情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.14.3
すべての変更ログを表示

キーレスジオコーディングプロバイダーなどをサポートするPro v2.8が利用可能

4か月以上の開発の後、Maps Marker Pro v2.8が利用可能になったことをお知らせいたします。 このリリースは、キーレスジオコーディングプロバイダーのサポートを追加する重要なマイルストーンとなります。これにより、お客様やクライアントは追加の登録やAPIキーなしでMaps Marker Proを使用できます。

ベースマップに対するこの新しいキーレスアプローチに追いつくために、新しいインストールのGoogleベースマップサポートも変更しました。 2016年XNUMX月以降、ベースマップのGoogle APIキーは必須であるため、Googleマップのサポートはデフォルトで無効になります(新規インストールの場合)。

ユーザーにより多くの選択肢を提供するために、Stamenマップから新しいキーレスベースマップとOpenStreetMapバリアントサポートも追加しました。これにより、マップをさらにカスタマイズできます。

また、ユーザビリティのレビューも行い(結果はWieland!)、その結果、設定領域が完全に再編成されただけでなく、多くの微妙な変更が追加され、特に経験の浅いユーザーが新しいマップを簡単に作成できるようになりました。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。 このリリースの詳細については、以下を参照してください。


この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新の更新)、 Facebook, Google+の または経由でニュースを購読 RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller

アンクルサム-mmp
Maps Marker Proであなたを求めています!
私たちのチームにフリーランスの開発者として参加して、今すぐ応募してください!
https://www.mapsmarker.com/join-the-team


それでは、プロv2.8のハイライトを見てみましょう。

キーレスジオコーディングプロバイダーのサポート

このリリースの主なハイライトは、新しいジオコーディングプロバイダーのサポートです。 ジオコーディングは、場所の説明(住所、名前、場所など)を地表面上の場所に変換するプロセスです。 Maps Marker Proでは、マーカーおよびレイヤー編集ページでさまざまなジオコーディングプロバイダーから動的に選択できます。

ジオコーディング選択

以下のキーレスジオコーディングプロバイダーをそのまま使用できます。

次のジオコーディングプロバイダーには、必須のAPIキー登録が必要です。

現在利用可能なすべてのジオコーディングプロバイダーの比較については、次の表を参照してください。

登録が必要ですか?登録なしのレート制限登録によるレート制限
TomTomジオコーディング (推奨)はいN / A2.500リクエスト/日、5リクエスト/分。 より大きな計画の詳細 https://developer.tomtom.com/store/maps-api
アルゴリアの場所いいえ、ただしレート制限が高い場合に推奨1.000リクエスト/ドメイン/日、最大15リクエスト/秒ドメインごとに100.000リクエスト/月、最大15リクエスト/秒。 必要に応じて、より多くの割り当てを利用できます
Photon @ Mapsmarkerいいえ10.000リクエスト/ドメイン/日、Maps Marker Proの場合は最大20リクエスト/秒
1.000リクエスト/ドメイン/日、最大5リクエスト/秒、リーフレットマップマーカー
N / A
MapQuestジオコーディングはいN / A15.000トランザクション/月、最大10リクエスト/秒。 より高い割り当てが利用可能です
GoogleジオコーディングはいN / A11か月あたりの最小請求額が適用されます(2018年XNUMX月XNUMX日から- 詳細はこちら)
LocationIQジオコーディングはいN / A10,000リクエスト/日、60リクエスト/分、2リクエスト/秒、無料プラン。 より大きな計画の詳細 https://locationiq.com/pricing

よりターゲットを絞った検索結果を取得するために、各プロバイダーは、その結果を最適化するためのさまざまなオプションを提供します(たとえば、ローカルフォーカスポイントを設定し、結果を国に制限することによって)–ください 関連チュートリアルはこちらをクリックしてください.

プロバイダーが利用できない場合、またはレート制限に達した場合、設定で選択されたフォールバックジオコーディングプロバイダーが自動的に使用されます。

ジオコーディング-フォールバック

OpenStreetMapバリアントのサポートを追加

OpenStreetMapには、設定/ベースマップ/ OpenStreetMapに専用のベースマップ設定セクションがあり、使用するOpenStreetMapバリアントを選択できるようになりました。

ヘルプOSMバリアント

選択したバリアントは、ベースマップとしてOpenStreetMapを使用するすべてのマップに適用されます。

サポートを追加 おしべ ベースマップの地形とトナー

10年以上にわたって、 おしべ で地図作成を調査してきました 彼らのクライアント そして研究中。 それらのマップタイルは、 CityTrackingプロジェクトナイト財団、ここでおしべはウェブサービスを構築し、 オープンソースツール わかりやすい、非常に視覚的な方法で公開データを表示する。

v2.8では、追加の登録を行わなくても、次のStamenベースマップをすぐにマップに使用できます。 関連する設定は、設定/ベースマップ/おしべマップにあります。

おしべトナーの亜種:

ヘルプ雄しべトナー

おしべ地形のバリアント:

ヘルプ雄しべ-地形

おしべ水彩画:

ヘルプおしべ水彩画

MapQuest APIキーと(ハイブリッド)ベースマップのサポートを追加

MapQuestは必須のAPIキーを必要とするため、11年2016月XNUMX日以降、MapQuestベースマップは壊れていました。 このリリースでは、ベースマップとしてMapQuestを再び使用できるようになりました。MapQuestAPIキーを登録する方法に関するチュートリアルが見つかります。 ここ.

一部のマップのベースマップとしてMapQuestが設定されており、APIキーがまだ与えられていない場合、これらのマップは、APIキーが設定されなくなるまで、ベースマップとしてOpenStreetMapに自動的に切り替わります。 さらに、影響を受けるマップに関する情報がバックエンドに表示され、APIキーを登録するか、影響を受けるマップのベースマップを手動で変更できます。

さらに、MapQuestハイブリッドベースマップのサポートも追加しました。これは、必須のAPIキーが設定された後に選択できるようになりました。

ヘルプマップクエストタイル

新しいデフォルトのカスタムベースマップとオーバーレイ

このリリースでは、デフォルトのカスタムベースマップ1〜3とカスタムオーバーレイも変更しました。

  • のサポート OpenMapSurfer境界 デフォルトのカスタムベースマップとして1
  • のサポート OpenTopoMap デフォルトのカスタムベースマップとして2
  • のサポート ハイダ デフォルトのカスタムベースマップとして3
  • 新しいデフォルトのカスタムオーバーレイのサポート WaymarkedトレイルOpenWeatherMap

ここではカスタム設定を上書きしたくないため、これらの新しいカスタムベースマップは、デフォルトでは新規インストールでのみ使用できます。

以前のバージョンからこのリリースにアップグレードし、それらのベースマップも使用する場合は、適切な設定セクションで設定をリセットするか、設定/ベースマップ/カスタムベースマップ1-3または設定/オーバーレイ/カスタムで関連するすべての設定フィールドをクリアします保存ボタンを押した後、デフォルトの設定が使用される1〜4のオーバーレイ。

「Google Maps JavaScript API」で新規インストールをオプトイン

新しい「キーレスのすぐに使えるアプローチ」をサポートするために、2016年XNUMX月以降、Googleベースマップの表示に必須のAPIキーが必要なため、新規インストールでは「Google Maps JavaScript API」も無効になりました。

したがって、マップにGoogleベースマップを使用する場合は、最初にAPIキーを登録し、「Google Maps JavaScript API」を有効にする必要があります。チュートリアルを見つけることができます ここ.

バックエンドのパフォーマンスの改善

このリリースでは、プラグインのパフォーマンスを改善する方法も探しました。 このリリースでは、次の改善の可能性が確認され、実装されています。

  • マーカーの編集とツールページでのマーカーアイコンの読み込みのパフォーマンスが向上しました(代わりにbase64画像エンコーディングを使用して余分なhttpリクエストを排除することにより)
  • 条件付きおよび据え置きのGoogle Maps APIロードのサポートにより、OpenStreetMapベースのマップのバックエンドのパフォーマンスが向上しました

操作性の向上

Wielandとともに包括的なユーザビリティレビューを行いました。 http://user-experience.wien/ その結果、以下の使いやすさの最適化が追加されました-特に新規ユーザーのために、プラグインを理解しやすくすることに焦点を当てています。

  • 完全に再構成された設定ページ(関連する設定の構造化とグループ化が向上)
  • メニュー項目を並べ替え、デフォルトで高度な機能へのリンクを折りたたんで、フォーカスを強化します
  • マーカー/レイヤーのコンセプトに関する情報テキストを追加して、新しいユーザーをよりよく支援
  • ライセンス検証の進行状況を示すために、ライセンス設定ページに読み込みインジケーターを追加する
  • 高度なレイヤー編集機能を非表示にし、クリック時にのみ表示されるようにします(新しいユーザーをさらに支援するため)
  • 読み込みの問題について考えられる説明を提供し、解決策を提案する更新されたデフォルトのエラータイル画像

バックエンドの「すべてのレイヤーをリスト」ページのページネーションを追加

バックエンドの「すべてのレイヤーを一覧表示する」ページでもページングと並べ替えがサポートされるようになりました。これにより、特に多くのレイヤーを持つユーザーのパフォーマンスと使いやすさが向上します。

レイヤーページング

翻訳者の報酬を変更

現在、180人以上の翻訳者が46以上の翻訳を提供しています。皆様のおかげです! 翻訳は、glotpressサイトで簡単に追加できます。 https://translate.mapsmarker.com また、翻訳者は、Maps Marker Proの無料ライセンスと、価値ある貢献と引き換えにアップデートやサポートに無料でアクセスできる資格があります。

必要な完全性のレベルを下げたため、翻訳の支援と引き換えに249ユーロ相当のプロフェッショナルライセンスキーを取得するのがさらに簡単になりました。 翻訳者になりたい方はこちらをご覧ください https://translate.mapsmarker.com 詳細についてはこちら。

JavaScript APIの機能強化

Maps Marker Proには、開発者がマーカーとレイヤーにイベントハンドラーをアタッチするために使用できるJavaScript APIが含まれています。 このリリースでは、次の拡張機能が追加されました。

  • マップの読み込みイベントを利用できる新しいフィルターmmp_before_setview(thx Jose!)
  • MMP JS APIでマーカーへのアクセスを追加(those Jose!)
  • レイヤーマップでポップアップを開く新しいMMP JS API関数(thx Rob!)

で関連するAPIドキュメントを参照してください https://www.mapsmarker.com/jseventsapi 詳細はこちら

その他の変更と最適化

  • 「Geo Redirect」プラグインの互換性チェック(thx Vladislav!)
  • 特定のPHPプラグインファイルへの直接アクセスを明示的に許可するために.htaccessファイルをプラグインフォルダーに追加します(thx Nikos!)
  • 新しいLeaflet.markerclusterオプション「animate」により、クラスターの子をスムーズに分割/マージ(デフォルトで有効化)
  • OpenStreetMapのmaxNativeZoomレベルを18から19に増やして詳細を確認します
  • ロケールzh(中国語)が使用されている場合、タイル画像とAPIリクエストのhttpsからhttpへの互換性フォールバックを削除
  • ページネーションが使用された後、レイヤーマップの下のマーカーリストの一番上にジャンプします(thx Mark!)
  • Mapboxカスタムベースマップパラメータをトリミングして、URLの破損を防止する
  • Leaflet.markerclusterコードベースをv0.5.0に更新(thx danzel!)
  • jQuery timepickerアドオンをv1.6.1からv1.6.3に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
  • ミニマップアドオンをv3.3.0からv3.4.0に更新(バグ修正リリース)
  • 検索プロセスのタイムアウトを0から増やします。5バイト文字をより適切にサポートするために1〜XNUMX秒(thx Takeo!)
  • OGDウィーンマップの組み込みサポートをbasemap.atのサポートに置き換え(オーストリア全体をカバー、デフォルトでは無効)
  • 新しい「Google Styled Maps Wizard」への設定リンクを更新
  • TinyMCE HTMLエディターが完全に読み込まれていない限り、マーカー編集ページの更新ボタンを無効にして、ポップアップテキストが正しく保存されない問題を回避します(thx JunJie!)
  • 既存のマーカーまたはレイヤーマップの編集時のみバックエンドにホームコントロールボタンを追加します(thx Thorsten!)

バグの修正

  • 読み込まれたマーカーが多すぎて、マーカーのリスト内のマーカーアイコンまたはマーカー名をクリックしたときにマップが応答しなくなる(thr Daryn!)
  • 「コンテンツで使用」機能のカスタム投稿タイプが見つかりませんでした。MapsMarker Proのショートコードが使用されている場所を示しています(thx Brian!)
  • フィルターステータスが「いいえ」のmlmに含まれているレイヤーのマーカーがフロントエンドに読み込まれません(thx Carles!)
  • フィルターコントロールボックスでのIDの並べ替え順序は、ID番号ではなくIDテキストでした(thor Brian!)
  • マップのgetBounds()が範囲の値を返すと、bingの属性が消える可能性があります
  • 設定ページは非管理者に表示される可能性があります(ただし、変更を加えることはできません)
  • 大きなアイコンは、「すべてのマーカーを一覧表示」ページを歪める可能性があります(thx Hockey!)
  • モバイルデバイスで問題を引き起こす可能性があるGoogle.asyncWaitの修正を追加(thx nmccready!)
  • フィルターでのクリックイベントの初期化の破損(thx Patrick!)
  • 「すべてのマーカーにレイヤーズームレベルを使用する」オプションが設定されている場合、マーカーのリストのリンクを使用してクラスターのポップアップが開かれませんでした
  • 「引数が少なすぎます」マーカーの並べ替え順序のリストに関するPHP警告(thin Martin!)
  • 無効なショートコードが使用された場合のPHPエラーログエントリ「Undefined variable:mapname_js」
  • マーカー編集ページのi18n /翻訳の問題(thx Hans!)
  • インポーターエラーが発生した場合、カスタムマーカーアイコンはフォールバックとして使用されませんでした
  • カスタムベースマップ2&3のerrorTile-imagesオプションは、マーカーとレイヤーの編集ページでは考慮されませんでした
  • マーカーリストオプションがオフの場合でも、マーカーリストのアクションバーが空のレイヤーマップにも表示されていました
  • 変更が加えられていなくても、保存されていない警告がレイヤー編集ページに表示されていました
  • マーカーとレイヤー編集ページの垂直スクロールが携帯電話で壊れていました
  • Google ChromeでHTML5フルスクリーンビューを終了すると、地図が部分的に破損しました(thx Maj-Britt!)
  • 新しいマーカーを作成するときに、「新しいレイヤーの追加」リンクがレイヤー選択リストの下に表示されなかった
  • OpenRouteService.orgルート案内の統合が部分的に壊れていました(レイヤーIDが変更されたため、開始点が設定されていません– thx Marco!)
  • バックエンドのマーカー/レイヤー名のオートフォーカスがGoogle Chromeで機能しませんでした
  • W3 Total Cache Plugin v0.9.5のみとの互換性チェックの問題(参照 mapsmarker.com/w3tc-hotfix 背景情報)
  • マーカーのリストの距離による並べ替えがデフォルトで設定されている場合、レイヤーマップが壊れる可能性があります(PHPエラーログレベルによって異なります)
  • パネル、リストマーカー、クラスタリング設定の新しいレイヤーのデフォルトは、デフォルトでオフになっていると保存されませんでした(Thx Thorsten!)

既知の問題点

https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能はGoogle Chrome 50以降では機能しません

Chrome 50では、Googleはブラウザーの地理位置情報サポートに大きな変更を加えました。ユーザーの現在位置を要求するすべてのアプリケーション(Maps Marker Proの地理位置情報機能だけでなく)は、ユーザーの現在位置を取得することのみが許可されます。サイトはhttps経由で安全に配信されるように設定されています–ユーザーには代わりに次の警告が表示されます。

地理位置情報エラー情報

Googleによるこの決定の詳細については、 https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only。 ユーザーがFirefox、Safari、またはInternet Explorerなどの代替ブラウザを介してサイトにアクセスする場合、ジオロケーションは非httpsサイトでも機能します。とにかく、これらのブラウザでも将来的に同様のセキュリティ制限が追加される可能性があります。

そのため、サイトにMaps Marker Proジオロケーション機能が必要な場合は、サイトをhttpsに移行することを強くお勧めします。 一部のホスティング事業者はすでに無料のhttps証明書を提供しています Letsencrypt.org 例えば。 WordPressサイトでhttpsをサポートするように構成するために必要な構成については、次のようなチュートリアルをご覧ください。 https://css-tricks.com/moving-to-https-on-wordpress/.

httpsは、Google Chrome 50以上でジオロケーションを再利用するだけでなく、データの整合性、送信者の認証、ユーザーのプライバシー、およびhttpsがランキング信号として使用されるため、より高いGoogleランキングなど、サイトにとって多くの利点があるため、切り替えることを強くお勧めしますまだ行っていない場合にのみ、サイトをhttpsに接続します。

翻訳の更新

多くのやる気のある貢献者のおかげで、このリリースには以下の更新された翻訳が含まれています。

翻訳に貢献したい場合(新しいヒンディー語翻訳者を歓迎します!)、 https://translate.mapsmarker.com/projects/lmm 詳細についてはこちら。

翻訳者はその貢献に対しても報酬が支払われることに注意してください。たとえば、翻訳が50%未満で終了した場合、翻訳者は翻訳を25%完了した場合の補償として、249ユーロ相当の100ライセンスパックを無料で受け取ります。

Outlook –次のリリースの計画

新機能のリリース日をお約束することはできませんのでご了承ください。 の ロードマップ 主要な新機能については、Maps Marker Proの方向性を示しています。とにかく、最適化とバグ修正を追加できる柔軟性を維持したいだけで、主にユーザーからのフィードバックに起因するかなり計画外のマイナーリリースが発生します。

このブログを購読してください(経由 RSS or メールアドレス )または@をフォローMapsMarker 最新の開発ニュースで最新情報を入手したい場合は、twitter(=最新の更新)をご利用ください。

完全な変更ログ

ジオコーディングプロバイダーのサポートMapzen Search、Algolia Places、MapQuest Geocoding、Photon @ MapsMarker
OpenStreetMapバリアントのサポートを追加(Mapnik、Black&White、DE、フランス、HOT)
サポートを追加 おしべ ベースマップの地形とトナー
MapQuest(ハイブリッド)ベースマップのサポートを追加
「Geo Redirect」プラグインの互換性チェック(thx Vladislav!)
特定のPHPプラグインファイルへの直接アクセスを明示的に許可するために.htaccessファイルをプラグインフォルダーに追加します(thx Nikos!)
新しいLeaflet.markerclusterオプション「animate」により、クラスタの子をスムーズに分割/マージ(デフォルトで有効化)
マーカー/レイヤーのコンセプトに関する情報テキストを追加して、新しいユーザーをよりよく支援
ライセンス検証の進行状況を示すために、ライセンス設定ページに読み込みインジケーターを追加する
マップの読み込みイベントを利用できる新しいフィルターmmp_before_setview(thx Jose!)
のサポート OpenMapSurfer境界 デフォルトのカスタムベースマップ1として(新規インストールでのみ有効)
のサポート OpenTopoMap デフォルトのカスタムベースマップ2として(新規インストールでのみ有効)
のサポート ハイダ デフォルトのカスタムベースマップ3として(新規インストールでのみ有効)
新しいデフォルトのカスタムオーバーレイのサポート WaymarkedトレイルOpenWeatherMap (新規インストールでのみ有効)
MMP JS APIでマーカーへのアクセスを追加(those Jose!)
レイヤーマップでポップアップを開く新しいMMP JS API関数(thx Rob!)
バックエンドの「すべてのレイヤーをリスト」ページのページネーションを追加
OpenStreetMapのmaxNativeZoomレベルを18から19に増やして詳細を確認します
オプション「Google Maps JavaScript API」は互換性の理由によりリセットされ、必須のAPIキーにより新規インストールでは無効になっています
ロケールzh(中国語)が使用されている場合、タイル画像とAPIリクエストのhttpsからhttpへの互換性フォールバックを削除
使いやすさのために設定ページを再編成
ページネーションが使用された後、レイヤーマップの下のマーカーリストの一番上にジャンプします(thx Mark!)
マーカーの編集とツールページでのマーカーアイコンの読み込みのパフォーマンスが向上しました(代わりにbase64画像エンコーディングを使用して余分なhttpリクエストを排除することにより)
条件付きおよび据え置きのGoogle Maps APIロードのサポートにより、OpenStreetMapベースのマップのバックエンドのパフォーマンスが向上しました
Mapboxカスタムベースマップパラメータをトリミングして、URLの破損を防止する
Leaflet.markerclusterコードベースをv0.5.0に更新(thx danzel!)
jQuery timepickerアドオンをv1.6.1からv1.6.3に更新(バグ修正リリース、 完全な変更ログ)
ミニマップアドオンをv3.3.0からv3.4.0に更新(バグ修正リリース)
メニュー項目を並べ替え、デフォルトで高度な機能へのリンクを折りたたむことで、フォーカスが向上します(Thy Wieland from http://user-experience.wien/!)
高度なレイヤー編集機能を非表示にし、クリック時にのみ表示されるようにします(新しいユーザーをさらに支援するため)
読み込みの問題について考えられる説明を提供し、解決策を提案する更新されたデフォルトのエラータイル画像
OGDウィーンマップの組み込みサポートをbasemap.atのサポートに置き換え(オーストリア全体をカバー、デフォルトでは無効)
新しい「Google Styled Maps Wizard」への設定リンクを更新
TinyMCE HTMLエディターが完全に読み込まれていない限り、マーカー編集ページの更新ボタンを無効にして、ポップアップテキストが正しく保存されない問題を回避します(thx JunJie!)
検索プロセスのタイムアウトを0.5秒から1秒に増やし、XNUMXバイト文字をより適切にサポートします(Takeo!)
既存のマーカーまたはレイヤーマップの編集時のみバックエンドにホームコントロールボタンを追加します(thx Thorsten!)
MapQuestベースマップは11年2016月XNUMX日以降壊れていました(必須のAPIキーが設定されていない場合、既存のマップのOpenStreetMapへの自動フォールバック)
読み込まれたマーカーが多すぎて、マーカーのリスト内のマーカーアイコンまたはマーカー名をクリックしたときにマップが応答しなくなる(thr Daryn!)
「コンテンツで使用」機能のカスタム投稿タイプが見つかりませんでした。MapsMarker Proのショートコードが使用されている場所を示しています(thx Brian!)
フィルターステータスが「いいえ」のmlmに含まれているレイヤーのマーカーがフロントエンドに読み込まれません(thx Carles!)
フィルターコントロールボックスでのIDの並べ替え順序は、ID番号ではなくIDテキストでした(thor Brian!)
マップのgetBounds()が範囲の値を返すと、bingの属性が消える可能性があります
設定ページは非管理者に表示される可能性があります(ただし、変更を加えることはできません)
大きなアイコンは、「すべてのマーカーを一覧表示」ページを歪める可能性があります(thx Hockey!)
モバイルデバイスで問題を引き起こす可能性があるGoogle.asyncWaitの修正を追加(thx nmccready!)
フィルターでのクリックイベントの初期化の破損(thx Patrick!)
「すべてのマーカーにレイヤーズームレベルを使用する」オプションが設定されている場合、マーカーのリストのリンクを使用してクラスターのポップアップが開かれませんでした
「引数が少なすぎます」マーカーの並べ替え順序のリストに関するPHP警告(thin Martin!)
無効なショートコードが使用された場合のPHPエラーログエントリ「Undefined variable:mapname_js」
マーカー編集ページのi18n /翻訳の問題(thx Hans!)
インポーターエラーが発生した場合、カスタムマーカーアイコンはフォールバックとして使用されませんでした
カスタムベースマップ2&3のerrorTile-imagesオプションは、マーカーとレイヤーの編集ページでは考慮されませんでした
マーカーリストオプションがオフの場合でも、マーカーリストのアクションバーが空のレイヤーマップにも表示されていました
変更が加えられていなくても、保存されていない警告がレイヤー編集ページに表示されていました
マーカーとレイヤー編集ページの垂直スクロールが携帯電話で壊れていました
Google ChromeでHTML5フルスクリーンビューを終了すると、地図が部分的に破損しました(thx Maj-Britt!)
新しいマーカーを作成するときに、「新しいレイヤーの追加」リンクがレイヤー選択リストの下に表示されなかった
OpenRouteService.orgのルート統合が部分的に壊れていました(変更されたレイヤーIDのために開始点が設定されていません– thx Marco!)
バックエンドのマーカー/レイヤー名のオートフォーカスがGoogle Chromeで機能しませんでした
W3 Total Cache Plugin v0.9.5のみとの互換性チェックの問題(参照 mapsmarker.com/w3tc-hotfix 背景情報)
マーカーのリストの距離による並べ替えがデフォルトで設定されている場合、レイヤーマップが壊れる可能性があります(PHPエラーログレベルによって異なります)
パネル、リストマーカー、クラスタリング設定の新しいレイヤーのデフォルトは、デフォルトでオフになっていると保存されませんでした(Thx Thorsten!)
Google Chrome 50以降では、https経由でサイトに安全にアクセスできない限り、ジオロケーション機能は機能しません(細部)
翻訳の更新
翻訳を手伝いたい場合は、 ウェブベースの翻訳プラットフォーム
翻訳者の報酬の変更:完全性が249%以下ではなく、80%以下で50ユーロ相当の無料のプロフェッショナルライセンスキーを取得
Efraim Bayarri、http://replicantsfactory.com、Vicent Cubellsのおかげで更新されたカタロニア語翻訳、 http://vcubells.net マルタ・エスピナルト http://www.martika.es
ジョン・シェンのおかげで中国語の翻訳が更新され、 http://www.synyan.net そしてck
Marijke Metzのおかげで更新されたオランダ語の翻訳– http://www.mergenmetz.nl、Patrick Ruers、http://www.stationskwartiersittard.nl、Fokko van der Leest – http://wandelenrondroden.nl そしてハンス・テミング– http://www.wonderline.nl
VincènPujolのおかげで更新されたフランス語の翻訳、 http://www.skivr.com ロドルフ・クウィデビル、 http://rodolphe.quiedeville.org、Fx Benard、http://wp-translator.com、cazalcédric、 http://www.cedric-cazal.com、Fabian Hurelle、 http://hurelle.fr トーマス・ギニャール、 http://news.timtom.ch
ドイツ語翻訳の更新
IstvánPintérのおかげでハンガリー語の翻訳が更新され、 http://www.logicit.hu とCsaba Orban、 http://www.foto-dvd.hu
Luca Barbettiのおかげで更新されたイタリア語翻訳、 http://twitter.com/okibone そして、アンジェロ・ジャムマーレシ– http://www.wocmultimedia.biz
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ
Juris Orlovsのおかげでラトビア語の翻訳が更新されました。 http://lbpa.lv およびEriks Remess http://geekli.st/Eriks
Donatas Liaudaitisのおかげで更新されたリトアニア語の翻訳– http://www.transleta.co.uk とOvidijus – http://www.manokarkle.lt
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによるサポート– http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru
DavidRamírezのおかげで更新されたスペイン語翻訳、 http://www.hiperterminal.com、Alvaro Lara、 http://www.alvarolara.com、ビクター・ゲバラ、 http://1sistemas.net、リカルド・ヴィテリ、 http://www.labviteri.com、フアンバルデスとマルタエスピナルト、 http://www.martika.es
Olof Odier http://www.historiskastadsvandringar.se、Tedy Warsitha http://codeorig.in/、Dan Paulssonによるスウェーデン語翻訳の更新 http://www.paulsson.eu、Elger Lindgren、 http://bilddigital.se、アントンアンドレアソン、 http://andreasson.org/ とトニー・リグネルショー– https://www.dumsnal.se/
Andrexj、http://all3d.com.ua、Sergey ZhitnitskyおよびMykhailo、http://imgsplanet.comのおかげで更新されたウクライナ語の翻訳

利用可能なすべての変更ログを表示

ダウンロード/アップデート方法

更新する最も簡単な方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを12時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「Maps Marker Pro」の横にある「手動で更新を確認する」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

手動更新チェック

「アップデートの確認」リンクが表示されておらず、1.7より前のバージョンを使用している場合は、現在のパッケージをからダウンロードして手動でXNUMX回アップデートしてください https://www.mapsmarker.com/download-pro FTP経由でサーバー上の既存のプラグインファイルを上書きします。 これは、古いSSLライブラリを使用するいくつかのホストで必要になる場合があり、Maps Marker Proが安全な接続を確立してmapsmarker.comから更新パッケージを取得するのを妨げます。 Pro v1.7には、これらの種類のサーバーに対する回避策が含まれており、以下のアップデートは通常どおり再び機能します。 影響を受けて助けが必要な場合は、 サポートチケットを開く.

プラグインパッケージの整合性を確認する方法

SHA-256ハッシュ値:

4D5D5CD4FD7AF7F1B974B2DEF038B540C80C27F03DE6B5858A1F411884460AF8

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨–自動更新プロセスが使用されている場合は検証は不要です)

ベータテスターの追加アップデートノート

プラグインをベータ版から最終バージョンに更新する際の追加のアクションは必要ありません。

「キーレスジオコーディングプロバイダーなどをサポートするPro v2への2.8つの応答が利用可能」

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X