情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

レイヤーのインポート/エクスポートなどを備えたPro v1.5.6が利用可能

Pro v1.5.5では、WordPress <3.3との下位互換性のためにコードを削除しました。これは、Maps Marker Proを使用するために必要なバージョンであるためです。 これの一部は、ショートコードが使用された場合にのみ、フッターではなく各ページのhtmlヘッダーにJavaScriptをロードすることでした。 残念ながら、一部のテーマとプラグインはこれを適切に処理できず、利用可能なすべてのテーマをサポートできないため、このオプションを再度追加し、マップの表示が失敗した場合にユーザーにフォールバックオプションを提供することにしました。

さらに、すべての新機能と最適化を追加することにしました。これにより、実際には次のメジャーリリースに組み込まれるはずです。 詳細は以下をご覧ください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

私も参加してもらいたいと思います アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。


しかし、今度はプロv1.5.6のハイライトを見てみましょう。

レイヤーマップのCSV / XLS / XLSX / ODSファイルとしてのインポートとエクスポート

このリリースでは、レイヤーマップをCSV / XLS / XLSX / ODSファイルとしてインポートおよびエクスポートすることも可能になりました。

インポート、エクスポート、新規

これにより、これまでのインポート/エクスポート機能の欠点がなくなりました。あるサイトから別のサイトにすべてのマーカーを移動したい場合、以前はすべてのマーカーを手動で作成しておかないと、インポート時にすべてのマーカーがレイヤーに割り当てられませんでした。 すべてのマップを別のサイトに完全に移動する場合は、最初にすべてのレイヤーをエクスポート/インポートしてから、すべてのマーカーをエクスポート/インポートできます。

ご覧ください https://www.mapsmarker.com/import-export 詳細とドキュメント。

Googleマップ用のJavaScriptの条件付きSSLロードのサポート

これまでのところ、Googleマップが正しく表示されるために必要なGoogle JavaScriptは、デフォルトでhttps経由でロードされていました。 中国のジョンは、これが彼のサーバーでパフォーマンスの問題を引き起こしており、Googleマップをベースマップとして使用するときに顕著な遅延を引き起こしていることを発見しました(レポートに感謝します!)。 これが中国に固有の問題かどうかはわかりません。特定のWebサーバー構成では、httpsを介して混合リソースをロードするとパフォーマンスが低下する可能性があることも知りました。

とにかく、私は今これをプロv1.5.6で変更し、サイトがhttps経由でもロードされている場合、https経由でのみGoogle JavaScriptをロードします。

ヘッダーにJavaScriptをロードするオプションを再度追加

冒頭で述べたように、ヘッダーにjavascriptをエンキューするオプションがpro v1.5.5で削除されたため、一部のユーザーに問題が発生しました。

テーマ(特にWordPress標準に準拠していないもの)との互換性を高めるため、このオプションを[設定] / [その他] / [一般設定]に再度追加することにしました。

スクリプトヘッダーフッター新しい

デフォルトは「フッター」のままです。フロントエンドで「マップを表示できません」というエラーが発生し、テーマのフッター.phpファイルにもコードが含まれていることをすでに確認している場合は、これを変更することをお勧めします <?php wp_footer(); ?>

ライトバージョンからプロバージョンにアップグレードし、この設定をすでに変更している場合は、この設定をもう一度変更する必要があることに注意してください。申し訳ありませんが、技術的な制限により、ここにフォールバックソリューションを追加できませんでした。 とにかく、ほとんどのテーマはそのままの状態でMaps Marker Proと互換性があるため、ほとんどのユーザーはこの設定について心配する必要はありません。

マーカーマップ上のアイコンとバックエンド上のレイヤーマップセンターアイコンもドラッグ可能になりました

Saschaはバグを報告し、バックエンドページのマーカーアイコンを移動できないと述べました。 結局、彼はアイコンをマウスで直感的にドラッグして新しい位置に移動したいと思った。 v1.5.5までは、マーカーアイコンをバックエンドの地図上の新しい位置に移動する必要がありましたが、これはマウスクリックで行う必要がありました。

そのため、これをプロv1.5.6で変更しました。マーカーマップのマーカーアイコンとレイヤーマップのレイヤーセンターアイコンもマウスでドラッグできるようになりました(ただし、マウスクリックによる再配置は引き続き機能します)。

その他のパフォーマンスの最適化

  • すべてのマーカー管理ページとgeorss-feedsをリストするための最適化されたmysqlクエリ(concat()-functionを削除することにより)

その他の最適化と変更

  • バックエンドにgpxトラックステータス情報を表示するためのブラウザーサポートwindow.consoleかどうかのチェックを追加
  • plugin-inactive-checksのテキストとwp_nonce-messagesには、「Leaflet Maps Marker」の代わりにプラグイン名「Maps Marker Pro」を使用します
  • 一貫性を高めるために、WordPressプラグインページでプラグインの名前を「Leaflet Maps Marker Pro」から「Maps Marker Pro」に変更

バグの修正

  • 特定の状況下でマーカーのインポートの検証が失敗することがある
  • WordPress 3.7未満のバックエンドマップページでのカスタムCSSの表示を削除(= WordPress 3.7でバグを解決)

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が付属しています。

翻訳に貢献したい場合(更新が必要な場合もあります)にアクセスしてください https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細については。 翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は25%までの翻訳の完了に対する補償として、199ユーロ相当の無料の100ライセンスパックを受け取ります。

Outlook –次のリリースの私の計画

Googleストリートビューの統合に重点を置くv1.5.7に移行する前に、MapsMarker APIとツールの改善を含むマイナーリリース(v1.6)をもう1.7つ作成する予定です。 vXNUMXでは、フロントエンドでのレイヤーのフィルタリングに焦点を当てます。

またお願いします ロードマップを見る 計画されている機能の大まかなスケジュールについては、このブログ( RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

レイヤーマップのCSV / XLS / XLSX / ODSファイルとしてのインポートとエクスポート
パフォーマンスを向上させるためのGoogleマップのJavascriptの条件付きSSLロードのサポート(thx John!)
ヘッダーにJavaScriptをロードするオプションを再度追加(特定のテーマやプラグインとの競合のため、デフォルト:フッター)
バックエンドにgpxトラックステータス情報を表示するためのブラウザーサポートwindow.consoleかどうかのチェックを追加
マーカーマップのアイコンとバックエンドのレイヤーマップセンターのアイコンもドラッグ可能になりました(ヒントはSaschaです)。
すべてのマーカー管理ページとgeorss-feedsをリストするための最適化されたmysqlクエリ(concat()-functionを削除することにより)
plugin-inactive-checksのテキストとwp_nonce-messagesには、「Leaflet Maps Marker」の代わりにプラグイン名「Maps Marker Pro」を使用します
一貫性を高めるために、WordPressプラグインページでプラグインの名前を「Leaflet Maps Marker Pro」から「Maps Marker Pro」に変更
特定の状況下でマーカーのインポートの検証が失敗することがある
WordPress 3.7未満のバックエンドマップページでのカスタムCSSの表示を削除(= WordPress 3.7でバグを解決)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
Mads Dyrmann LarsenとPeter Erfurtのおかげでデンマーク語の翻訳が更新され、 http://24-7news.dk
Patrick Ruersのおかげで更新されたオランダ語の翻訳、http://www.stationskwartiersittard.nl
ドイツ語翻訳の更新
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro ダニエル・コドレア http://www.inadcod.com
Alvaro Laraのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net そしてリカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com
既知の問題点
WordPress <3.7が使用されている場合、カスタムマーカークラスターの色がバックエンドレイヤーマップに表示されません–アップグレードをお勧めします!

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。

proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動でアップデートを確認する」リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

check-for-updates-new

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X