Maps Marker Pro v4.15 –CLSの最適化とWordPress5.6の修正–が利用可能です

クリスマスの直前に、Maps MarkerProv4.15が利用可能になったことをお知らせします🙂

このリリースでは、WordPress 5.6とのバックエンドの互換性の問題がいくつか修正され、CLSを最小限に抑えるためのマップの作成と読み込みプロセスの改善、マップレイアウトのCSSの改善、エラーレポートの改善などが含まれています。

このリリースの詳細とハイライトについては、以下を参照してください。 いつものように、最新バージョンに更新することを強くお勧めします。


マップの作成と読み込みのプロセスを改善して、CLS(累積レイアウトシフト)を防止します

「要素をクリックしようとしていました。なぜ移動したのですか?」

レイアウトシフトは、ページ上の表示要素が位置またはサイズを変更し、その周囲のコンテンツの位置に影響を与えるときに発生します。 ユーザーの操作の結果としてコンテナーが拡張する場合など、シフトが意図されている場合があります。 ただし、広告の動的な性質により、 予期しないレイアウトの変更、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼし、深刻なユーザビリティの問題を引き起こす可能性があります。

CLSはまた、 コアWebバイタル サイトへのレイアウト変更の影響を定量化するために使用できるGoogleによる指標。 さらに、CLSは2021年にGoogleのランキング要素になります(細部).

Maps Marker Pro v4.15では、この問題に対処し、マップの作成方法を完全に再設計しました。 マップの最適化された読み込みプロセスにより、サイトに埋め込まれたマップのCLSが最小化されるようになりました。 これを実現するために、最初にマップのワイヤーフレーム(およびオプションでマーカーのリスト)がロードされます。これには、ロードアニメーションが含まれます。

マップのロードがまだ完了していなくても、ほとんどの場合、マップの前後のテキストは同じ位置に残ります。

でライブ例を参照してください https://demo.mapsmarker.com/


マップをGeoJSONおよびKMLにエクスポートするときにシェイプをエクスポートする

円、正方形、ポリラインなどの形状をマップに追加した場合、GeoJSONまたはKMLを介してマップデータをエクスポートするときに、それらも含まれるようになりました。


ジオコーディングとインポートエラーレポートを改善する

また、ジオコーディングとインポーターのエラーレポートを改善し、たとえば、インポートファイル内のXNUMX行の問題をより適切に特定できるようにしました。


その他の最適化と改善

  • マップの読み込みプロセスに詳細なエラーメッセージを追加する
  • マーカーリストの位置、幅、ブレークポイントのライブプレビューを追加
  • マップレイアウトCSSを最適化する
  • マップ/マーカーの選択ドロップダウンを最適化してパフォーマンスを向上させる
  • GPX高度チャートのchart.jsをv2.9.4に更新しました
  • ESRIを2.5.1に更新します
  • Leaflet.GestureHandlingを1.2.1に更新します
  • Algoliaautocomplete.jsを0.38.0に更新します
  • GoogleMutantを0.11.3に更新します
  • Leaflet-Geomanを2.8.0に更新
  • Photon @MapsMarkerジオコーディング統合を削除します

バグ修正

  • WordPress5.6の一部の領域でバックエンドが正しく機能しない問題を修正
  • ネイティブの遅延読み込みの問題を防ぐための回避策を追加します
  • ドロー機能で切削工具を修正
  • マーカーを追加/編集するときにアイコン設定を正しく適用する
  • 場合によってはフィルターアイコンが正しく保存されない問題を修正
  • WPML使用時にGPXダウンロードが機能しない問題を修正
  • すべてのマルチバイトUnicode文字をサポートするようにデータベースを更新します

翻訳の更新

210以上の翻訳者のおか​​げで、このリリースにはいくつかの更新翻訳も含まれています。詳細については、完全な変更ログを参照してください。

(無料ライセンスと引き換えに)翻訳に貢献したい場合は、次のサイトにアクセスしてください。 https://www.mapsmarker.com/glotpress/projects/mmp/ 詳細についてはこちら。


完全な変更ログ

バージョン4.15の変更ログ -19.12.2020年XNUMX月XNUMX日にリリース(リリースノート)

マップをGeoJSONおよびKMLにエクスポートするときにシェイプをエクスポートする
マップの読み込みプロセスに詳細なエラーメッセージを追加する
マーカーリストの位置、幅、ブレークポイントのライブプレビューを追加
マップの作成と読み込みのプロセスを改善して、CLS(累積レイアウトシフト)を防止します
マップレイアウトCSSを最適化する
マップ/マーカーの選択ドロップダウンを最適化してパフォーマンスを向上させる
インポート機能を使用する際のエラー報告を改善する
ジオコーディングエラーレポートを改善する
GPX高度チャートのchart.jsをv2.9.4に更新しました
ESRIを2.5.1に更新します
Leaflet.GestureHandlingを1.2.1に更新します
Algoliaautocomplete.jsを0.38.0に更新します
GoogleMutantを0.11.3に更新します
Leaflet-Geomanを2.8.0に更新
Photon @MapsMarkerジオコーディング統合を削除します
WordPress5.6の一部の領域でバックエンドが正しく機能しない問題を修正
ネイティブの遅延読み込みの問題を防ぐための回避策を追加します
ドロー機能で切削工具を修正
マーカーを追加/編集するときにアイコン設定を正しく適用する
場合によってはフィルターアイコンが正しく保存されない問題を修正
WPML使用時にGPXダウンロードが機能しない問題を修正
すべてのマルチバイトUnicode文字をサポートするようにデータベースを更新します
のおかげで中国語の翻訳を更新しました ジョン・シェン そしてck→貢献する
のおかげで更新されたオランダ語翻訳 ロナルド・スミーツ, マリケ・メッツ、パトリック・ルアーズ、 フォッコファンデルリースト および ハンス・テミング→貢献する
のおかげで更新されたフィンランド語(fi_FI)翻訳 JessiBjörk→貢献する
のおかげでフランス語の翻訳を更新しました ビンセン・プジョル, ロドルフ・キエデヴィル、Fx Benard、CazalCédric、 ファビアン・ヒューレル および トーマス・ギニャール→貢献する
Maps Marker ProチームとDaniel Luttermannによるドイツ語翻訳の更新→貢献する
のおかげで更新されたイタリア語翻訳 ルカ・バルベッティ および アンジェロ・ジャンマレッシ→貢献する
のおかげで更新された日本語訳 シュヒガシュ 島本大輔→貢献する
おかげでリトアニア語の翻訳が更新されました Donatas Liaudaitis および Donatas Liaudaitis→貢献する
Ekaterina Golubinaのおかげで更新されたロシア語翻訳(Social TechnologiesのTeplitsaによってサポートされています- http://te-st.ru)とVyacheslav Strenadko、 http://slavblog.ru→貢献する
のおかげでスロベニア語の翻訳が更新されました イゴール・シャブリアン→貢献する
Olof Odier、Tedy Warsitha、Dan Paulssonのおかげでスウェーデン語の翻訳が更新されました。 エルガー・リンドグレン, アントン・アンドレアソン および TonyLygnersjö→貢献する

問題が発生した場合は、 ナレッジベースを検索 またはを提出する ヘルプデスクチケット.

ハッピーマッピング!

Maps Marker Proチーム


更新方法

更新するための推奨される方法は、WordPressの更新プロセスを使用することです。管理者権限を持つユーザーでログインし、ダッシュボード/更新に移動し、更新するプラグインを選択して、[プラグインの更新]ボタンを押します。 プロプラグインは、新しいバージョンが利用可能かどうかを24時間ごとにチェックします。 プラグインに移動し、「MapsMarkerPro」の横にある「Checkforupdates」リンクをクリックして、更新チェックを手動でトリガーすることもできます。

利用可能なアップデートがある場合は、「今すぐアップデート」リンクをクリックしてアップデートを開始してください。

v3.1.1以下からアップデートする場合は、 ナレッジベースのこのユーザーガイド インストール手順と移行チュートリアル。


ベータテスター向けの追加情報

追加の変更は必要ありません(このリリースにはベータリリースがなかったため)。


Database APIユーザー向けの追加情報

追加のアクションは必要ありません データベースAPI このバージョンに更新するときのユーザー。


Maps Marker Proを最初からインストールする方法

Maps Marker Proを直接zipファイルとしてダウンロードしてインストールする場合は、 ここをクリックしてください.


プラグインパッケージの整合性を確認する方法

このリリースのSHA-256ハッシュ値とファイル数については、次のファイルを確認してください。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt

このファイルは、弊社のPGP鍵でデジタル署名されています。 https://www.mapsmarker.com/SHA256SUMS.txt.sig

プラグインパッケージの整合性を確認する方法のチュートリアルについては、ここをクリックしてください (新規インストールのプラグインパッケージがhttps://www.mapsmarker.comからダウンロードされていない場合に推奨されます。自動更新プロセスが使用されている場合でも、検証は必要ありません)。


質問は? フィードバック? コメント?

この新しいリリースについてのご意見をお聞かせください レビューを提出する またはコメントを残してください!

Maps Marker Proの最新の開発について最新情報を入手するには、@をフォローしてください。MapsMarker Twitter(=最新のアップデート)または Facebook、ニュースを購読する RSS または経由 RSS /メール.

また、私たちに参加することを勧めます アフィリエイトプログラム 最大50%のコミッションを提供します。 リセラーになることに興味がある場合は、 https://www.mapsmarker.com/reseller

コメントまたはさらなる質問?

テクニカルサポートをお探しの場合 ここをクリックしてください、他のすべての質問については お問い合わせフォームを使用してください 連絡を取るために! ご連絡をお待ちしております。

Maps Marker Proチーム

en English
X