情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

リーフレット2.6を備えたPro v0.7.7、距離によるマーカーのリストのソート、マーカーの強調表示、URLハッシュ、XMLサイトマップの統合などが利用可能

実際、私たちはv2.6のフロントエンドでフィルタリングのサポートを追加することを計画していました。残念ながら、サードパーティライブラリ内の緊急のバグ修正と、変更の数によって引き起こされる関連する複雑さのため、リリース計画を変更してフィルタリングを延期することにしました。 v2.7。 それにもかかわらず、v2.6にはいくつかの優れた新機能と最適化が含まれているため、楽しんでいただけることでしょう。🙂

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.6のハイライトを見てみましょう。

バックエンドの使いやすさの向上

v2.6を使用すると、マップとコンテンツ間の接続を簡単に管理できます。 マーカーとレイヤーの編集ページに、「コンテンツで使用」という新しい行が表示されます。この行には、対応するショートコードが使用されている投稿、ページ、カスタム投稿タイプ、またはウィジェットがリストされています。

edit-marker-usedcontent

この情報は、「コンテンツで使用」という新しい列内の「すべてのマーカーを一覧表示」および「すべてのレイヤーを一覧表示」ページにも表示されます(この列は[設定/その他]で非表示にできます):

使用されるレスポンシブテーブル

レイヤーの中心からの距離でレイヤーマップの下のマーカーのリストをソートするオプションが追加されました

v2.6では、「レイヤーマップの下のマーカーのリスト」をレイヤーの中心からの距離で並べ替えることもできるようになりました。 この新しいオプションは、設定/マップのデフォルト/「マーカー設定のリスト」にあります。

設定-リストマーカー-ソート距離

さらに、同じ設定ページで次のチェックボックスをオンにすることで、距離をマーカー属性として表示することもできます。

設定-リストマーカー-表示距離

これにより、次のスクリーンショットからわかるように、フロントエンドのレイヤーの中心からの距離が表示されます。

listmarkers-show-distance-frontend

小数点以下に表示する桁数を変更する場合は、新しいオプション「距離の精度」を使用してください。これは、同じ設定ページでも使用できます。

設定距離精度

XMLサイトマップの統合

XMLサイトマップは、Google、Bing、Yahoo、Ask.comなどの検索エンジンがブログをより適切にインデックス化するのに役立ちます。 このようなサイトマップを使用すると、クローラーがサイトの完全な構造を確認し、より効率的に取得することがはるかに簡単になります。 GoogleプレイスなどのサービスのローカルSEO値を向上させるために、地理位置情報をサイトマップに追加することもできます。

KMLマップへのリンクをXMLサイトマップに自動的に追加するには、人気のプラグインをインストールしてアクティブ化するだけです GoogleのXMLサイトマップ (1万件のアクティブインストール)以上で完了です。

また、必要に応じてXMLサイトマップ統合を完全にカスタマイズできるいくつかの新しいオプションを追加しました。 関連するオプションは、設定/その他/ XMLサイトマップの統合内にあります。

設定サイトマップ

ショートコード属性またはURLパラメーターを介してポップアップを開いて、レイヤーマップ上のマーカーを強調表示します

ユーザーからよくリクエストされる機能もv2.6で追加されました。ポップアップを開くと、レイヤーマップで特定のマーカーを強調表示できるようになりました。

これは、shortcode属性を使用することで実現できます。 ハイライトマーカー ハイライトするマーカーIDが後に続く(例:[mapsmarker layer =” 1″) highlightmarker =” 2″ ])または追加する ?highlightmarker = マップが埋め込まれているURL(例:https://www.mapsmarker.com/?highlightmarker = 1)

マップを含むWebページにURLハッシュのサポートを追加

v2.6では、URLハッシュを使用して特定のマップビューに簡単にリンクすることもできます。例:

ハッシュURLスクリーンショット

ハッシュの構造は{zoom} / {latitude} / {longitude}です。 マップを自動的にズームまたはパンすると、URLハッシュが更新されます。

XNUMXつのページで複数のマップが使用されている場合、ロードされる最初のマップにURLハッシュが使用されます。 また、URLハッシュはjQuery Mobileに基づくテーマと互換性がないことに注意してください。

すべてのマップで、URLハッシュはデフォルトで無効になっています。この機能を有効にしたい場合は、設定/マップのデフォルト/インタラクションオプションで次の新しいオプションを変更してください。

ハッシュ設定

「すべてのマーカーをリスト」および「すべてのレイヤーをリスト」ページにレスポンシブテーブルのサポートを追加

v2.6以前は、バックエンドページの「すべてのマーカーをリスト」と「すべてのレイヤーをリスト」は、特にモバイルデバイスで適切にレンダリングされませんでした。これは、次のスクリーンショットからわかるように修正されました。

レスポンシブテーブル

デフォルトのGPX開始アイコンと終了アイコンを非表示にするオプションを追加

v2.6より前のバージョンでは、gpxトラックを使用してマップ上に表示したくない場合は、GPXの開始アイコンと終了アイコンとして透明な画像を使用する必要がありました。 これは、マーカー処理に望ましくない副作用があることを指摘してくれたRichに感謝します。

これを修正するために、設定/マップのデフォルト/「GPXトラックのデフォルト値」に新しいオプションを追加しました。これにより、GPXの開始アイコンと終了アイコンを簡単に非表示にできます。

設定-gpx-hide-icons

spiderLegポリラインのスタイルに新しいマーカークラスタリングオプションを追加

マーカークラスタリングコードベースも更新され、設定/マップデフォルト/「マーカークラスタリング設定」にある新しいオプションも含まれるようになりました。これにより、ズームレベルに応じてクラスターの「spiderLegs」のスタイルを設定できます。

設定-スパイダーレッグ-オプション

その他の変更と最適化

  • バックエンドのマルチレイヤーマップの動的クラスタリングプレビューのサポートを追加
  • カスタムプラグインディレクトリ名が使用されているかどうかの自動チェックが追加されました(レイヤーマップが破損します)。
  • 新しいCSSクラスlmm-listmarkers-popuptext-onlyを追加して、「マーカーのリスト」エントリのスタイル設定を改善
  • デフォルトのカスタムベースマップ2のタイルおしべ水彩画」はhttps経由で配信され、混合コンテンツの警告を回避します(thx Alan&Duncan!)
  • 組み込みPHPチェックの推奨最小PHPバージョンを5.5に更新–サポート wpupdatephp.com
  • リーフレットのロケートコントロールをv0.4.0からv0.4.5に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
  • jQuery timepickerアドオンをv1.5.0からv1.5.5に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
  • Select2アドオンをv3.5.2からv3.5.4に更新(バグ修正リリース、 リリースノート)
  • ミニマップアドオンをv2.1からv3.0に更新(リリースノート)
  • プラグイン更新チェッカーをv2.0からv2.2に更新(バグ修正リリース、 リリースノート)
  • ライセンス設定ページでのライセンスキーチェックの改善(ライセンスキーがMapsMarkerで始まり、すぐにフィードバックがあるかどうかをチェックします)
  • マーカーのリストのアドレスセクションの前にある<br/>を削除して、CSSクラスlmm-listmarkers-hrオーバーライドによるオプションのカスタムパディングを改善
  • 改善されたGPXファイルの有効性チェック(thx Andi!)
  • 更新されたmarkerclusterコードベース(27年03月2015日のビルドを使用 – thx danzel!)
  • プロジェクトオーナーからのリクエストに応じて、ルートプロバイダーmap.project-osrm.orgのサポートを削除しました
  • スクリーンリーダーをより適切にサポートするために、管理画面の見出し階層を最適化

バグの修正

  • Leafletをv0.7.5からv0.7.7に更新(バグ修正リリース–タイルが消えてしまうiOSのあいまいな問題の修正を含む) リリースノート)
  • MMPAPIクラスの問題を修正(複数レイヤーへのマーカー割り当てが正しく保存されなかった)
  • MapsMarker Web API:アイコンパラメータが設定されていない場合、更新時にアイコンがデフォルト値にリセットされました(thin Sohin!)
  • モバイルデバイスでデバイスの向きを変更した後、不完全なマップタイルが表示される(thumb Duncan!)
  • 検索結果がない場合、設定ページでの検索で「一致するものが見つかりません」と表示されませんでした
  • 「WPBakery Visual Composer」プラグインで作成されたタブまたはアコーディオン内のマップは、v4.7以降で壊れていました(Thx Raitis!)
  • ルートプロバイダーopenrouteservice.orgがURLスキーマを変更したため、ルートリンクが壊れた

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには次の新しい翻訳が含まれています。

次の翻訳も更新されています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、149ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

Leafletをv0.7.5からv0.7.7に更新(バグ修正リリース–タイルが消えてしまうiOSのあいまいな問題の修正を含む) リリースノート)
各ショートコードが使用されるすべてのコンテンツ(投稿、ページ、CPT、ウィジェット)を一覧表示することにより、バックエンドの使いやすさを向上
レイヤーの中心からの距離でレイヤーマップの下のマーカーのリストをソートするオプションが追加されました
XMLサイトマップの統合:KMLマップへのリンクをXMLサイトマップに自動的に追加することにより、ローカルSEO値を改善(プラグイン「Google XMLサイトマップ」がアクティブな場合)
ショートコード属性[mapsmarker layer =” 1″ highlightmarker =” 2″)でポップアップを開くか、マップが埋め込まれているURLに?highlightmarker = 2を追加して、レイヤーマップのマーカーを強調表示します
マップを含むWebページへのURLハッシュのサポートを追加し、ユーザーが特定のマップビューに簡単にリンクできるようにしました。 例:https://domain/link-to-map/#11/48.2073/16.3792
「すべてのマーカーをリスト」および「すべてのレイヤーをリスト」ページにレスポンシブテーブルのサポートを追加
バックエンドのマルチレイヤーマップの動的クラスタリングプレビューのサポートを追加
デフォルトのGPX開始アイコンと終了アイコンを非表示にするオプションが追加されました(thx Rich!)
カスタムプラグインディレクトリ名が使用されているかどうかの自動チェックが追加されました(レイヤーマップが破損します)。
spiderLegポリラインのスタイルに新しいマーカークラスタリングオプションを追加
新しいCSSクラスlmm-listmarkers-popuptext-onlyを追加して、「マーカーのリスト」エントリのスタイル設定を改善
デフォルトのカスタムベースマップ2のタイルおしべ水彩画」はhttps経由で配信され、混合コンテンツの警告を回避します(thx Alan&Duncan!)
組み込みPHPチェックの推奨最小PHPバージョンを5.5に更新–サポート wpupdatephp.com
リーフレットのロケートコントロールをv0.4.0からv0.4.5に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
jQuery timepickerアドオンをv1.5.0からv1.5.5に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
Select2アドオンをv3.5.2からv3.5.4に更新(バグ修正リリース、 リリースノート)
ミニマップアドオンをv2.1からv3.0に更新(リリースノート)
プラグイン更新チェッカーをv2.0からv2.2に更新(バグ修正リリース、 リリースノート)
ライセンス設定ページでのライセンスキーチェックの改善(ライセンスキーがMapsMarkerで始まり、すぐにフィードバックがあるかどうかをチェックします)
マーカーのリストのアドレスセクションの前にある<br/>を削除して、CSSクラスlmm-listmarkers-hrオーバーライドによるオプションのカスタムパディングを改善
改善されたGPXファイルの有効性チェック(thx Andi!)
更新されたmarkerclusterコードベース(27年03月2015日のビルドを使用 – thx danzel!)
プロジェクトオーナーからのリクエストに応じて、ルートプロバイダーmap.project-osrm.orgのサポートを削除しました
スクリーンリーダーをより適切にサポートするために、管理画面の見出し階層を最適化
MMPAPIクラスの問題を修正(複数レイヤーへのマーカー割り当てが正しく保存されなかった)
MapsMarker Web API:アイコンパラメータが設定されていない場合、更新時にアイコンがデフォルト値にリセットされました(thin Sohin!)
モバイルデバイスでデバイスの向きを変更した後、不完全なマップタイルが表示される(thumb Duncan!)
検索結果がない場合、設定ページでの検索で「一致するものが見つかりません」と表示されませんでした
「WPBakery Visual Composer」プラグインで作成されたタブまたはアコーディオン内のマップは、v4.7以降で壊れていました(Thx Raitis!)
ルートプロバイダーopenrouteservice.orgがURLスキーマを変更したため、ルートリンクが壊れた
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
Mohd Zulkifliのおかげでマラウイの翻訳、 http://www.caridestinasi.com/
jamesho Hoのおかげで更新された中国語(zh_TW)翻訳、 http://outdooraccident.org
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com、Fabian Hurelle、 http://hurelle.fr トーマス・ギニャール、 http://news.timtom.ch
ドイツ語翻訳の更新
Philios Sazeidesのおかげでギリシャ語(el)の翻訳が更新されました- http://www.mapdow.com、Evangelos Athanasiadis – http://www.wpmania.grおよびVardis Vavoulakis – http://avakon.com
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone そして、アンジェロ・ジャムマーレシ– http://www.wocmultimedia.biz
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Inge Tang(http://drommemila.no)のおかげでノルウェー語(ブークモール)の翻訳を更新
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)およびVyacheslav Strenadko、http://poi-gorod.ru
DavidRamírezのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.hiperterminal.com、Alvaro Lara、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com そしてフアン・バルデス
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://bilddigital.se アントン・アンドレアソン、 http://andreasson.org/

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

46C1E0979FBFD26F2F6E45C1167D0070FF9EC14CAC1443E080E60D81B560E618

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

ベータリリースからこの最終リリースに更新する場合、追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X