情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

MMPAPIを備えたPro v2.5、拡張AJAXサポートなどが利用可能

2か月の集中的な開発の後、v2.5がついに利用可能になりました🙂

Waseem Senjerと私は、新機能の追加、使いやすさの最適化、バグの修正、顧客からのフィードバックの実装に一生懸命取り組んだので、今回はいつもより長いリリースノートを読み始める前に、一杯コーヒーを手に入れてください😉

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller


それでは、プロv2.5のハイライトを見てみましょう。

新しいAPI:MMPAPIクラス

Maps Marker Pro API関数は、Maps Marker Proの一般的なコア機能の一部にアクセスするための将来性のある方法を開発者に提供します。

v2.5までは、MapsMarker APIをHTTP経由でのみ使用するオプションがありました(https://www.mapsmarker.com/docs/api-tutorials/web-api/)。 API統合認証方法では、リモートサーバーからMaps Marker Proインストールに安全にアクセスすることもできます。一方、同じサーバー上のMaps Marker Proインストールにアクセスする場合、この認証方法はオーバーヘッドを追加し、簡単ではありませんでした特定の環境に実装する。

したがって、v2.5では、API関数にアクセスするためのMMPAPIクラスを追加しました。 これにより、たとえば、Maps Marker Proのアドオンを開発している場合に、コードと同じサーバー上のMaps Marker Proインストールにアクセスできます。

完全なドキュメントは、 https://www.mapsmarker.com/mmpapi

Maps Marker Pro用のアドオンを開発した場合、またはAPIを使用して興味深いショーケースを作成した場合、 お知らせください! また、プロライセンスと引き換えにそれらを使用できるようになれば幸いです😉

レイヤー編集とマーカーのリストページのAJAXサポート

AJAXは、ページ全体をリロードしなくてもアクションを実行できるテクノロジーです。 v2.1では、マーカーマップのAJAXサポートが追加されました。 v2.5では、AJAXサポートをレイヤー編集ページに拡張し、結果としてバックエンドでの処理がより効率的で高速になりました。

さらに、バックエンドの「マーカーのリスト」ページにAJAXサポートを追加しました。 ページ全体をリロードすることなく、さまざまなサブページを検索または選択できるようになりました。

Leaflet v0.7.5に更新

参照する リーフレット 「Maps Marker Proのエンジン」として、このすばらしいオープンソースのJavaScriptマッピングフレームワークとして、 ウラジミール・アガフォンキン コアライブラリであり、その周りに使いやすいインターフェースを構築しています。

Leaflet v0.7.5が最近リリースされました。これには、待ち望まれているv1.0リリースからのバックポートされた修正が含まれています。 変更の完全なリストについては、 リーフレットの変更ログ.

Maps Marker Proの背後にあるチームを知る

Maps Marker Proの背後にいる人々の詳細に興味がある場合は、新しい 私達についてページ 🙂

私達について

新しい権限設定:他のマーカーとレイヤーを表示するために必要な機能を構成します

すべての権限設定は、設定/その他/「一般設定」から設定/その他/「権限設定」に移動しました。

さらに、新しい権限設定「他のユーザーからのマーカー/レイヤーを表示するために必要なユーザーロール」も追加しました。

スクリーンショット

この新しい設定は、どのユーザーがどのマップを表示および編集できるかをより適切に構成できるため、マルチオーサーのWordPressのインストールではなく、複数の作成者に特に役立ちます。

メンテナンス性を向上させるためのユーザー権限に基づくフロントエンドの「マップの編集」リンク

「マップ編集」リンクをフロントエンドマップに追加すると、バックエンドで対応するマップを検索しなくても、対応するマーカーまたはレイヤー編集ページに直接移動できます。

スクリーンショット

マップを表示している現在のユーザーがそのマップを編集する機能を持っている場合、そのリンクは自動的にマップに追加されます。

「このレイヤーに新しいマーカーを追加」ボタンとリンクの機能強化

からのアンジェロに感謝します wocmultimedia.com このアイデアと次の3つのアイデアのために!

レイヤー編集ページで[このレイヤーに新しいマーカーを追加]ボタンを使用すると、v2.5で、以前のように新しいマーカーマップのデフォルト値ではなく、現在のレイヤーの中心とズームが新しいマーカーのプリセット値として使用されます。 )。

さらに、ポップアップテキスト「ここに新しいマーカーを追加」も、レイヤー編集ページでクリックすると、レイヤーのセンターピンに追加されます。

スクリーンショット

マーカー編集ページで割り当てられたレイヤーからのすべてのマーカーの動的プレビュー

マーカーをレイヤーに割り当てる場合、対応するリンクを使用して、割り当てられたレイヤーからすべてのマーカーを動的にプレビューすることもできます。

スクリーンショット

これは、割り当てられたレイヤーからの既存のマーカーに関連して新しいマーカーを整列させるのに役立ちます。このアイデアをアンジェロに感謝します!

レイヤー編集ページのチェックされたマルチレイヤーマップレイヤーからのマーカーの動的プレビュー

レイヤー編集ページをAJAX化したので、マルチレイヤーマップレイヤーのチェックからマーカーのプレビューも追加しました。レイヤーマップをマルチレイヤーマップに設定し、そのレイヤーマップに含めるレイヤーにチェックマークを付けると、そのレイヤーのマーカーは、マップ上で動的にプレビューされます。

mlm-marker-preview

レイヤーと割り当てられたマーカーを複製するオプション

v2.5では、レイヤーと割り当てられたすべてのマーカーを複製することも可能になりました。 これは、新しいボタンを使用してレイヤー編集ページで行うことができます

複製レイヤーボタン

または、一度に1つ以上のレイヤーの「すべてのレイヤーをリスト」ページで新しい一括アクションを使用する:

duplicate-layer-bulk-action

タッチデバイスでのみマップのドラッグを無効にするオプション

タッチデバイスでのみマップのドラッグを無効にするオプションを追加するというアイデアについて、ピーターに感謝します。 この新しい設定は、設定/マップのデフォルト/インタラクションオプションにあります。

ドラッグタッチ

インポート/エクスポートの最適化と拡張

インポート/エクスポート機能もMaps Marker Pro v2.5で更新されました。

1.使いやすさのためにインポート/エクスポート機能に一括追加/更新する「インポートモード」オプションを追加

マーカーとレイヤーのインポート機能をより直感的に改善しました。 これを実現するために、「インポートモード」と呼ばれる新しいオプションを追加しました。

インポートモード

デフォルトでは「一括追加」が選択されており、このファイルを変更せずに、既存のエクスポートファイルに基づいて新しいマーカーを作成できます。 「一括追加」を選択すると、各マーカーの行IDに設定された値に関係なく、新しいマップが作成されます。

一方、「一括更新」を選択すると、一致するIDのマップが存在する場合に更新が行われます。 IDが存在しない場合、インポートファイルの行はスキップされます(多くの人が指示を読まない傾向があるため、これによりいくつかのサポートリクエストが発生しました😉)

2. PHPExcelをv1.8.1に更新します

インポート/エクスポート機能はオープンソースライブラリを使用しています PHPExcel、Maps Marker Pro v1.8.1でv2.5にアップデートされました。 変更の完全なリストについては、以下を参照してください 変更履歴.

3.インポート/エクスポート:マーカーとレイヤーをOpenDocumentスプレッドシート(​​.ods)としてエクスポートするオプションを追加します

v2.5では、マーカーまたはレイヤーマップをエクスポートするときに、OpenDocumentスプレッドシート形式(.ods)のネイティブサポートも追加しました。

export-ods

自動チェック:マーカーが既に直接割り当てられている場合、レイヤーマップのマルチレイヤーマップへの変換を禁止します

技術的な制限により、マーカーをマルチレイヤーマップに直接追加することはできません。マルチレイヤーマップに表示するために選択されたレイヤーマップのXNUMXつにのみ追加できます。

v2.5では、割り当てられたマーカーがマップに表示されないため、既にマーカーが割り当てられているレイヤーをマルチレイヤーマップに変換できないというチェックを追加しました。

mlm-check

v2.5より前は警告しかありませんでした。一部のサポートリクエストはすべてのユーザーに読み取られるわけではないため、この自動チェックにより、その制限を意識する必要がなくなりました。

bingマップ:APIの使用を減らすためにメタデータを一度だけロードします

v2.5以前のbingメタデータが読み込まれる前に、他のレイヤーがアクティブな場合でも、bingレイヤーがマップに追加されました。 レイヤーが使用されていない場合でも、メタデータの読み込みごとに請求可能なトランザクションが作成されました。

おかげ Skrupellos オンデマンドの負荷を追加するため 修正します Maps Marker Proでも使用されている対応するBing Mapsリーフレットプラグインのこの問題の場合。 その結果、メタデータは、最初のタイルが実際に要求されたときにのみ読み込まれるようになりました。

その他の変更と最適化

  • マップが壊れる可能性のあるプラグイン「WP Deferred JavaScripts」の互換性チェック
  • レイヤーマップの下のマーカーのリストでマーカーをアドレス順に並べ替えるオプションを追加(thxアントン!)
  • 新しいCSSクラス「lmm-map」を追加してdivをマップし、より良いカスタムスタイリングを可能にしました(thx Marco!)
  • ブートストラップタブのマップの拡張互換性(サポートの追加 .tabbed-area a.nav-tabs a 親要素)

バグの修正

  • インストール後にreadme-qr-codes.zipがQRコードキャッシュディレクトリから削除されなかった
  • レイヤーのリスト:不要なレイヤーの重複が発生する可能性が高い重複するレイヤーリンクの不適切なクリック可能な領域(thx Holger!)
  • WordPressのユーザー名が30文字より長い場合、マップを保存できませんでした(thick Erich Lech!)
  • 一部のテーマでのGPXファイルのダウンロードリンクの後の意図しない改行
  • GPX直接ダウンロードリンクがすべてのブラウザーで機能しなかった(thx Alex!)
  • PHPExcelのソースコメントは、VaultPressによってハッカーのクレジットと誤解されました(thx Christophe!)
  • WPデバッグが有効になっていて、画面に警告またはエラーが表示された場合、AJAXアクションとGeoJSON配列/レイヤーマップが壊れました(thx Angelo from wocmultimedia.com!)
  • 「マーカー名をポップアップに追加」設定は、「レイヤーマップの下のマーカーのリスト」で無視されました(thx Sarah!)
  • MapBoxベースマップの選択は、マーカーおよびレイヤー編集ページに保存されませんでした(thx Jelger!)

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、149ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

私たちはすでにv2.6に取り組んでいます。これは、Waseemの助けにより、主要なハイライトとしてフロントエンドでのフィルタリングを最終的にサポートします。

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーのフィードバックに起因する計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メール)または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

新しいAPI: MMPAPIクラス たとえば、アドオンを簡単に開発できます
レイヤー編集およびマーカーページのリストに対するAJAXサポート(再読み込みは不要)
Leaflet v0.7.5(完全な変更ログ)
マップマーカープロの背後にあるチームについて知る 私たちについて
新しい権限設定:他のマーカーとレイヤーを表示するために必要な機能を構成します
メンテナンス性を向上させるためのユーザー権限に基づくフロントエンドの「マップの編集」リンク(thx David!)
「このレイヤーに新しいマーカーを追加」ボタンとリンクの機能強化:現在のレイヤーの中心を新しいマーカーの位置に使用します(thx Angelo from wocmultimedia.biz!)
マーカー編集ページの割り当てられたレイヤーからのすべてのマーカーの動的プレビュー(thx Angelo from wocmultimedia.biz!)
レイヤー編集ページのチェックされたマルチレイヤーマップレイヤーからのマーカーの動的プレビュー(thx Angelo from wocmultimedia.biz!)
レイヤーと割り当てられたマーカーを複製するオプション(単一レイヤーとレイヤーバルクアクション用)– thx Angeloから wocmultimedia.biz!
タッチデバイスでのみマップのドラッグを無効にするオプション(Thy Peter!)
インポート/エクスポート:マーカーとレイヤーをOpenDocumentスプレッドシート(​​.ods)としてエクスポートするオプションを追加
使いやすさを向上させるために、インポート/エクスポート機能への一括追加/更新の「インポートモード」オプションを追加
マップが壊れる可能性のあるプラグイン「WP Deferred JavaScripts」の互換性チェック
レイヤーマップの下のマーカーのリストでマーカーをアドレス順に並べ替えるオプションを追加(thxアントン!)
新しいCSSクラス「lmm-map」を追加してdivをマップし、より良いカスタムスタイリングを可能にしました(thx Marco!)
自動チェック:マーカーが既に直接割り当てられている場合、レイヤーマップのマルチレイヤーマップへの変換を禁止します
PHPExcelをv1.8.1(変更履歴)
ブートストラップタブのマップの拡張互換性(サポートの追加 .tabbed-area a.nav-tabs a 親要素)
bingマップ:APIの使用を減らすためにメタデータをXNUMX回だけロードします(thx Skrupellos!)
インストール後にreadme-qr-codes.zipがQRコードキャッシュディレクトリから削除されなかった
レイヤーのリスト:不要なレイヤーの重複が発生する可能性が高い重複するレイヤーリンクの不適切なクリック可能な領域(thx Holger!)
WordPressのユーザー名が30文字より長い場合、マップを保存できませんでした(thick Erich Lech!)
一部のテーマでのGPXファイルのダウンロードリンクの後の意図しない改行

以前の変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

1F60F226343B4DFD9C94D3CBB4CDA31ECADBA5BB851ECC7004FA2C9653AC713C

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

ベータリリースからこの最終リリースに更新する場合、追加のアクションは必要ありません。

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X