情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

地理位置情報の拡張と互換性の修正を含むPro v2.3が利用可能です

私たちは、すべてのユーザーに持続可能なサービスと安定した安全な製品を提供することを目指しています。 その結果、過去2か月間のバックエンドサービスとインフラストラクチャ、および運用プロセスの改善に焦点を合わせていたため、結果として定期的な開発を遅らせる必要がありました。

それにもかかわらず、v2.3は現在完成しており、互換性の修正だけでなく、特に開発者やインテグレーター向けの地理位置情報と拡張機能に関する新機能も含まれています。

いつものように、最新バージョンへのアップデートを強くお勧めします。 詳細については、以下をお読みください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

最新のマップマーカー開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.3のハイライトを見てみましょう。

geolocateの機能強化

[設定] / [マップのデフォルト] / [設定をジオケート]には、次の新しいオプションがあります。 自動スタート:

autostart-geolocate

デフォルトでは、この設定はfalseに設定されています。 このオプションをtrueに設定すると、すべてのマップでジオロケーションが自動的に開始されます。 選択した地図でジオロケーションのみを開始する場合は、v2.3の次のハイライトに進んでください。

開発者/インテグレーター向けの新しいJavaScript変数

v2.3では、新しいJavaScript変数 mapid_jsmapname_js 各マップのソースコードに追加されました。 これにより、Map Marker Proのフレームワークの外部からのjavascript-functionの再利用が容易になります。

たとえば、ブログアーカイブ内にのみ表示されるすべてのマップのジオロケーションを開始するとします。 これを実現するには、次のJavaScriptコードをテンプレートファイルに追加する必要があります(通常、archives.phpですが、これは使用しているテーマによって異なる場合があります)。

<script type="text/javascript">
eval( 'locatecontrol _' + mapname_js).start();
</スクリプト>

この変更により、プラグインフレームワークの外部から直接leaflet.js APIコマンドをより簡単に呼び出すことができるようになります。たとえば、ズームレベルを変更するボタンをテーマ内に追加します。

リーフレットAPIの完全なリファレンスを見つけることができます こちら.

MapTilerの新しいチュートリアル

MapTiler 画像をカスタムベースマップまたはカスタムオーバーレイとして構成することにより、Maps Marker Proで表示できるインタラクティブマップレイヤーに画像を変換できます。

Matthew Sangsterが作成した MapTilerを使用してカスタムベースマップを作成する方法に関するチュートリアル –本当にありがとう!

Maps Marker Proの新しい3Dロゴ

の男性と女性 cgi-branding.com マップマーカーの新しい3Dロゴを作成しました。これは現在、すべての製品とサービスでも使用されています。

mapsmarkerpro-logo

素晴らしい仕事をありがとう!

新しいスロベニア語翻訳

アンナ・ドゥカンのおかげで、 http://www.unisci24.com/blog/ 利用可能な翻訳番号36としてスロベニア語が追加されました。

(プロライセンスと引き換えに)翻訳にも貢献したい場合は、次のサイトにアクセスしてください。 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

その他の変更と最適化

  • 最近のマーカーウィジェットのインラインスタイルの代わりにCSSクラスを使用して、オーバーライドをより適切にサポートします(パトリック!)
  • mapsmarker.comの更新された顧客エリアとPHP 5.6への切り替え– 問題があれば報告してください!

バグの修正

  • BOMエンコーディングでUTF8を使用するGPXトラックがGoogle Chromeに表示されません(thxJosé!)
  • SiteOrigin リリースによるプラグインの競合を修正 ページビルダーv2.1
  • 更新後のローカルキーのXNUMX番目の検証が失敗する可能性があるため、validate_local_key()のunset()を削除しました
  • SSLVerifyClientディレクティブが「必須」に設定されているサーバーでのライセンスAPI呼び出しに関する問題(thx Ron!)
  • 「新しいマーカーを追加」リンクをXNUMX回使用した後、カスタムのデフォルトアイコンが保存されなかった(thr Cyrille!)
  • floatval()のカスタムPHPセパレーター設定により、マップが壊れる可能性があります(thx Tamas!)
  • 公開または更新ボタンをクリックした後のマーカー編集ページの壊れたレイヤー編集リンク
  • phpinfo()がブロックされている場合、PHP Suhosinパッチが特別なサーバー構成でホワイトスクリーンにつながることを確認します

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の翻訳の更新が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、149ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

既知の問題点

残念ながら、現在Maps Marker Pro内で直接解決できない問題がXNUMXつあります。

WordPress 4.2では、絵文字のサポートが追加されました。 残念ながら、未解決のバグがあります(細部)Internet Explorerでマップがフリーズしたりクラッシュしたりする可能性があるため、WordPress 4.2、4.2.1、4.2.2が影響を受けます。 関連するtracチケットによると、修正はすでに利用可能で、うまくいけばWordPress 4.2.3でまもなく展開されるでしょう。

WordPress 4.2.3が利用可能になるまでの回避策としては、 絵文字を無効にする 現在のところ、マップはInternet Explorerでも正しく機能します。

この問題については本当に申し訳ありませんが、これは私たちの影響を超えています。WordPressの男性と女性にすでに連絡しており、絵文字/ SVGバグの修正がまもなく利用可能になることを願っています。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

すべてのマップでグローバルに地理位置情報を自動的に開始する新しいオプション(選択したマップのみの地理位置情報を開始する方法については、変更ログを参照してください)
追加されたJavaScript変数 mapid_jsmapname_js プラグイン外からのjavascript-functionの再利用を容易にする
新しいチュートリアル:MapTilerを使用してカスタムベースマップを作成する方法
Maps Marker Proの新しい3Dロゴ🙂
最近のマーカーウィジェットのインラインスタイルの代わりにCSSクラスを使用して、オーバーライドをより適切にサポートします(パトリック!)
mapsmarker.comの更新された顧客エリアとPHP 5.6への切り替え–問題があれば報告してください!
BOMエンコーディングでUTF8を使用するGPXトラックがGoogle Chromeに表示されません(thxJosé!)
SiteOrigin リリースによるプラグインの競合を修正 ページビルダーv2.1
更新後のローカルキーのXNUMX番目の検証が失敗する可能性があるため、validate_local_key()のunset()を削除しました
SSLVerifyClientディレクティブが「必須」に設定されているサーバーでのライセンスAPI呼び出しに関する問題(thx Ron!)
「新しいマーカーを追加」リンクをXNUMX回使用した後、カスタムのデフォルトアイコンが保存されなかった(thr Cyrille!)
floatval()のカスタムPHPセパレーター設定により、マップが壊れる可能性があります(thx Tamas!)
公開または更新ボタンをクリックした後のマーカー編集ページの壊れたレイヤー編集リンク
phpinfo()がブロックされている場合、PHP Suhosinパッチが特別なサーバー構成でホワイトスクリーンにつながることを確認します
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
Anna Dukanのおかげでスロベニア語(sl_SL)の翻訳、 http://www.unisci24.com/blog/
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com、Fabian Hurelle、 http://hurelle.fr トーマス・ギニャール、http://news.timtom.ch
ドイツ語翻訳の更新
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Inge Tang(http://drommemila.no)のおかげでノルウェー語(ブークモール)の翻訳を更新
アリアンのおかげでルーマニア語の翻訳が更新され、 http://administrare-cantine.ro、Daniel Codrea、 http://www.inadcod.com Flo Bejgu、 http://www.inboxtranslation.com
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)およびVyacheslav Strenadko、http://poi-gorod.ru
DavidRamírezのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.hiperterminal.com、Alvaro Lara、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com そしてフアン・バルデス
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://20x.se アントン・アンドレアソン、 http://andreasson.org/
Hoai Thuのおかげでベトナム語(vi)の翻訳が更新され、 http://bizover.net
既知の問題点
絵文字の競合が原因で、Internet ExplorerがWordPress 4.2から4.2.2でクラッシュする可能性があります(細部)– WordPress 4.2.3で修正される予定です。WordPress4.2.3が利用可能になるまでの回避策: 絵文字を無効にする

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

238F109F0057EBBACBE0984B01AFFBA2C52E81B93C767F53A28668CFB7F7EFA5

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインの更新に追加のアクションは必要ありません。

3「ジオロケーションの拡張と互換性修正プログラムを含むPro v2.3への対応」

    2.3アップデート後にマップが読み込まれません。 マップのフロントページにある「デバッグ」をクリックすると、デッドページが表示されます。

    助けて!!!

    更新として、「絵文字を無効にする」プラグインをインストールし、マップが機能するようになりました。

    地図をChrome v 43.0.2357.81 mで表示していたため、これを考慮しませんでした。 したがって、絵文字の問題はIEブラウザーに加えてChromeブラウザーにも影響を与えると述べます。

    よろしく
    ウィル

      こんにちはウィル、
      クロムではまだ問題を再現できませんでした。 とにかく、変更ログに書かれているように、この問題について私がアドバイスできる唯一のことは、無効な絵文字プラグインをインストールすることです:-/その間、私は再びWordPressの男性と女性に話し、彼らは4.2.3リリースがあることを確認しました(WordPress SVNには既にタグが含まれているため)–とにかく、4.2.3のリリースが計画されているときにはまだわかりませんでした。
      最高の、
      ロバート

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X