情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

Pro v1.3 –ポップアップテキストなどのショートコードのサポート–利用可能

このプロリリースにはXNUMXつの新機能が追加されていますが、主な焦点はパフォーマンスと使いやすさの向上と、いくつかの厄介なバグの修正でした。 詳細は以下をご覧ください。

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

それでは、プロv1.3のハイライトを見てみましょう。

ポップアップテキストのショートコードのサポート

ポップアップテキスト内でショートコードを使用することも可能になりました-例の下で、Contact Form 7ショートコードを使用してポップアップ内でフォームを動的に表示します。

cform7-例

技術的な制限により、ショートコードはマーカーマップでのみ解析されることに注意してください。

とにかくマダガスカルオタクのおかげで http://karmaweb.biz/ この機能の最初のバージョンを最初に提供した人!

マーカークラスターの色を設定する

これは多くのユーザーから要求されたため、設定/マップのデフォルト/マーカークラスター設定でマーカークラスターの色を変更できるようになりました。

cluster-colors-settings2

次のようなオンラインツールで色を選択できます http://html-color-codes.info/。 概念について:括弧内の最初の値は赤の値、XNUMX番目の緑の値、XNUMX番目の青の値、最後の値は使用する透明度です。

ColorPickerの

モバイルデバイス用に最適化されたマーカーおよびレイヤー管理ページ

マップを作成するためのバックエンドはモバイルデバイス用に最適化されていませんでした。これは特に、iPhoneのような小さなビューポートを備えたデバイスでは問題でした。

mobile-fix-width2

とにかく、これは変更されました。たとえば、モバイルでマップを追加または編集すると、マップが全幅で表示され、デスクトップコンピューターと同じアクションを実行できます。

最適化されたGeoJSON mySQLステートメントと出力

レイヤーマップのGeoJSON出力の作成に必要なmySQL-statementが最適化され、呼び出しごとに必要なメモリが少なくなりました。

各ポップアップテキストに追加されたルートリンクのコードも削除しました。 代わりに、新しいプロパティ「dlink」を追加しました。これにより、GeoJSONファイルのサイズが縮小されます。これは、数百以上のマーカーを含むレイヤーマップに特に関連しています。

古い出力:

プロパティ-geojson-old

新しい出力:

プロパティ-geojson

[設定] / [ルート案内] / [一般的なルート案内]設定に移動して、ポップアップテキストへのルート案内リンクの自動追加を完全にオフにすることもできます。

方向ポップアップテキスト無効

その他の変更と最適化

  • プラグインの更新へのアクセスが期限切れの場合、新しいプロバージョンに関する通知も機能するようになりました
  • 最適化されたミニマップtoogleアイコン(遷移効果あり、robpvnに感謝!)
  • jetpackプラグインとの以前の非互換性に対する回避策を削除(jetpack 2.2で修正されました)
  • カスタム更新チェッカーとWPがプラグイン更新を処理する方法との一貫性を高めます(細部)
  • 更新されたmarkerclusterコードベース(25年08月2013日のビルドを使用)

バグの修正

  • これにより、GeoJSON /レイヤーマップが破損するため、アドレスからのタブが編集時に削除されます(thx Chris!)
  • 特定の言語がアクティブな場合、設定の保存ボタンにアクセスできませんでした(thx Herbert!)
  • マーカー名(<>&)のhtmlspecialcharsがホバーテキストで正しく表示されませんでした(thx fredel + devEdge!)
  • デバッグバープラグインがアクティブな場合、更新クラスはWordPressの「クイック編集」機能と競合します(細部)
  • レイヤー編集ページでカスタム機能設定を使用しているときにレイヤーを削除すると破損する

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、プロv1.3には次の翻訳の更新が付属しています。

更新された翻訳

翻訳に貢献したい場合(ペルシャ語がいいでしょう😉)、次のサイトにアクセスしてください。 http://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

既知の問題点

次の問題は未解決のままです。できるだけ早く修正できるよう最善を尽くします。

  • Google Adsense広告はレイヤーマップではクリックできません
  • オプションworldCopyJumpがtrueに設定されている場合、マップが壊れます(設定/マップのデフォルト/インタラクションオプションでデフォルトでfalse)->次のleaflet.jsリリースで修正されます

Outlook –次のリリースの私の計画

v1.4の場合、csv / excelを介して一括インポートおよび編集機能を追加する予定です。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、ツイッターで。

完全な変更ログ

以前の変更ログを表示

ポップアップテキストのショートコードのサポート(いくつかの制限あり– リリースノートを見る)
設定/マップのデフォルト/マーカーのクラスター化設定でマーカークラスターの色を設定する
モバイルデバイス用に最適化されたマーカーおよびレイヤー管理ページ
プラグインの更新へのアクセスが期限切れの場合、新しいプロバージョンに関する通知も機能するようになりました
最適化されたGeoJSON-mySQL-statement(実行ごとに必要なメモリが少なくなります)
最適化されたGeoJSON-ルートリンクの出力(別のプロパティdlinkを使用)
最適化されたミニマップtoogleアイコン(遷移効果あり、robpvnに感謝!)
jetpackプラグインとの以前の非互換性に対する回避策を削除(jetpack 2.2で修正されました)
カスタム更新チェッカーとWPがプラグイン更新を処理する方法との一貫性を高めます(細部)
更新されたmarkerclusterコードベース(25年08月2013日のビルドを使用)
これにより、GeoJSON /レイヤーマップが破損するため、アドレスからのタブが編集時に削除されます(thx Chris!)
特定の言語がアクティブな場合、設定の保存ボタンにアクセスできませんでした(thx Herbert!)
マーカー名(<>&)のhtmlspecialcharsがホバーテキストで正しく表示されませんでした(thx fredel + devEdge!)
デバッグバープラグインがアクティブな場合、更新クラスはWordPressの「クイック編集」機能と競合します(細部)
レイヤー編集ページでカスタム機能設定を使用しているときにレイヤーを削除すると破損する
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
jamesho Hoのおかげで更新された中国語(zh_TW)翻訳、 http://outdooraccident.org
Viktor KleinerとVlad Kuzbaのおかげでチェコ語の翻訳が更新され、 http://kuzbici.eu
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com とファビアン・ヒューレル、 http://hurelle.fr
ドイツ語翻訳の更新
Andy Aditya SastrawikartaとEmir Hartatoのおかげでインドネシア語の翻訳が更新され、 http://whateverisaid.wordpress.com
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Tomasz Rudnickiのおかげでポーランド語の翻訳が更新され、 http://www.kochambieszczady.pl
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro ダニエル・コドレア http://www.inadcod.com

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Leaflet Maps Marker Pro」の横にある「更新を手動で確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

ベータテスターの追加アップデートノート

最新のベータ版/リリース候補から最新のプロバージョンに更新した後は、特別な操作は必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X