数時間後、私はすでにプロトタイプを作成していました。 しかし–しばしば–悪魔は細部にいたため、このバージョンの開発に計画よりも時間がかかったのはこのためです。 それにもかかわらず、バックエンドでのマーカー編集用のAJAXをサポートするv2.1がついに利用可能になったことをお知らせできることを嬉しく思います🙂

バックエンドのマーカー編集ページにAJAXを追加することで、長い間最適化していない多くの古いコードを確認する必要がありました。これが、v2.1の変更ログがこれまでで最も長い理由です。 多くの変更と修正は非常に微妙ですが、全体的なスムーズなユーザーエクスペリエンスにとってそれほど重要ではありません。

また、問題や最適化の可能性についてフィードバックをくれたすべてのユーザーに感謝します。これは、Maps Marker Proの改善に大きく役立ちました!


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.1のハイライトを見てみましょう。

マーカーマップの最適化された編集ワークフロー– AJAXサポートにより、リロードは不要

AJAXは、たとえばページをリロードしなくてもデータベースを編集できるテクノロジーです。 最初のステップとして、バックエンドのマーカー編集ページにAJAX機能を追加しました。 そのため、新しいマーカーを追加したり、既存のマーカーを更新したりするたびに、ページ全体をリロードする必要なく、変更がすぐにデータベースに保存されます。

スクリーンショット1 –読み込みインジケーター:

ajax-loading-indicator

スクリーンショット2 –上部のステータスバー:

ajax-status-bar

最初は、v2.1のバックエンドにもレイヤー編集用のAJAXサポートを追加することも計画していましたが、これによりさらに遅延が発生するため、将来のリリースでレイヤー編集用のAJAXサポートを追加することにしました。

Mapbox統合をAPI v4に更新

2015年XNUMX月以降 Mapbox.com 新しいユーザーはAPI v4を使用する必要があります。つまり、カスタムMapboxベースマップを表示するには、カスタムAPIアクセストークンが必要です。

2015年3月より前に作成されたMapboxアカウントは、現在も(無料版でも)引き続き機能します。長期的には、Mapboxが既存のユーザーのAPI v4サポートを中止することを決定する可能性があるため、API vXNUMXへの更新を強くお勧めします!

v2.1にmapbox APIキーのサポートが追加されました。カスタムmapboxベースマップのセットアップ方法の詳細については、次のサイトにアクセスしてください https://www.mapsmarker.com/mapbox

レイヤーマップのポップアップテキストでショートコードを解析するためのサポート

v2.1より前のバージョンでは、デフォルトのWordPressショートコードまたはポップアップテキストに追加された他のプラグインからのショートコードは、マーカーマップでのみ正しく表示されました。 canebluからのフィードバックのおかげで、レイヤーマップでもこの機能をサポートする方法を見つけました。ありがとうございました。

マーカーの一括アクションを強化

Franからのフィードバックにより、マーカーの一括アクションセクションも改善されました。v2.1では、「マーカーのリスト」ページで複数のマーカーを複製し、新しいマーカーを別のレイヤーに再割り当てすることもできるようになりました一歩:

マスアクション割り当て

その他の変更と最適化

  • GPXパネルデータのCSSクラスとラベル(thx caneblu!)
  • CSSクラス.lmm-listmarkers-markernameを追加して、スタイリングを改善(thx Christian!)
  • <title>-タグの末尾に設定->一般->「サイトタイトル」を追加することにより、フルスクリーンマップのSEOを改善
  • GPXトラックへのURLとGPXパネルのステータスを一括編集できる拡張ツールセクション
  • ポップアップテキストのHTMLは、最近のマーカーウィジェットでも解析されるようになりました(thleg Oleg!)
  • ミニマップの改善:アイコンの切り替えと最小化された状態がスケーラブルになりました。 トグルアイコン(thx robpvn!)
  • 動的な変更ログがすでに非表示になっている場合は、mapsmarker.comの変更ログへのリンクで更新ポインタを取得
  • インポーターを介してマップを追加/更新するときに非表示の制御文字を削除すると、マップが壊れる可能性があります
  • マップが壊れる可能性があるため、インポーター/ do_shortcode()を介して追加されたGeoJSON配列から非表示の制御文字を削除します
  • ユーザーがアクセスして関連するWordPressバックエンドページを更新するときに、より頻繁に更新を確認します(thy Yahnis!)
  • manage_options-capability(thx Moti!)でユーザーにマップをロードできなかった場合にのみ、フロントエンドに完全なトラブルシューティングリンクを表示します
  • ダッシュボードのRSSアイテムキャッシュファイルにMD5-hashの代わりにカスタム名を使用して、WordFenceによるマルウェアとしての誤った識別を防ぎます(thx matiasgt!)
  • 対応する設定ページでのみカスタムselect2 JavaScriptを実行することにより、バックエンドのロード時間を最適化します
  • Googleプレイス検索が完全に読み込まれるまで、バックエンドの位置入力フィールドを無効にする
  • Wikitude APIからJSON配列を壊す可能性があるため、見えない制御文字を取り除きます
  • Wikitude APIエンドポイントリンクはマップビューアーには関係がないため、デフォルトでマップパネルに非表示にします(新規インストールの場合のみ)。
  • Wikitudeアプリ内での見つけやすさを高めるために、layer = allの場合はWikitude拡張現実世界名にサイト名を使用します
  • jQuery select2アドオンをv3.5.2に更新
  • datepickerのjQuery UIカスタムテーマをv1.11.2に更新
  • jquery UI datepickerの不要なスタイルシートをデキューすることにより、レイヤー編集ページの読み込み時間を改善
  • レイヤー編集ページで[このレイヤーに新しいマーカーを追加]ボタンをクリックした後、マーカー編集ページでレイヤー全体を選択できるようにする
  • マーカーマップのopenpopup状態は、(チェックボックスをオンにするだけでなく)マップをクリックするだけでポップアップを開いた後にも保存されるようになりました。
  • Googleベースマップの「タイルロード」でロードイベントを起動する
  • 更新されたmarkerclusterコードベース(27年10月2014日のビルドを使用 – thx danzel!)
  • 更新しました LocateControlコードベース v0.4.0(txh domoritz!)

バグの修正

  • フルスクリーンマップのポップアップテキストにマーカー名が追加されませんでした(Oleg!)
  • 「方向をポップアップテキストに追加」オプションがfalseに設定されている場合、マーカー編集ページのPHP警告
  • 非同期読み込みが有効になっている場合、IE8はレイヤーマップにマーカーを表示しませんでした(thx Marcus!)
  • XLSX / XLS / ODS / CSVインポート:詳細な結果が非表示の場合、詳細な警告メッセージへのリンクが壊れていました
  • オプション「マーカー名をポップアップに追加」がtrueに設定されている場合、マーカー編集ページのポップアップテキストの動的プレビューが不完全
  • マーカーの位置がマウスクリックで変更された場合、マーカー編集ページのポップアップテキストの不完全な動的プレビュー
  • マーカーのドラッグ後にポップアップテキストを閉じた場合、バックエンドのマーカーマップセンタービューが正しく設定されませんでした。
  • オプション「JavaScriptを含める場所」を選択すると、マーカーマップのポップアップが壊れる header + inline-javascriptに設定されました
  • マーカー名をポップアップテキストに追加するオプションがtrueに設定されている場合、マーカー名からのスラッシュは削除されませんでした
  • ショートコードによって直接作成されたマップの負の緯度/経度の値が使用された場合にマップが壊れる(thxキース!)
  • ID 1のレイヤーが存在しない場合、すべてのマップのWikitude APIエンドポイントは結果を提供しませんでした(thx Maurizio!)
  • TinyMCEエディターがテキストモードに設定されている場合、マップパネルのマーカー名の動的プレビューが壊れていました
  • 動的プレビュー:保存されたコントロールボックスのステータスが「展開されている」場合、コントロールボックスのステータスを「折りたたまれた」に切り替えると壊れました
  • 不完全に適用された「Shellshock」-脆弱性修正が適用されたサーバー上のWordPressバックエンドへのアクセスに関する問題(thx Elger!)
  • 3つの壊れたEEAのデフォルトのWMSレイヤー5/9/10を置き換えました(カスタムWMS設定を上書きしないための新規インストールのみ)
  • 「ユーザーにはこのマーカーを削除する権限がありません!」 新しいマーカーを作成しようとしたときに非管理者に表示されました
  • Internet Explorer 9でバックエンドのフォーム送信ボタンが正しく表示されなかった
  • 整数以外にズームした場合のGoogleの例外(タッチデバイスでのタッチズーム中に明らかな問題)
  • Googleマップのベースマップを使用して、マーカーマップでズームコントロールボタンがときどきフリーズしたり、マップパンが壊れたりする

翻訳の更新

新しい翻訳:

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の翻訳の更新が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了したことに対する報酬として、無料の149ライセンスパック€100を受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

新機能のリリース日をお約束することはできません。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を柔軟に追加して、ほとんどがユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースを追加したいと思っています。

このブログを購読してください(経由 RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

マーカーマップの最適化された編集ワークフロー– AJAXサポートにより、リロードは不要
レイヤーマップのポップアップテキストのショートコードの解析をサポート(thx caneblu!)
GPXパネルデータのCSSクラスとラベル(thx caneblu!)
CSSクラス.lmm-listmarkers-markernameを追加して、スタイリングを改善(thx Christian!)
<title>-タグの末尾に設定->一般->「サイトタイトル」を追加することにより、フルスクリーンマップのSEOを改善
GPXトラックへのURLとGPXパネルのステータスを一括編集できる拡張ツールセクション
ポップアップテキストのHTMLは、最近のマーカーウィジェットでも解析されるようになりました(thleg Oleg!)
重複マーカーの一括アクションを拡張して、重複マーカーを別のレイヤーに再割り当てできるようにします(thx Fran!)
Mapbox統合をAPI v4に更新 (カスタムMapboxスタイルを使用している場合は注意が必要です! 詳細を表示:)
ミニマップの改善:アイコンの切り替えと最小化された状態がスケーラブルになりました。 トグルアイコン(thx robpvn!)
動的な変更ログがすでに非表示になっている場合は、mapsmarker.comの変更ログへのリンクで更新ポインタを取得
インポーターを介してマップを追加/更新するときに非表示の制御文字を削除すると、マップが壊れる可能性があります
マップが壊れる可能性があるため、インポーター/ do_shortcode()を介して追加されたGeoJSON配列から非表示の制御文字を削除します
ユーザーがアクセスして関連するWordPressバックエンドページを更新するときに、より頻繁に更新を確認します(thy Yahnis!)
manage_options-capability(thx Moti!)でユーザーにマップをロードできなかった場合にのみ、フロントエンドに完全なトラブルシューティングリンクを表示します
ダッシュボードのRSSアイテムキャッシュファイルにMD5-hashの代わりにカスタム名を使用して、WordFenceによるマルウェアとしての誤った識別を防ぎます(thx matiasgt!)
対応する設定ページでのみカスタムselect2 JavaScriptを実行することにより、バックエンドのロード時間を最適化します
Googleプレイス検索が完全に読み込まれるまで、バックエンドの位置入力フィールドを無効にする
Wikitude APIからJSON配列を壊す可能性があるため、見えない制御文字を取り除きます
Wikitude APIエンドポイントリンクはマップビューアーには関係がないため、デフォルトでマップパネルに非表示にします(新規インストールの場合のみ)。
Wikitudeアプリ内での見つけやすさを高めるために、layer = allの場合はWikitude拡張現実世界名にサイト名を使用します
jQuery select2アドオンをv3.5.2に更新
datepickerのjQuery UIカスタムテーマをv1.11.2に更新
jquery UI datepickerの不要なスタイルシートをデキューすることにより、レイヤー編集ページの読み込み時間を改善
レイヤー編集ページで[このレイヤーに新しいマーカーを追加]ボタンをクリックした後、マーカー編集ページでレイヤー全体を選択できるようにする
マーカーマップのopenpopup状態は、(チェックボックスをオンにするだけでなく)マップをクリックするだけでポップアップを開いた後にも保存されるようになりました。
Googleベースマップの「タイルロード」でロードイベントを起動する
更新されたmarkerclusterコードベース(27年10月2014日のビルドを使用 – thx danzel!)
更新しました LocateControlコードベース v0.4.0(txh domoritz!)
フルスクリーンマップのポップアップテキストにマーカー名が追加されませんでした(Oleg!)
「方向をポップアップテキストに追加」オプションがfalseに設定されている場合、マーカー編集ページのPHP警告
非同期読み込みが有効になっている場合、IE8はレイヤーマップにマーカーを表示しませんでした(thx Marcus!)
XLSX / XLS / ODS / CSVインポート:詳細な結果が非表示の場合、詳細な警告メッセージへのリンクが壊れていました
オプション「マーカー名をポップアップに追加」がtrueに設定されている場合、マーカー編集ページのポップアップテキストの動的プレビューが不完全
マーカーの位置がマウスクリックで変更された場合、マーカー編集ページのポップアップテキストの不完全な動的プレビュー
マーカーのドラッグ後にポップアップテキストを閉じた場合、バックエンドのマーカーマップセンタービューが正しく設定されませんでした。
オプション「JavaScriptを含める場所」を選択すると、マーカーマップのポップアップが壊れる header + inline-javascriptに設定されました
マーカー名をポップアップテキストに追加するオプションがtrueに設定されている場合、マーカー名からのスラッシュは削除されませんでした
ショートコードによって直接作成されたマップの負の緯度/経度の値が使用された場合にマップが壊れる(thxキース!)
ID 1のレイヤーが存在しない場合、すべてのマップのWikitude APIエンドポイントは結果を提供しませんでした(thx Maurizio!)
TinyMCEエディターがテキストモードに設定されている場合、マップパネルのマーカー名の動的プレビューが壊れていました
動的プレビュー:保存されたコントロールボックスのステータスが「展開されている」場合、コントロールボックスのステータスを「折りたたまれた」に切り替えると壊れました
不完全に適用された「Shellshock」-脆弱性修正が適用されたサーバー上のWordPressバックエンドへのアクセスに関する問題(thx Elger!)
3つの壊れたEEAのデフォルトのWMSレイヤー5/9/10を置き換えました(カスタムWMS設定を上書きしないための新規インストールのみ)
「ユーザーにはこのマーカーを削除する権限がありません!」 新しいマーカーを作成しようとしたときに非管理者に表示されました
Internet Explorer 9でバックエンドのフォーム送信ボタンが正しく表示されなかった
整数以外にズームした場合のGoogleの例外(タッチデバイスでのタッチズーム中に明らかな問題)
Googleマップのベースマップを使用して、マーカーマップでズームコントロールボタンがときどきフリーズしたり、マップパンが壊れたりする
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
Neven Pausicのおかげでクロアチア語の翻訳が更新され、 http://www.airsoft-hrvatska.com、アランベニックとマリジャンラジック、 http://www.proprint.hr
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com、Fabian Hurelle、 http://hurelle.fr トーマス・ギニャール、 http://news.timtom.ch
フェルナンドコエロによるガリシア語翻訳 http://www.indicepublicidad.com
ドイツ語翻訳の更新
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
PawelWyszyńskiのおかげで更新されたポーランド語の翻訳、 http://injit.pl、Tomasz Rudnicki、およびRobert Pawlak
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro、Daniel Codrea、 http://www.inadcod.com Flo Bejgu、 http://www.inboxtranslation.com
Alvaro Laraのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com そしてフアン・バルデス
Victor Gueveraのおかげで更新されたスペイン語/メキシコ翻訳、 http://1sistemas.net そしてエズ・ラスカーノ
Emre Erkanのおかげでトルコ語の翻訳が更新され、 http://www.karalamalar.net そしてマヒール・トスン、 http://www.bozukpusula.com
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://20x.se アントン・アンドレアソン、 http://andreasson.org/

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256 hash value: C1BBA9898529322F2B1B901654AAEA14607F7418AC741571DD04C56E7C60BD08

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X