情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

OpenStreetMapベースのマップのロード時間が大幅に短縮されたPro v2.6.1が利用可能です

私たちはv2.6を集中的にテストしましたが、一部のユーザーは先週末のリリース直後に問題を報告しました。 高品質のプレミアムマッピングプラグインを提供することを目指しているため、これは最初は非常にイライラしました。 いずれにしても、徹底的な調査の結果、主な問題は他のプラグインもGoogle Maps APIを読み込んでいることが原因であり、レイヤーマップで問題が発生することがわかりました。

修正を検索したところ、OpenStreetMapベースのマップの読み込み時間を大幅に短縮する副作用として大きな最適化が見つかりました。埋め込まれたOpenStreetMapベースのマップを使用して、訪問者を各ページビューで最大370kb節約できます。

この最適化により、v2.6で発生した可能性のあるすべての問題が補正されることを願っています🙂最新バージョンへのアップデートは、いつものように強くお勧めします。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.6.1のハイライトを見てみましょう。

OpenStreetMapベースのマップのロード時間を大幅に短縮

OpenStreetMapまたは他のGoogleベース以外のベースマップをマップに使用している場合、v2.6.1を使用するとマップのロードがはるかに速くなります。 これは、条件付きで遅延されたGoogle Maps APIのロードによって実現されます。

つまり、Google Maps APIスクリプトは、Googleマップがマップのベースマップとして使用されている場合、またはレイヤーコントロールボックスでGoogleベースマップに切り替えた場合にのみ読み込まれます。

この新しい読み込みアプローチにより、OpenStreetMapベースまたはGoogle以外のベースマップが埋め込まれているページビューごとに、ビジターを最大370kbの非圧縮データ転送で節約できます。 訪問者のインターネット接続速度によっては、ページの読み込み時間が最大5秒短縮される場合があります(仮定:512kbit / sの帯域幅を持つADSLユーザー、ソース: http://www.download-time.com/)

この最適化はデフォルトで有効になっています。この最適化を利用するには、v2.6.1にアップグレードする必要があります。

その他の変更と最適化

  • 新しい更新では、v2.6で導入されたURLハッシュがデフォルトで無効になりました
  • 最適化されたURLハッシュ(startListeningをXNUMX回呼び出す場合、イベントがXNUMX回登録されないようにします)
  • ツールページ/マーカーの移動-バルクアクション:マーカーをマルチレイヤーマップに直接割り当てることができないため、マルチレイヤーマップは除外されます(thx Andres!)
  • 現在、デフォルトでhttps経由で、中国語ロケールのWordPressインストールのhttp経由でのみGoogle Maps APIをロードするようになりました(中国のhttpsのパフォーマンスの問題が報告されているため)
  • レイヤー編集ページでのマルチレイヤーマップ選択の「マーカーのリスト」をIDの昇順で並べ替え

バグの修正

  • 特別なウィジェット構成が使用された場合の「コンテンツで使用」警告
  • 時折誤った「コンテンツで使用」-ショートコードが使用されていないコンテンツへのリンク結果(thx Hans-Georg!)
  • 一部のデバイスでは、レスポンシブテーブルが正しく表示されませんでした(絶対幅ではなく相対幅の列)
  • マーカー編集ページではなくレイヤー編集ページにリンクされたフルスクリーンマップ上のマーカー編集リンク
  • 他のプラグインやテーマもGoogle Maps APIを埋め込んだ場合、レイヤーマップが最近壊れる可能性があります
  • 「すべてのレイヤーをリスト」ページのマルチレイヤーマップのマーカー数が壊れていました
  • マーカー編集ページのマーカーの複製ボタンは、割り当てられたレイヤーを複製しませんでしたが、どのレイヤーからもマーカーの割り当てを解除しました
  • v4.7で導入された「WPBakery Visual Composer」プラグインv2.6 +の修正がすべてのサイトで正しく機能しなかった
  • レイヤーマップのバルクアクションはサブレイヤーからマーカーを削除または再割り当てしませんでした
  • Web API:レイヤーマップに削除アクションを使用している場合、割り当てられたマーカーは削除または再割り当てされません

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、149ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

条件付きおよび据え置きのGoogle Maps APIロードをサポートすることにより、OpenStreetMapベースのマップのロード時間を大幅に削減しました(非圧縮データ送信を約370kb(!)削減)
新しい更新では、v2.6で導入されたURLハッシュがデフォルトで無効になりました
最適化されたURLハッシュ(startListeningをXNUMX回呼び出す場合、イベントがXNUMX回登録されないようにします)
ツールページ/マーカーの移動-バルクアクション:マーカーをマルチレイヤーマップに直接割り当てることができないため、マルチレイヤーマップは除外されます(thx Andres!)
現在、デフォルトでhttps経由で、中国語ロケールのWordPressインストールのhttp経由でのみGoogle Maps APIをロードするようになりました(中国のhttpsのパフォーマンスの問題が報告されているため)
レイヤー編集ページでのマルチレイヤーマップ選択の「マーカーのリスト」をIDの昇順で並べ替え
特別なウィジェット構成が使用された場合の「コンテンツで使用」警告
時折誤った「コンテンツで使用」-ショートコードが使用されていないコンテンツへのリンク結果(thx Hans-Georg!)
一部のデバイスでは、レスポンシブテーブルが正しく表示されませんでした(絶対幅ではなく相対幅の列)
マーカー編集ページではなくレイヤー編集ページにリンクされたフルスクリーンマップ上のマーカー編集リンク
他のプラグインやテーマもGoogle Maps APIを埋め込んだ場合、レイヤーマップが最近壊れる可能性があります
「すべてのレイヤーをリスト」ページのマルチレイヤーマップのマーカー数が壊れていました
マーカー編集ページのマーカーの複製ボタンは、割り当てられたレイヤーを複製しませんでしたが、どのレイヤーからもマーカーの割り当てを解除しました
v4.7で導入された「WPBakery Visual Composer」プラグインv2.6 +の修正がすべてのサイトで正しく機能しなかった
レイヤーマップのバルクアクションはサブレイヤーからマーカーを削除または再割り当てしませんでした
Web API:レイヤーマップに削除アクションを使用している場合、割り当てられたマーカーは削除または再割り当てされません
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ドイツ語翻訳の更新
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://bilddigital.se アントン・アンドレアソン、 http://andreasson.org/

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

B2CB348D5DA5F56FC1ABE0A8B1682A7F30341D988C58315008FDFD67BD671AC7

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

ベータリリースからこの最終リリースに更新する場合、追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X