情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

Googleベースマップなどのパフォーマンスを最適化したPro v3.1が利用可能

3か月以上の開発と多くの眠れない夜を経て、Maps Marker Pro v3.1が利用可能になったことをお知らせいたします🙂

Thorsten氏には特に感謝します。Thorstenは、カナダを旅していても、Maps Marker Proの新機能と最適化を追加し続けています。 https://www.fuelandbacon.com BTW(サイトのアーカイブ)で彼の旅行をフォローして美しい写真を見ることができます。

では、Maps Marker Pro v3.1の新機能は何ですか?

v3.1のハイライトは、最適化されたGoogleマップのleaflet.jsプラグイン「GoogleMutant」、最近のマーカーマップウィジェット、使いやすさの改善、hackerone.comのバグ報奨金プログラムによるバグ修正とセキュリティ修正です。 このリリースの詳細については、以下を参照してください。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv3.1のハイライトを見てみましょう。

Googleベースマップのパフォーマンスを最適化

shramovによる(放棄された)Googleマップリーフレットの実装が、よりパフォーマンスの高いものに置き換えられました。 GoogleMutant IvánSánchezによるリーフレットプラグイン。

以前は、Google Maps JS APIのインスタンスがLeafletコンテナの背後に表示され、可能な限り最適に同期されていました。 その結果、ベースマップとその上にあるオーバーレイは同期していませんでした。 これは、マップをドラッグまたはズームしたときに顕著でした。

現在、最高のLeafletエクスペリエンスを提供するために、GoogleMutantは、DOM変異オブザーバーとLeaflet 1.0.0のL.GridLayerの両方を使用しています。 ベースマップタイルは引き続きGoogle Maps JavaScript APIを介してリクエストされますが、リーフレットのドラッグとズームを使用するように場所を切り替えます。

GoogleMutantの唯一の欠点は、それがInternet Explorer 10以下およびいくつかの古いブラウザーバージョンでサポートされていないことです(これらのユーザーの場合、マップは自動的にOpenStreetMapに切り替わります)。 影響を受けるブラウザーの現在のブラウザー市場シェアは約2%(05年2017月)であり、着実に低下していることに注意してください。

これらの古いブラウザーのGoogleベースマップが自動的にOpenStreetMapに切り替わらないようにするには、設定/マップのデフォルト/「Google Maps JavaScript API」でレガシープラグインをアクティブにしてください:

新しいウィジェット「最新のマーカーマップを表示」

このリリースでは、サイドバーに最新のマーカーマップを簡単に表示できる新しいウィジェットが追加されました。

このウィジェットを追加するには、Appearance / Widgetsに移動し、ウィジェット「Maps Marker Pro –最新のマーカーマップ」をサイドバーに追加します。

GeoJSONダウンロードおよびマーカークラスタリングのインジケーターの読み込み

レイヤーマップに数百または数千のマーカーが含まれている場合、対応する(すでに最適化されている)GeoJSON配列の読み込みには時間がかかることがあります。

マップビューアの使いやすさを向上させるために、GeoJSONデータの読み込みと解析が完了するまで表示されるアニメーションの読み込みインジケータを追加しました。

悪意のあるコードの挿入を防ぐオプション「ポップアップテキスト用のHTMLフィルター」

デフォルトで、ポップアップテキストは現在、 wp_kses() これは、投稿やページなどのデフォルトのWordPressコンテンツにも使用されます。

その結果、許可されたHTML要素名、属性名、属性値と適切なHTMLエンティティのみが表示されます– JavaScriptコード(これは、 クロスサイトスクリプティング– XSS 例)出力から削除されます。

たとえばカスタムJavaScriptコードを実行するためにフィルタリングされていないポップアップテキストが必要な場合は、設定/その他/互換性設定でこのオプションを無効にすることができます。

すべてのマーカーページの機能強化を一覧表示:マーカーをレイヤーでフィルターするためにドロップダウンを追加

バックエンドの[すべてのマーカーを一覧表示]ページに、レイヤードロップダウン選択ボックスを追加しました。これにより、特定のレイヤーのマーカーのみを動的に表示できます。

グローバルベースマップ設定「nowrap」

設定/マップのデフォルト/「グローバルベースマップ設定」で、新しい設定「nowrap」を追加しました。

この設定がtrueに設定されている場合、タイルは繰り返しではなく、世界の幅の外側に読み込まれません。

falseに設定する(=デフォルト):

trueに設定:

バウンティハンターが欲しかった!

完璧なテクノロジーはなく、私たちのテクノロジーも完璧ではありません。 見落としがちなことが常にあります。 私たちは盲点を避けることはできませんが、それらを特定するために何かをすることができます。製品のセキュリティバグやセキュリティ問題を見つけるために、世界中のセキュリティ研究者に呼びかけています。

写真:アリゾナ州フェニックスの2012年フェニックスコミコンのボバフェットコスプレイヤー。 著者:ゲージスキッドモア(自作)[CC-BY SA 2.0]経由 ウィキメディア·コモンズ]

Boba Fett、Greedo&Co.の仲間入り:Maps Marker Proの賞金稼ぎになる

有効なセキュリティバグ(単純なXSSなど)には10ドルの報奨金を提供し、リモートコード実行の悪用、SQLインジェクション、特権昇格などのより深刻なバグには、より大きな報奨金を選択できます。 さらに、25のドメインに有効なMaps Marker Proのプロフェッショナルパッケージを提供します。これには、有効なセキュリティバグを報告する各人の3年間の更新とサポートへのアクセス(定価:499ユーロ)が含まれます。

賞金は、ソースコードの脆弱性に対して支払われますが、オプションのより小さな賞金については、それ以外の脆弱性を提出するように感じます。 バグバウンティプラットフォームHackerOneでバウンティハントを宣伝しました。有効なターゲットのリストを含むリワードプログラムの完全な説明が見つかります。 https://hackerone.com/mapsmarker_com_e_u

カスタマイズについてクライアントに推奨する開発者を探しています

Maps Marker Proの詳細を知っているプロのWordPress開発者ですか? すごい! 連絡を取り、私たちのいずれかに基づいて個別のカスタマイズまたはカスタム開発をしたい顧客にあなたをお勧めするかもしれません Maps Marker Pro API.

場合によっては、カスタムメイドの製品と、信頼できる誰かがあなたのためにそれを作成することを必要とします。
pexels.com経由のFancycrave [CC0 Public Domain]による写真

私たちは、すべての人に最適なマッピングソリューションを提供するために努力しています。 しかし、時々、クライアントは独自の特別なものを望んでいます:Maps Marker Proの個別のカスタマイズは、独自のビジネスケースに適合するように手作りされ、多くの場合、 Maps Marker Pro API。 この場合、信頼できる専門家のネットワークを紹介します。

あなたがある場合

  • WordPress開発者
  • Maps Marker Proの経験豊富なユーザー
  • 信頼性が高く、迅速に対応
  • さまざまなクライアントとの仕事を楽しむ
  • フリーランスの仕事に利用可能

その後、私たちを送ってください Eメール、自己紹介、スキルと経験、および過去の作品へのリンクが含まれています。

私たちがお互いに適している場合、私たちはあなたを私たちのネットワークに喜んで追加し、何かが浮かんだ場合は、カスタマイズのニーズがあなたのスキルと一致する顧客にあなたをお勧めします。

私たちはどんなコミッションも受けたくありません–私たちの利益は、顧客が彼らのさらなるニーズのために信頼できる誰かに彼らを紹介することができるとき、顧客の幸せです。

ご連絡をお待ちしております!

その他の変更と最適化

  • DOMの作成に役立つ画像付きのポップアップにアニメーションをロードする
  • WordPress 4.7.1以降(thx Thorsten!)、GPXファイルのMIMEタイプをtext / gpxからapplication / gpx + xmlに変更して、アップロード/表示の問題を防止します。
  • 更新されたHTML5フルスクリーンおよびフルスクリーン出口アイコン(thx PJ Onori、http://somerandomdude.com!)
  • XLS(X)インポーター:テキストとして定義されたlat + lon値もサポートすることで互換性を高めます。 または、セパレータとして(thx Marius!)
  • URLが見つからない場合の最適化されたGPX URLエラー処理(バックエンドに警告を表示し、フロントエンドにコンソール出力を表示し、GPX URLのダウンロードを許可しない)
  • マーカー検索フィールドのリストをクリアするときのインジケーターの読み込み
  • レイヤーマップが壊れる可能性のある「WP Super Cache」デバッグ出力の互換性チェック
  • 設定ページのナビゲーションが中断する原因となる管理カスタムログインの互換性チェック
  • Fast Velocity Minifyプラグインの互換性チェック
  • テーマDivi 3+の互換性チェックにより、「Javascriptファイルを含める場所」オプションの場合にマップが壊れる可能性があります。 フッターに設定されています
  • Autoptimizeプラグイン互換性チェック:オプション「インラインJSも集約するか?」 設定されている(これによりマップが壊れる)
  • サイトのURLが/ wp /で終わる場合にURLを提案するための拡張パーマリンクベースURL互換性チェック
  • 無料トライアルライセンスキーの登録に関する問題を回避するために、ライセンスAPIフォールバック呼び出しのタイムアウトを増加
  • 可視マップの端を越えてタイルをプリロードするEdgeBufferプラグインをv1.0.5に更新しました
  • IE6 / Google Mutantのes11-promiseをv4.1.0に更新(メモリリークの修正)
  • Leaflet.fullscreen markerclusterコードベースをv1.0.6に更新しました
  • 最適化と互換性の修正を含むv4.1にPUC(プラグイン更新チェッカー)を更新(thx Yahnis!)
  • PUS(プラグイン更新サーバー)をv1.2に更新(最適化と互換性の修正を含む)(thx Yahnis!)
  • 構造、再利用性、持続可能性を向上させるコードリファクタリング(Thx Thorsten!)
  • 無料試用ライセンスキーの有効期限が切れる3日前に無料試用ユーザーにメール通知
  • より高いパフォーマンスを得るために、www.mapsmarker.comでPHP 7.1への移行を完了
  • マルチサイト/ライセンス設定ページ:マルチサイトサブドメインのインストールでのみ「アクティブ化するドメイン」機能を表示

バグの修正

  • マーカークラスタリングが無効になっているレイヤーフィルターで欠落しているエントリを修正(thle Ole&Thorsten!)
  • Safariの日時ローカル実装のバグ(thx Natalia!)が原因で、マーカーとレイヤーをiOSデバイスに保存できませんでした。
  • マーカーとレイヤー編集ページのウィンドウ幅をiOSデバイスで十分に活用できませんでした(ナタリアナシ!)
  • ?highlightmarker =機能がマルチレイヤーマップの全画面表示で壊れていました(thle Ole!)
  • ポップアップテキストで440pxより大きい画像が使用された場合、マーカーのリストは完全に応答しませんでした(thx Georges!)
  • 関連するオプションが有効になっている場合、他のプラグインによって登録解除されるのではなく、他のプラグインによって追加されたGoogle Maps APIスクリプトのみをデキューします(これにより、WP GPXマップなどの依存スクリプトおよびプラグインが壊れる可能性があります)
  • 「パーマリンクのベースURL」の互換性チェックは、アクティブな多言語プラグインを考慮していません(thx Jan-Willelm!)
  • クラスター化されたフルスクリーンレイヤーマップのホームコントロールボタンが破損しました(thx Sven!)
  • wp-sessionに基づくStiphleが使用されている場合、「ヘッダー情報を変更できない」という警告により、エクスポートファイルの有効性が損なわれる可能性があります。
  • 検索が使用されている場合、バックエンドのすべてのマーカーページのリストのページングが壊れていました(Thx Thorsten!)
  • マルチレイヤーマップからKML、GeoRSS、およびWikitudeにマーカーをエクスポートするときにマーカーの重複を防止(thx Eric&Thorsten!)
  • 特定のブラウザで無料試用キーをリクエストする際の無限ロードを修正(thx Thorsten!)
  • PHP 7.1以降を使用している場合、マーカーとレイヤーマップのXLSエクスポートが失敗しました
  • 複数のマップが同じページに表示されている場合にマーカーが間違ったマップに追加されるのを防ぐために、マーカーフィルター用のより具体的なJSセレクターを追加(thx Tino!)
  • ポップアップテキストが空の場合、マーカーのツールチップは表示されませんでした(thleg Oleg!)
  • マーカーのツールチップは、ショートコードのみで直接追加されたマーカーに対しては表示されませんでした
  • 検索結果のすべてのマーカーページのリストでページングが正しくない
  • 重複するレイヤー関数はフィルター設定を複製しませんでした(Thx Thorsten!)
  • 関連する設定が空であっても、ズームレベル0ではマーカークラスターが常に無効になりました(Thx Thorsten!)
  • ジオロケーションが成功した後、マーカーの並べ替え順序が逆になりました(thx Chris&Thorsten!)
  • マーカー編集ページ:ポップアップテキストが空の場合、マーカー名の変更時にJavaScriptエラーを防止
  • ジオロケートが失敗した場合のマーカーリストの間違った距離を修正
  • 「すべてのレイヤーをリスト」のページング-バックエンドでの検索結果が壊れていました

セキュリティ修正

私たちの始まり以来 セキュリティバグ報奨金プログラム 19月3日にいくつかの脆弱性レポートを受け取りました-過去4年間で安全なコーディングとXNUMXつの侵入テストに注意を払ったため、重大または重大な問題は見つかりませんでした。 以下のリストの最初の問題以外はすべて、バックエンドアクセス権を持つユーザーのみが悪用することができました-ほとんどの場合、管理者ユーザーのみ。

定期的にセキュリティチェックを行っているにもかかわらず、これらの脆弱性がこれまでに検出されなかったいくつかの追加の考え:たとえば、Maps Marker Proの設定に悪意のあるコードを挿入する管理者の攻撃方法は、これまでのところ完全にはカバーされていません。攻撃者は、テーマまたはプラグインファイルに直接アクセスできたため、クロスサイトスクリプティングにMaps Marker Proを使用するよりも、悪意のあるコードを挿入したり、データベーステーブルを直接変更したりする方がはるかに簡単でした。

それでも、報告された脆弱性の悪用可能性は低いですが、それらの報告を真剣に受け止め、それぞれを修正してコードベース全体を強化し、将来の同様の脆弱性を防ぎます。

  • 中程度の影響:GPXダウンロードURLのXSSの脆弱性(thack to hackeroneを介したkiranreddy)
  • 中程度の影響:権限の設定がこれを許可しないように設定されている場合でも、権限のないバックエンドユーザーがマーカーを追加する可能性があります(デフォルトの権限設定では悪用できません– thx w31ha0 hackerone経由)
  • 影響が小さい:マーカーとレイヤーの編集ページのXSS脆弱性(thack to victemz via hackerone)
  • 影響が少ない:悪意のある入力ファイルが使用される場合のマーカーとレイヤーのインポートログに対するXSSの脆弱性(thack to hackeroneを介してkiranreddy)
  • 影響が少ない:無料トライアル登録フォームのCSRF保護が欠落している(hackeroneを介してアラルにthx)
  • 影響が少ない:マーカー変更およびレイヤーID関数のツールページのCSRFおよびXSSの脆弱性(thack to r4s_team via hackerone)
  • 影響が少ない:マーカーとレイヤーのエクスポートファイルにおけるコマンドインジェクションの脆弱性(thack to hackeroneによるkiranreddy)
  • 影響が少ない:mapsmarker.comの顧客領域にブルートフォースログイン保護が追加されました(hackeroneを介してnooboyに送信)
  • 影響が少ない:不適切な「GPXトラックへのURL」の検証により、XSSが保存される可能性があります(ハッカーワン経由でpahan123に送信)
  • 影響が少ない:Webapiが有効になっている場合にのみ、ツールページにXSSの脆弱性が保存されます(ハッカーワンを介したthxホワイトセクター)
  • 影響が少ない:バックエンドのcreatedbyおよびupdatedbyフィールドに対する保存されたXSS脆弱性
  • 影響が少ない:カスタムのデフォルトマーカーアイコンの格納されたXSSの脆弱性(ハッカーワン経由のthxホワイトセクター)
  • 影響が少ない:QRコード画像サイズの保存されたXSSの脆弱性(GoogleがデフォルトのQRコードプロバイダーとして設定されている場合のみ–ハッカーワン経由のホワイトセクター)

既知の問題点

https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降、Safari 10以降、Firefox 55以降では機能しません。

Chrome 50、Safari 10、Firefox 55の地理位置情報サポートに対する重要な変更が、関連するブラウザーベンダーによって導入されました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)は、取得のみが許可されますサイトがhttps経由で安全に配信されるように設定されている場合のユーザーの現在の位置–ユーザーには代わりに次のような警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefoxなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。 サファリ またはInternet Explorer –いずれにせよ、これらのブラウザでも将来的に同様のセキュリティ制限が追加される可能性があります。

2016年10月の更新:iOS 10以降、Safari XNUMX以降でもジオロケーションをサポートするためにhttpsが必要になりました。 実装はGoogle Chromeよりもさらに厳格です。たとえば、サイトに混合コンテンツの警告がある場合、地理位置情報は機能しません。

アップデート2017:Firefox 55以降では、ジオロケーションにアクセスするためにhttpsも必要です(詳細を見る)

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合は、サイトをhttpsに移行することを強くお勧めします。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsには、Google Chrome 50以降とSafari 10以降でジオロケーションを使用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトの利点があります。まだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに切り替えることを強くお勧めします。

サイトをhttpsに切り替えてもジオロケーションエラー(「ジオロケーションエラー:ユーザーがジオロケーションを拒否しました」など)が引き続き発生する場合は、アプリ/ Webサイトがジオロケーションを取得できるかどうか、デバイスのロケーション設定を確認してください。

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、249ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

現在、弊社のウェブサイトwww.mapsmarker.comのリニューアルに取り組んでおり、更新されたナレッジベースとドキュメントも掲載されます。

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 ユーザーからのフィードバックに基づいて、ロードマップを動的に調整しています。 とにかく、主にユーザーのフィードバックに起因するかなり計画外のマイナーリリースで最適化とバグ修正を追加する柔軟性を維持します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

バージョン3.1の変更ログ -08.07.2017年XNUMX月XNUMX日にリリース(リリースノート)

すべてのユーザーに対してGoogleMutant JavaScriptライブラリを有効にすることで、Googleベースマップのパフォーマンスを最適化
新しいウィジェット「最新のマーカーマップを表示」(thx Thorsten!)
バウンティハンターが欲しかった! セキュリティのバグを見つけて現金とライセンスを獲得- 詳細はここをクリック
グローバルベースマップ設定 "nowrap":(trueに設定されている場合、タイルは繰り返される代わりにワールドの幅の外側に読み込まれません。デフォルト:false)
すべてのマーカーページの機能強化を一覧表示:レイヤーごとにマーカーをフィルターするドロップダウンを追加(thx Thorsten!)
DOMの作成に役立つ画像付きのポップアップにアニメーションを読み込む(Thx Thorsten!)
レイヤーマップが壊れる可能性のある「WP Super Cache」デバッグ出力の互換性チェック
マーカー検索フィールドのリストをクリアするときのインジケーターの読み込み(Thx Thorsten!)
設定ページのナビゲーションが中断する原因となる管理カスタムログインの互換性チェック
Fast Velocity Minifyプラグインの互換性チェック
無料試用ライセンスキーの有効期限が切れる3日前に無料試用ユーザーにメール通知
悪意のあるコードの挿入を防ぐオプション「ポップアップテキスト用のHTMLフィルター」-デフォルトで有効(thx jackl via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
カスタマイズのためにクライアントに推奨する開発者を探しています-詳細は mapsmarker.com/network
GeoJSONダウンロードおよびマーカークラスタリングの読み込みインジケーター(Thx Thorsten!)
テーマDivi 3+の互換性チェックにより、「Javascriptファイルを含める場所」オプションの場合にマップが壊れる可能性があります。 フッターに設定されています
サイトのURLが/ wp /で終わる場合にURLを提案するための拡張パーマリンクベースURL互換性チェック
無料トライアルライセンスキーの登録に関する問題を回避するために、ライセンスAPIフォールバック呼び出しのタイムアウトを増加
Autoptimizeプラグイン互換性チェック:オプション「インラインJSも集約するか?」 設定されている(これによりマップが壊れる)
より高いパフォーマンスを得るために、www.mapsmarker.comでPHP 7.1への移行を完了
可視マップの端を越えてタイルをプリロードするEdgeBufferプラグインをv1.0.5に更新しました
IE6 / Google Mutantのes11-promiseをv4.1.0に更新(メモリリークの修正)
Leafletマーカークラスターのコードベースをv1.0.6に更新(thx jfirebaugh!)
PUC(プラグイン更新チェッカー)をv4.1に更新(最適化と互換性の修正を含む)(thx Yahnis!)
PUS(プラグイン更新サーバー)をv1.2に更新(最適化と互換性の修正を含む)(thx Yahnis!)
構造、再利用性、持続可能性を向上させるコードリファクタリング(Thx Thorsten!)
WordPress 4.7.1以降(thx Thorsten!)、GPXファイルのMIMEタイプをtext / gpxからapplication / gpx + xmlに変更して、アップロード/表示の問題を防止します。
URLが見つからない場合の最適化されたGPX URLエラー処理(バックエンドに警告を表示し、フロントエンドにコンソール出力を表示し、GPX URLのダウンロードを許可しない)
更新されたHTML5フルスクリーンおよびフルスクリーン出口アイコン(thx PJ Onori!)
マルチサイト/ライセンス設定ページ:マルチサイトサブドメインのインストールでのみ「アクティブ化するドメイン」機能を表示
XLS(X)インポーター:テキストとして定義されたlat + lon値もサポートすることで互換性を高めます。 または、セパレータとして(thx Marius!)
関連オプションが有効になっている場合、他のプラグインによって登録解除されるのではなく、他のプラグインによって追加されたGoogle Maps APIスクリプトのみをデキューします(これにより、WP GPXマップなどの依存スクリプトおよびプラグインが破損する可能性があります)
「パーマリンクのベースURL」の互換性チェックは、アクティブな多言語プラグインを考慮していません(thx Jan-Willelm!)
クラスター化されたフルスクリーンレイヤーマップのホームコントロールボタンが破損しました(thx Sven!)
wp-sessionに基づくStiphleが使用されている場合、「ヘッダー情報を変更できない」という警告により、エクスポートファイルの有効性が損なわれる可能性があります。
検索が使用されている場合、バックエンドのすべてのマーカーページのリストのページングが壊れていました(Thx Thorsten!)
マルチレイヤーマップからKML、GeoRSS、およびWikitudeにマーカーをエクスポートするときにマーカーの重複を防止(thx Eric&Thorsten!)
特定のブラウザで無料試用キーをリクエストする際の無限ロードを修正(thx Thorsten!)
PHP 7.1以降を使用している場合、マーカーとレイヤーマップのXLSエクスポートが失敗しました
複数のマップが同じページに表示されている場合にマーカーが間違ったマップに追加されるのを防ぐために、マーカーフィルター用のより具体的なJSセレクターを追加(thx Tino!)
ポップアップテキストが空の場合、マーカーのツールチップは表示されませんでした(thleg Oleg!)
マーカーのツールチップは、ショートコードのみで直接追加されたマーカーに対しては表示されませんでした
検索結果のすべてのマーカーページのリストでページングが正しくない
重複するレイヤー関数はフィルター設定を複製しませんでした(Thx Thorsten!)
マーカーのクラスタリングを無効にしたレイヤーフィルターの欠落したエントリを修正(thle Ole&Thorsten!)
Safariの日時ローカル実装のバグ(thx Natalia!)が原因で、マーカーとレイヤーをiOSデバイスに保存できませんでした。
?highlightmarker =機能がマルチレイヤーマップの全画面表示で壊れていました(thle Ole!)
マーカーとレイヤー編集ページのウィンドウ幅をiOSデバイスで十分に活用できませんでした(ナタリアナシ!)
関連する設定が空であっても、ズームレベル0ではマーカークラスターが常に無効になりました(Thx Thorsten!)
ジオロケーションが成功した後、マーカーのソート順が逆になりました(thx Chris&Thorsten!)
マーカー編集ページ:ポップアップテキストが空の場合、マーカー名の変更時にJavaScriptエラーを防止
ジオロケートが失敗した場合のマーカーリストの間違った距離を修正
ポップアップテキストで440pxより大きい画像が使用された場合、マーカーのリストは完全に応答しませんでした(thx Georges!)
「list all layer」のページング-バックエンドでの検索結果が壊れていました
中程度の影響:GPXダウンロードURLのXSS脆弱性(thx to kiranreddy via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
中程度の影響:権限設定がこれを許可しないように設定されている場合でも、権限のないバックエンドユーザーがマーカーを追加できます(デフォルトの権限設定では悪用できません-thx w31ha0 via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:マーカーおよびレイヤー編集ページのXSS脆弱性(thxからvictemz経由) Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:悪意のある入力ファイルが使用される場合のマーカーとレイヤーのインポートログのXSS脆弱性(thx to kiranreddy via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:無料トライアル登録フォームのCSRF保護が不足している(thx to arall via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:マーカーの変更およびレイヤーID関数のツールページのCSRFおよびXSSの脆弱性(thxからr4s_teamへ) Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:マーカーとレイヤーのエクスポートファイルにコマンドインジェクションの脆弱性(thx to kiranreddy via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:mapsmarker.comの顧客エリアにブルートフォースログイン保護を追加(thx to nooboy via Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が小さい:不適切な「GPXトラックへのURL」検証により、保存されたXSS(thx to pahan123 to Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
低影響:Webapiが有効になっている場合にのみ、ツールページにXSSの脆弱性が保存されます(Thxホワイトセクター経由) Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が少ない:バックエンドのcreatedbyおよびupdatedbyフィールドに対する保存されたXSS脆弱性
影響が小さい:カスタムのデフォルトマーカーアイコンの格納されたXSS脆弱性(Thxホワイトセクター経由) Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
影響が小さい:QRコード画像サイズの保存されたXSSの脆弱性(GoogleがデフォルトのQRコードプロバイダーとして設定されている場合のみ-thxホワイトセクター経由 Maps Marker Proのhackeroneバグ報奨金プログラム)
のおかげでカタロニア語翻訳の更新 ロック、エフライムバヤリ、 ヴィセントキュベルズマルタ・エスピナルト→寄付する
のおかげで中国語の翻訳を更新しました ジョン・シェン そしてck→寄付する
Maps Marker ProチームとDaniel Luttermannによるドイツ語翻訳の更新→寄付する
おかげでインドネシア語の翻訳が更新されました アンディ・アディティア・サストラウィカルタ&エミール・ハルタトピブレザ→寄付する
のおかげで更新されたイタリア語翻訳 ルカ・バルベッティアンジェロ・ジャンマレッシ→寄付する
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ 島本大輔→寄付する
おかげでリトアニア語の翻訳が更新されました Donatas LiaudaitisDonatas Liaudaitis→寄付する
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによってサポートされています- http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru→寄付する
のおかげで更新されたスペイン語翻訳 デビッド・ラミレス, アルバロ・ララ, ビクター・ゲバラ, リカルド・ヴィテリ, ファン・バルデス&マルタ・エスピナルトフェルナンドコエロ→寄付する
Olof Odier、Tedy Warsitha、Dan Paulssonのおかげでスウェーデン語の翻訳が更新されました。 エルガー・リンドグレン, アントン・アンドレアソントニー・リグネルショー→寄付する
ジオロケーション機能は、Google Chrome 50以降、iOS 10以降、Firefox 55以降では、https(細部)

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

このリリースのSHA-256ハッシュ値とファイル数については、次のファイルを確認してください。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt

このファイルは、弊社のPGP鍵でデジタル署名されています。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt.asc

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインをベータ版から最終バージョンに更新する際の追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X