情報:これはの変更ログではありません 最新の安定バージョン4.13.1
すべての変更ログを表示

WPML / polylang修正とサードパーティライブラリの更新を含むMaps Marker Pro v4.3.1が利用可能

v4.3.1で、ポップアップテキストが翻訳されないWPML / polylang翻訳のバグを修正しました。 さらに、マイナーなバグ修正と最適化のために、プラグインの原型であるleaflet.jsなどのサードパーティライブラリも更新しました。

最新バージョンへの更新は、いつものように強くお勧めします。

完全な変更ログ

バージョン4.3.1の変更ログ -16.05.2019年XNUMX月XNUMX日にリリース(リリースノート)

リーフレット1.5.1に更新(変更履歴)
leaflet-locatecontrolをv0.63からv0.67に更新(コンパスマーカーの表示のサポートを追加)
Select2アドオンをv4.0.4からv4.0.7に更新(バグ修正リリース、 リリースノート)
WPML / polylangの問題-ポップアップ翻訳を取得するときに正しい名前を使用する
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによってサポートされています- http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru→寄付する
のおかげでスロベニア語の翻訳が更新されました イゴール・シャブリアン→寄付する

問題が発生した場合は、 ナレッジベースを検索 またはを提出する ヘルプデスクチケット.

ハッピーマッピング!

Maps Marker Proチーム


更新方法

更新の推奨方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 proプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、[Maps Marker Pro]の横にある[アップデートの確認]リンクをクリックして、アップデートチェックを手動でトリガーすることもできます。

利用可能なアップデートがある場合は、「今すぐアップデート」リンクをクリックしてアップデートを開始してください。

v3.1.1以下からアップデートする場合は、 ナレッジベースのこのユーザーガイド インストール手順と移行チュートリアル。


ベータテスター向けの追加情報

このバージョンに更新する場合、ベータテスターに​​は追加のアクションは必要ありません。


Database APIユーザー向けの追加情報

このリリースにはデータベーステーブルへの変更が含まれていないため、必要な更新はありません。 データベースAPI ユーザー。


Maps Marker Proを最初からインストールする方法

Maps Marker Proを直接zipファイルとしてダウンロードしてインストールする場合は、 ここをクリックしてください.


プラグインパッケージの整合性を確認する方法

このリリースのSHA-256ハッシュ値とファイル数については、次のファイルを確認してください。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt

このファイルは、弊社のPGP鍵でデジタル署名されています。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt.sig

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストール用のプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされなかった場合に推奨されます。自動更新プロセスが使用されている場合は、検証は必要ありません)。


質問は? フィードバック? コメント?

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新のアップデート)または Facebook、ニュースを購読する RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/resellervv

コメント

XHTML: あなたはこれらのタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

en English
X