情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

Pro v2.6.2 –遅延読み込みの互換性とバグ修正リリース–が利用可能

一部のユーザーは、前回のリリースで導入された新しいGoogleの遅延読み込み機能に関する問題を報告しました。 これらの問題を分析したところ、この機能がアクティブな場合に問題を引き起こす可能性のあるテーマがいくつかあることがわかりました。

これが、v2.6.2をリリースした理由です。これにより、遅延Googleロード機能を無効にして、v2.6.1より前の古い方法を使用できます。 詳細については、以下を参照してください。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.6.2のハイライトを見てみましょう。

遅延Google Maps APIを無効にするオプションを追加

マップのベースマップとしてデフォルトでGoogleマップを使用していて、フロントエンドでこれらのマップを表示する問題が発生している場合は、Google Maps APIスクリプトをロードする以前の方法に戻すことができます。 この新しい設定は、[設定] / [Googleマップ] / [Google Maps API]にあります。

setting-deferred-google-loading

問題が発生していない場合、またはOpenStreetMapベースのマップを使用している場合、この設定を変更することはお勧めしません。変更すると、(OpenStreetMapベースの)マップの読み込み時間が長くなるためです。

可能な場合は常にhttps経由でマップタイルを読み込む

このリリース以前は、OpenStreetMap、MapQuest、Mapbox、OGD Viennaのマップタイルは、WordPressサイトもhttpsを使用している場合、https経由でのみロードされていました。 これは、サイトの訪問者のプライバシーとセキュリティに関する最善のアプローチではありませんでした。

v2.6.2では、これを変更し、これらのベースマップのマップタイルはデフォルトでhttps経由で読み込まれます。 WordPressのインストールに中国語ロケールを使用している場合のみ、httpが使用されます(中国でのhttpsのパフォーマンスの問題は以前に報告されているため)。

バグの修正

  • v2.6.1以降、特定のテーマでデフォルトでGoogleベースマップを使用するマップのマーカークラスタリングが壊れていました
  • full = yesのマーカーのGeoJSON出力が壊れていました
  • ページの上部に管理者の通知が正しく表示されなかったため、設定ページで古い見出しの順序(h2 + h3 + h4)を復元

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

  • ドイツ語翻訳
  • Ekaterina Golubinaへのロシアの感謝(ソーシャルテクノロジーのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、149ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

一部のテーマの互換性の問題が報告されたため、遅延Google Maps APIロードを無効にするオプションを追加しました
常にhttpsを介してOpenStreetMap、MapQuest、Mapbox、OGDウィーンのタイルをロードします(中国語のロケールが設定されている場合を除き、中国のhttpsでパフォーマンスの問題が報告されています)
v2.6.1以降、特定のテーマでデフォルトでGoogleベースマップを使用するマップのマーカークラスタリングが壊れていました
full = yesのマーカーのGeoJSON出力が壊れていました
ページの上部に管理者の通知が正しく表示されなかったため、設定ページで古い見出しの順序(h2 + h3 + h4)を復元
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ドイツ語翻訳の更新
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

38E72D6758D615A78F5F4ECA8E2EBCA4A59EAFC1DF8B3EF7B8F92A6003BA5322

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

ベータリリースからこの最終リリースに更新する場合、追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X